haisagiメモ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8104の特設人型収容房にて収容されています。設備や備品は成人用を基本とし、毎月行われる身体検査の結果に合わせ適宜サイズを調整してください。現在SCP-XXX-JPに対しては複数の教育専任者により標準初等教育プロトコル-JPが適用されています。また要求があれば管理責任者の審議の後にサイト内の各種職員用施設を利用可能ですが、担当以外の職員との交流は制限されることに注意してください。担当職員は毎月のカウンセリングが義務付けられ、過度の感情移入が認められた職員は転属となります。

説明: SCP-XXX-JPは20██/██/██に誕生した日本人男性であり、当報告書執筆時点で10歳と2ヶ月です。SCP-XXX-JPの異常性は誕生から現在に至るまで身長172.2cmを維持していることにあり、本来人体にあるべき自然な伸縮も確認できず常にこの数値で固定されているように見えます。各部位の長さ・太さの比率は同年齢のヒトと比較しても有意な差は見られず、体重も平均値に近い水準で増加しています。なおSCP-XXX-JP由来であっても抜け毛等の身体から分離した物質は異常性のない大きさで観察されます。母親の身長は159.5cmであるため、出産直後に異常性を獲得あるいは発現させたものと考えられていますが、財団のあらゆる検査では特異性の源を発見できませんでした。

その数値にも関わらず、観察者の主観上ではSCP-XXX-JPは正常な大きさであると認識されます。そのため両親・親族・医療関係者らは違和感を抱きつつもSCP-XXX-JPが過度に大きいのではなく衣類や寝具の方が小さすぎると考え、また身体測定の記録は記載ミスやデータの取り違えとして扱われていました。明らかに大きな乳児用品の納品や頻発する奇妙なデータミスが噂となり、それを医療機関監視チームのフィールドエージェントが捕捉し収容に繋がりました。主な関係者には記憶処理が施されカバーストーリー"乳幼児突然死症候群"が適用されました。

SCP-XXX-JPが人間の認識に干渉する手段の特定やそれを阻害・突破する試みは失敗しています。また長時間接触した職員はしばしば原因不明の不安感を訴えますが、これはSCP-XXX-JPの数値上の大きさと実際の認識にずれが生じていることが原因の、異常性のない心理状態であると考えられています。