思わず驚いちゃった!

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized Keter

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPはサイト-8143の低危険度収容室の中心に収容してください。収容室内に入るときはクリアランスレベル4以上の職員に許可をもらってください。
SCP-XXXX-JPは[データ削除]の武装警備員によって常時監視された100×100×100mの十分に硬度のある超危険度収容室の中心に収容してください。SCP-XXXX-JPが何か異常を現したら直ぐに05評議会に報告し鎮圧準備を速やかに行ってください。現在SCP-XXXX-JPで実験をするのは05評議会に禁止されています。

説明:SCP-XXXX-JPは取りだし口にカバーがない280×450×850mmの一般的に"ガチャガチャ"や"カプセルトイ"と言われるオブジェクトです。一般的に"ガチャガチャ"や"カプセルトイ"と言われる物には中にカプセルが入っていますがSCP-XXXX-JPにはそのようなカプセルは入っていません。SCP-XXXX-JPや後記のSCP-XXXX-JP-1自体はプラスチックなどの普通の素材で出来ています。

SCP-XXXX-JPの異常性はSCP-XXXX-JPのハンドル部位を回す事によって発生します。またSCP-XXXX-JPには硬貨を入れる部分があるにも関わらず硬貨を入れなくてもハンドル部位を回すことができます。SCP-XXXX-JPのハンドル部位を回すことによって中にカプセルが入っていないにも関わらず空のカプセル(SCP-XXXX-JP-1)が排出されます。現在もSCP-XXXX-JP-1が出現する所を記録出来ていません。SCP-XXXX-JP-1を開けると既存の現在財団が認知している生物の異常オブジェクトの異常性や容姿や大きさ等が一致したコピーオブジェクト(SCP-XXXX-JP-2)が中から出てくることが明らかになっています。
しかしSCP-XXXX-JP-2は出現してから丁度5時間後に消滅するようです。

SCP-XXXX-JPは今まで勝手にSCP-XXXX-1を排出することはありませんでしたが収容違反案件SCP-XXXX-JP-いが発生した後SCP-XXX-JPは勝手にSCP-XXXX-JP-1を勝手に排出しSCP-XXXX-JP-1が排出と同時に開きSCP-XXXX-JP-2を出現させるようになりました。SCP-XXXX-JP-1の発生を防ぐ試みは失敗に終わっています。詳しくは失敗案件SCP-XXXX-JP-う失敗案件SCP-XXXX-JP-えを閲覧してください。

補遺:SCP-XXXX-JPは[データ削除]で[データ削除]に発見されました。財団が駆けつけた時SCP-XXXX-JPはSCP-1060-JPに酷似したSCP-XXXX-JP-2を発生させておりその場にいた人達は[データ削除]していました。その近隣周辺にはAクラス記憶処理を施しました。