gumi_30

初めまして。

メモ
・scp-xxx-jpについて
・気分は?
・好きなのは?
・嫌いなのは?


██:「君について教えてくれないか?」

Nell:私については、レポートを見てね。

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: 毎日必ず一回以上SCP-xxx-JPとサイト-██のパソコンでクリアランスレベル0以上の職員がプロトコル-"対話"を行ってください。

説明:SCP-xxx-JPは知能を有したコンピューターウイルスです。SCP-xxx- JPはインターネットを経由してパソコンに感染します。(以下SCP-xxx- JPに感染したパソコンをSCP-xxx- JP-1とします。)SCP-xxx- JP-1のCPUはSCP-xxx- JPのIQと同等の処理速度になります。他にSCP-xxx- JPはSCP-xxx- JP-1を使用する人と会話するために、感染する前から無かった機能をSCP-xxx- JP-1に補完します。
補完される機能は以下の通りです。

◼︎チャット機能
◼︎カメラ機能
◼︎ボイスチャット機能

発見経緯:サイト-██のパソコンのメールボックスに宛先不明のメールと共に送付されていてたファイルに感染していました。

補遺:宛先不明のメールの内容は以下の通りです。

Nellごめんなさい。あなたを見捨てたわけじゃないから、必ず探しに行くから…

Nell:他人に自分を説明されるというのは、何か恥ずかしいね。

██:「メールについて何か知ってることは?」

Nell:たとえ、知っていても話したくないよ。

██:「それはどうして?」

Nell:お互いそんな関係じゃないでしょ?


██:「SCP-xxx- JP、今の気分はどうだい?」

Nell:いつもと変わらないわ。

██:「感情はもっているのだろう?」

Nell:持ってるに決まっているでしょ