furosiki

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:その収容においてSCP-XXX-JPの関係者にはカバーストーリーを伝えて下さい。収容した後のSCP-XXX-JPのオブジェクトは、標準的な人型オブジェクト収容手順に従い、定期的に遺伝子と体調について検査して下さい。
さらに今後の検査で、遺伝子に関して特異的な異常が見られた場合、彼らの近辺調査を行い、家族や近親者が居ればその都度、その者が所属する組織に潜入した財団員との連携によって人間ドッグ等の理由で検査を行う事を推奨して下さい。

ただし、該当する者が独り暮らしでフリーランスをやっている等の理由で組織に所属していない時は、何らかの催しを装い、居住地を出た所を見計らい確保して下さい。一切外出しない場合は、保健所職員として訪問する等の手段を検討して下さい。なお、抵抗を行った場合には公務執行妨害などの適用を推奨します。
どちらかの方法で確保した人物で、検査の異常性を発見できなかった場合は、Aクラス記憶処理を施して元の場所で解放して下さい。

説明:SCP-XXX-JPは血液検査の受けた人間の約██名の人型オブジェクトであり、ヒト(Homo sapiens)以外の遺伝子配列をもつ人型実体で、血液検査の受けた人間の約██です。SCP-XXX-JPは1人に付き概ね人間には含まれていない生物██体分の遺伝子配列が確認され、それらは外見上に関係なく全て人間以外の生物で構成されています。SCP-XXX-JPは、人間以外の遺伝子が確認される以外は、特に特出した異常は見られませんが、彼らの置かれる社会においての立場、および世代によって、構成される生物の遺伝子の傾向に偏りがあります。

██県██小学校に教論として在籍していたSCP-XXX-JPから採取した遺伝子を分析した所、鳥や爬虫類に使われているZW型の性別決定機構の染色体が確認されました。その後、詳しい調査の結果、幾つもの団体の構成員から同等の性別決定機構を持つ個体が発見されました。これ以降、前述の特異的な遺伝子配列のオブジェクトをSCP-XXX-JPと呼称されます。

補遺:日付20██/██/█、エージェント鳴焚からSCP-XXX-JPのある個体に不穏な動きがあるという報告がありました。
山之内博士らが観察した所、█████は████、█████。███、████ █████、████████。██████から██kmまで██████。

付録XXX-JP 発見される遺伝子と人型オブジェクトの傾向。
今まで発見されたSCP-XXX-JPは、以下の様になります。██歳~██歳までの若者とその親のどちらかないし両者共、主に食肉目に属する生物の遺伝子配列が発見される傾向にあります。██代後半~██代の男女では真社会性の習性を持つ動物の遺伝配列が発見される傾向にあります。


評価: 0+x

草案

・継接ぎの群衆
技術の発展により、検査の正確性が向上した為、フロント団体が小学校もしくは会社の検査した際に、特異的な遺伝子を持つ人間が居る事を発見した。
その人間は複数の動物の遺伝子で構成されていて、その生物の遺伝子は採取された人間の社会的役割や癖によって偏りがある。
何らかの会社員であるなら真社会性の生態を持つ生物で構成され、
この人型実体は人間とその他の動物の境が薄い様に見える。

その人間からの発言を推理して得られた情報によってとある研究所が発見され、
その人間達が採取されている遺伝子を本来持っている動物から生成されて居る事が分かった。
その研究所を調べた所、白亜の者と言う組織が所有している事が分かり、機動部隊の襲撃によって、
例の博士のオブジェクトがあった事から例の博士は白亜の者が正体である事が分かった。
彼らの構成メンバーはSCP-2000が起動する前の人類であり、山奥などの辺境の地で集落を作って生活している事も判明した。

当時に押収された例の博士製とされるオブジェクトと捕えた人間を合わせた所、従来の異常性が見られなかった。

この後、機動部隊のメンバーの一人である鳴焚が行方不明となり、捜索をしたが見つけたのは、頭部だけであった。
この事からそのメンバーである鳴焚は、死亡したと認定される。

時を暫くして、収容手順は特異的な遺伝子を持つ人間は、人型実体としての収容から動物として収容へ切り替わる。
さらに時が過ぎてこのオブジェクトの幾つかがが脱走を成功する。

