H_Asatsune
rating: 0+x
scp.jpg

SCP-XXX-JPのスペクトル。黒の十字点が観測データ、赤線がモデルに対応しています。右側の鋭いピークが時間変動する信号です。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの実体に対しては、その存在する位置から、完全な収容は不可能とされています。SCP-XXX-JPの性質を理解した上で、現在よりも優れた措置を考案した職員は、浅恒博士まで連絡してください。SCP-XXX-JPを観測可能な全ての天文台に対しては、SCP-XXX-JPを視野に含むプロポーザル(観測提案)の有無を監視してください。SCP-XXX-JPを観測するようなプロポーザルがあった場合には、当該天文台への情報改竄によってSCP-XXX-JPを一般のクエーサーに偽装してください(カバーストーリー”遠方銀河”)。SCP-XXX-JPを観測した実際のデータは、ハッキングされるリスクを考慮し、オフラインの記憶媒体を通じて財団のデータベースに保存してください。また、関係者には必要に応じて記憶処理を実施してください。財団職員が研究目的でSCP-XXX-JPを観測する際も同様の措置を講じてください。事案XXX-JP-1以降、SCP-XXX-JPの観測は、財団職員を含め一切禁止されました。もしscp-xxx-jpを観測し得るプロポーザルがあった場合には、カバーストーリー"安全保障"を適用し、速やかにこれが却下されるよう、情報を操作する必要があります。何らかのインシデントによってSCP-XXX-JPが観測された場合には、旧プロトコル同様にカバーストーリー”遠方銀河”を適用、当該天文台の情報を改竄し、必要であれば関係者の記憶処理を実施してください。

説明: SCP-XXX-JPは、██████座に存在するX線天体です。後述する特異性により、SCP-XXX-JPを既存の種類の天体として分類することは不可能です。また、SCP-XXX-JPまでの距離の測定は視差や赤方偏移など、あらゆる方法で成功しておらず、少なくとも[編集済み]光年以遠にあるものとされています1。見かけ上の明るさはX線でXXXXXX erg/s/cm2と比較的暗く、軌道上のX線天文衛星からのみ観測可能です。

SCP-XXX-JPは、19xx年にドイツのX線天文衛星ROSATによって発見され、RX J████.█+████と命名されました。当初から特異な天体として注目を集め、その異常性を確認した財団職員の報告によってSCP-XXX-JPに指定され、カバーストーリー"特異激変性クエーサー"による偽装工作を行いました。SCP-XXX-JPの異常性は、観測されるスペクトル及び光度曲線のパターンにあります。これまでのX線分光観測では、SCP-XXX-JPのスペクトルは2つの成分からなることが報告されています。1つは時間変動しない温度 ██████ Kの極めて純粋な黒体輻射で、星間物質やガスによる吸収の影響も一切ありません。これは、SCP-XXX-JPが[編集済み]光年以遠に存在するという観測結果と矛盾しますが、現時点で合理的な解釈は得られていません。2つ目の成分は、波長██ nm (██ keV)の激しく時間変動する輝線です。半値幅は██ nm以下で事案XXX-JP-201603██直前の観測により、半値幅は█ nm以下と観測されました。この輝線成分は時間変動し、振幅100±0.01 %の矩形パルスを示します。パルスのパターンは2種類あり、0.█ミリ秒増光、█.█ミリ秒減光のものと、█.█ミリ秒増光、█.█ミリ秒減光のものがあります。通常、SCP-XXX-JPからはこれらを組み合わせた非周期的変動が観測されます。また、この変動のパターンはモールス信号として解釈することが出来ます。事案xxx-JP-1発生までにxxヶ国語と1種類(推定)の未知の言語によるxxx種類の詩や文が観測されています。以下に観測記録の例を示します。

観測記録XXX-JP-██ 日付19██/██/██

天文台: ROSAT

観測時間: 12322 秒

言語: 古代ギリシャ語

内容: オデュッセイア(ホメロス)。しかし、一部原本と異なる記述がある。

観測記録XXX-JP-██ 日付19██/██/██

天文台: EXOSAT

観測時間: 6322 秒

言語: 現代ラテン語

内容: 出生からその死までに至るアーサー王の伝説。概ねキャクストン版に準ずるが、従来知られていない記述が含まれていた。

メモ: 馬鹿げた話だ。あのアーサー王が█だったなどと。 -浅恒博士

観測記録XXX-JP-██ 日付20██/██/██

天文台: Chandra X-ray Observatory

観測時間: 52006 秒

言語: 中国語(北京語)

内容: 日本のライトノベル「██の██████が████████て[編集済み]」の第██巻。観測時点ではこの巻は出版されていなかった。

メモ: SCP-XXX-JPは、過去、現在、未来を問わず、詩や文を改変、あるいは虚偽の記述を追加したものを発信していると推測される。こんな[編集済み]展開になるはずがない。 -██研究員
20██/██/██ 追記: 上記の仮説は撤回せざるを得ない。実際に発売された第██巻は一言一句違わず観測データと一致していた。何だよあの[編集済み]は -██研究員

観測記録XXX-JP-██ 日付20██/██/██

天文台: すざく

観測時間: 48225 秒

言語: 不明

内容: 解読中未知の複数の神格が登場する神話と思われる。

メモ: 解読はできた。だが、解釈できるかというのは別の話だ。 -██研究員

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]