Hakumeiru
評価: 0+x
3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

回収時のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、3m×3m×3mの部屋の机の上に安置してください。SCP-XXX-JPの正面プリント板を常に監視カメラで監視し、活性化した場合、日付とSCP-XXX-JP-Aの形状を記録してください。活性化後、SCP-XXX-JP-Bの発生を速やかに確認し、必要に応じて現場処理を行ってください。SCP-XXX-JP-Aは収容室のロッカーにSCP-XXX-JP-Bが発生するまで保管していてください。

説明: SCP-XXX-JPは横406mm、縦441mm、奥行き343mmのabee社のSCOOVO®︎X9に類似した熱溶解積層型の3Dプリンターです。既製品との違いは、接続したデータ転送用の機器が認識をしないこと、PLAフィラメント1の取り付けが不可能だということ、電源の供給を必要とせずに不定期的に起動するということです。

SCP-XXX-JPは不定期的に活性化します。活性状態では、未知の方法によりノズルからPLA樹脂を排出し、SCP-XXX-JP-Aの造形を開始します。色の変更も必要に応じて行われます。SCP-XXX-JP-Aの造形時間は造形されるSCP-XXX-JP-Aによって異なりますが、大まかに30分から10時間ほどかかります。造形終了後、SCP-XXX-JPは非活性状態に移行します。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPによって造形された様々な人工物、動植物を模した3Dモデルです。通常手段で破壊は可能です。SCP-XXX-JP-A造形中に外部介入などによりSCP-XXX-JP-Aが破壊された場合、SCP-XXX-JP-Aは消滅し、SCP-XXX-JPが再度SCP-XXX-JP-Aの造形を開始します。SCP-XXX-JP-Aの造形を断続的に中止させ、SCP-XXX-JP-Bの発生を阻止する実験は失敗に終わっています。活性化した時点でSCP-XXX-JP-Bの発生は確定しているようです。

SCP-XXX-JP-Bは活性化してから数日後に発生するSCP-XXX-JP-Aの物品が関連する事故・事件です。詳しくは活性化記録を参照してください。

補遺1: 活性化記録抜粋
活性化記録5 - 日付2015/11/27

SCP-XXX-JP-A-5の形状:
フロントがひどく損傷したトヨタカローラ。横50mm、縦100mm、高さ40mm。
SCP-XXX-JP-B-5の内容: 活性化開始から4日後、トヨタカローラと他の一般車が追突する事故が発生。搭乗者は双方共に命に別状はないが、トヨタカローラの損傷の箇所及び形状が SCP-XXX-JP-A-5と一致した。

活性化記録8 - 日付2016/4/15

SCP-XXX-JP-A-8の形状: 第一関節から上の指。長さ30mm、直径約10mm。
SCP-XXX-JP-B-8の内容: 活性化開始から3日後、財団職員が工業機械に人差し指を挟み、第1関節から上を切断してしまう事故が発生。

活性化記録14 - 日付2016/8/14

SCP-XXX-JP-A-8の形状: アラビア数字の4と2と1。それぞれ50mm×100mm×10mm。
SCP-XXX-JP-B-14の内容: 活性化開始から7日後、█県█市█町421番地の住宅内で家族全員が全員が死亡した状態で見つかった。警察は殺人事件として調査をしている。

活性化記録19 - 日付2016/10/8

SCP-XXX-JP-A-19の形状:アラビア数字の3と0と4。それぞれ50mm×100mm×10mm。
SCP-XXX-JP-B-19の内容:活性化から10日後、█県█市内の病院の304号室で入院していた30代男性が死亡した。この男性の病状は前日まで改善に向かっていたが、当日に急激に悪化したという。

活性化記録23 - 日付2017/2/7

SCP-XXX-JP-A-23の形状:生物災害のハザードシンボル。200mm×200mm×10mm。
SCP-XXX-JP-B-23の内容: 活性化開始から2日後、アフリカが主な発生地域であった感染症████の日本人感染者が██県内で初めて発見された。感染者はアフリカなどに旅行した経験はないという。

活性化記録26 - 日付2017/6/10

SCP-XXX-JP-A-26の形状:いくつかの凹凸、穴、模様のある板。
SCP-XXX-JP-B-26の内容:活性化から2週間以上経過したが、SCP-XXX-JP-B-26と思われる事象は発生せず。

補遺2:SCP-XXX-JP-A-26以降、SCP-XXX-JP-A-26と同様に、いくつかの凹凸や穴、模様のある板のようなSCP-XXX-JP-A(以後、SCP-XXX-JP-αとする)が何度か造形されました。SCP-XXX-JP-Bが発生しないことも同様です。それぞれ全体の形状、凹凸や穴の形状、大きさは異なりますが、実験により、これらのSCP-XXX-JP-αの凹凸や穴どうしが、ジグソーパズルやペーパークラフトのように噛み合うことが判明しました。SCP-XXX-JP-αを組み合わせて、ひとつの立体物になると予想されますが、SCP-XXX-JP-αの総数が不十分であり、また、組み立て手順が不明であるため、立体物の完成および推測はできていません。現在、組み立てられたSCP-XXX-JP-α群は、建造物の一部のような形状をしています。