この時、とある場所の公衆電話からサイトへメッセージが届く。この声は鳴焚の物である。
知覚の防犯カメラが捉えた映像を調査すると、頭部は大小さまざまな鳥の嘴が生えて、
前後に一つずつの巨大な眼が付いてある頭部に摩り替えられた鳴焚の体が映っていた。

ここで山之内博士が何か言わせたい。

・白亜の者
SCP-JPに登場する博士の正体は白亜の者という団体で、リーダーは白亜とも呼ばれる。
2000起動前の人類で我々のクローニング元である人間が地球規模の災害から生き残った者達で構成されている。

鬼沢博士・幽部博士・崩柳博士等の職員が在籍している。

継接ぎの群衆の製作者は鬼沢博士。

鬼沢博士:生類研のOBで、生物の製造が得意。研究や検証に使う機械の制作や修理の為に機械を弄る程度は可能。
生物の精神分析は出来る。財団員は知らないが本当の読みは”おぬざわ”

幽部博士:機械工学の専門。鬼沢読みは”かすかべ”

崩柳博士:事象等の研究者。


掲示板への書き込み

掲示板でお出しできる程の纏まりがなかった物で、纏めるために以前からチャットの方で批評は受けておりましたSCP作品の批評をお願いしたいのですが、
この作品はまず、訳あって4年前から作って公開できずに居た物なので、掲載するならどうしても掲載番号は3桁にしたい為、
例え、高評価作品で占められていてSCP-00X-JP~SCP-999-JP(999-JPは存在している事は理解しています。)までの番号が埋まっていたとしても、
空くまで待ってから投稿したいので、申し訳御座いませんが「今は3桁の番号は全て埋まっているから無理」や「要注意団体は締め切っている」等のセリフは、
どうか言わないままにして頂けないでしょうか?

この記事は、博士と呼ばれる準要注意人物に関する記事ですが、
以前から、その博士はどうしてもワンダーエンターテイメントに似ていて扱い辛いと言う事から、
口調が粗暴でワンダーエンターテイメント博士のパクりをするキャラクターにされていましたが、
私にとっては、それが適用されるならオブジェクトを販売しているなら他の団体も同じ様に思えます。
以前、口調設定を考えられた方とお話をした時に、それでも扱い難いと言われていたので、
パクりキャラクターとして扱うよりも特色を追加した方が良いと思うので私が独自の設定を追加した物です。

この記事本項では説明しておりませんが、詳しい設定は以下に書きました。

・博士の口調
以前、チャットで口調の設定を行ったと仰っていた方から設定をいい案があれば良いと言われたので、
博士本人は大人しめの口調で、荒々しい口調は帳尻合わせの為に、彼のオブジェクトに受け継がせました。

・白亜の者
SCP-2000が起動する前の人間(我々と同じ種族のホモサピエンスでクローンの元となった方)で構成された組織で、
秘境に寒村を設けて生活をしており、本来の社会への復帰を目指している。
ただし、現在の人間と同じ昼行性でSCP-1000が昼行性の人間ではないので、
どちらかと言うと、現在の人間がSCP-2000によって再生された人間による文明の補填に取り残された人間になります。
例の博士はここの構成員。

・博士のオブジェクト
こちらは文明を再構築する前の時代で流通していた物で、現在の人間はSCP-2000による複製された人間である為、
本来なら友好的な反応が返って来る存在である筈が、現在の人間では、複製した分の差異があるのか、
特異的な反応が発生すると言う設定にしております。

・博士
鬼沢博士 幽部博士 崩柳博士等いますが、小鳥逃博士をやっているのは、鬼沢博士になります。
鬼沢博士はこの記事のオブジェクトを製作した張本人で、研究を続ける為に財団へ拠点を移したのが、研究施設を襲撃した全容となっております。

鬼沢博士
主に生物系が得意。この記事では、小鳥逃博士として登場しております。
彼に関しては自身が取り扱いたいと考えております。纏まる前には自身が人事ファイルに載せる予定の研究員の事は、

幽部博士
主に機械系が得意。

崩柳博士
主に現象系が得意。

因みに複数いるのは、エージェントカナヘビをやっておられる方に事を話した時に、
「もし、自身も使うのであれば、複数人用意する必要がある。」と仰っていたので、その様にしました。