ビーチ

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe Neutralized Euclid Keter

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPの情報が拡散された場合、日本国内での大規模な混乱が予想されるため、SCP-XXX-JP個体への対応は発生箇所で行われます。SCP-XXX-JP発生に迅速な対応を行う為に、国内に存在する████の医療機関にSCP-XXX-JP担当職員1~█名及び収容部隊み-7("トリアゲババ")構成員1名が医療従事者として潜入しています1
SCP-XXX-JPの発生が確認された場合、文書『SCP-XXX-JP収容手順』の記載に従って下さい。その後関係者への記憶処理、情報改竄の後にカバーストーリー「早期新生児の呼吸不全による死亡」を流布します。SCP-XXX-JPへの対応に携わった職員は、Aクラス記憶処理及び転属の権利が与えられ、転属を希望した場合、新たな職員が補填され次第転属が行われます。
職員の配置が困難と判断された████の一般診療所とその他の施設に、陣痛による緊急外来の報告があった場合、収容部隊み-7("トリアゲババ")構成員1~2名が派遣されます。財団の認知していない範囲でのSCP-XXX-JP発生は把握できる範囲の関係者へのA,Bクラス記憶処理及び情報改竄、カバーストーリーの流布等の事後処理が行われます。
SCP-XXX-JPへの対応に携わったSCP-XXX-JP担当職員は本人の希望する時間帯に医療部門によるカウンセリングを受ける権利を有します。

説明:SCP-XXX-JPは日本人女性の胎内に低確率で発生する異常個体です。SCP-XXX-JPは通常の胎児と同じ過程で発生し出産されると推測されています。SCP-XXX-JPは母体の胎内に存在する時、低度の現実改変能力を用いて一般的な胎児に擬態2していると推測されます。この為、出産以前にSCP-XXX-JPと胎児を区別する現実的手段は存在せず、SCP-XXX-JPを母体の胎内に存在する段階で処理する方法は現在確立されていません。よってSCP-XXX-JPの発生を確認する方法は出産の瞬間に限られます。
SCP-XXX-JPSCP-XXX-JPの出産は多くの場合、周囲の人間に対して困惑、恐慌等の反応を引き起こしますが、これはSCP-XXX-JPの異常性によるものではなく外見に起因するものです。しかしSCP-XXX-JPを出産した母体がSCP-XXX-JPの外見に対し否定的な反応を示した例は現在まで確認されていません。出産後の母体に対し記憶処理を行った後にSCP-XXX-JPを記録した映像を観覧させた場合でも、外見に嫌悪感を抱く様子は確認されませんでした3
SCP-XXX-JPの外見は人間に近似した形状ですが[███に似た複眼][頭蓋骨上部にある1対の突起][脳の[編集済]器官][筒状の口部並びに██科生物に酷似した歯]等を持ち、体色は白です。これ等の特徴により目視による新生児との判別が十分に可能です。全てのSCP-XXX-JP個体は重量差を除き、ほぼ同じ外見、体内構造をしています。
SCP-XXX-JP個体は確認されたすべての個体が同じ遺伝子情報を持っており、SCP-XXX-JPは遺伝子上では人間と同一である事が確認されています。
SCP-XXX-JP個体から計測される内部ヒュームは███/███Hmという特殊な値を示しており、この値はSCP-XXX-JPが脳に持つ未知の器官が関わっていると推測されています。
SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを出産した母体、SCP-XXX-JPに対し敵対行動を行った生命体に対して使用された例が確認されています。
SCP-XXX-JPの異常性は他者の脳、感覚器官への干渉です。影響者は触覚麻痺、痛覚の過敏化、視力の低下や喪失、聴覚の喪失や過敏化、思考力の低下等を引き起こします。これらは一時的な物であり30秒~50秒で回復します。SCP-XXX-JPを出産した母体がSCP-XXX-JPに対し肯定的な意見を向けるのも同様の異常性による物と考えられていますが、母体以外に対しこの能力が使用されない理由、効果が永続的である点については不明です。
19██/██/██事例では異常性を受けた医師が記憶処理後に自殺した記録が存在しますが、この事例にSCP-XXX-JPの干渉があったのかは不明です。


19██/01/06、順玉博士の失踪が報告され、捜索が開始されました。
19██/02/22、捜索による有益な情報は未だ得られていません。
19██/07/11、財団管理下の集団埋葬地より順玉博士直筆と思われるメモが発見されました。

20██/██/██現在、順玉博士の消息は未だ不明です。
順玉博士は19██年に財団を退職する旨を報告し、本人の希望により失踪前日にクラスC記憶処理が行われています。
発見されたメモの保存状態から記憶処理後も順玉博士がSCP-XXX-JPに関する記憶を有していたと推測されています。順玉博士が記憶処置を無効化した手段は不明です。
収容違反事案XXX-JP-1


[( ?)パァ]

予備


[アイデアノートだよ( ?)パァ]

予備