Fullarmerjonny-sandbox

SCP-XXX-JP

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト81██の防音ロッカーに保管してください。SCP-XXX-JPを用いた実験にはセキュリティクリアランスレベル3を持つ職員による許可が必要となります。

説明: SCP-XXX-JPは白色の24cm×32cm×8cmのA4バスケットです。調査によりこのオブジェクトは細胞によって構成されている有機体であることが分かっており、破壊された場合、残存するうち最も大きな個体が驚異的な速度で自己再生し、元の形状に戻ります。残りの個体は一定時間後腐敗し、異常性を失います。1

また、底面には東弊重工及び日本生類創研のロゴが刻印されています。この2つの要注意団体とこのSCPの関連性は現在調査中です。

さらなる異常性は、このオブジェクトの中に主原料が植物繊維である厚さ0.3mm未満の紙を入れ、カゴメ唄の歌詞の一部を改変したもの2をSCP-XXX-JPの半径約1メートルの範囲内で歌われることにより発現します。歌われている途中、紙の形状は変化してゆき、最終的にカモメ形の個体(以下、SCP-XXX-JP-1とする)へと変化します。この時、唄が途中で中止されると数秒後に元の紙に戻ります。SCP-XXX-JP-1の表面積は入れた紙のそれと一致し、見かけの質感はオブジェクトに入れられた紙の質感に依存しますが、それ以外の特徴は構成物質に至るまですべて一般的なカモメに酷似しています。また、SCP-XXX-JP-1は時折SCP-XXX-JPの外へ脱出しようとするしぐさを取りますが、SCP-XXX-JP-1自身の行動によっても外部からの影響によってもSCP-XXX-JP-1を生存した状態でSCP-XXX-JPの外へ出す試みは失敗に終わっています。さらに、一定以上の損傷3をSCP-XXX-JP-1に与えると損傷により欠損した部分以外が変化前の紙に戻ることが確認されています。

SCP-XXX-JPは東弊重工の関連施設と見られる倉庫への強制立ち入り調査により発見されました。なお、この倉庫の中は数日前まで人がいた形跡があるものの無人です。また、実験に用いたと見られる大量の紙が散らばっていたものの、他に異常性を持った物品はありませんでした。以下、SCP-XXX-JPと同時に回収された文書です。

**補遺1: **SCP-XXX-JPを用いた実験中、██研究員が”かもめかもめ”と”かごめかごめ”を言い間違えた結果、彼女はSCP-XXX-JPに"捕食"され、代わりに20代前半と見られる女性が"吐き出され"ました。彼女は2005年時点で行方不明になっていた███さんであることが確認されました。以下、実験の2日後に行われたインタビューログです。インタビューは埴田研究員によって行われました。

埴田研究員: 話す覚悟はできましたか?
███さん: …はい。
埴田研究員: では質問を始めます。まず、覚えている範囲で良いので、あなたがかごの中に入る直前の経緯を話して下さい。
███さん: あれは確か…金曜日の夜だったと思います。その日、友人を家に泊める約束をしてて…インターホンが鳴ったんです。それでドアを開けたら2人の男の人がいて急に袋を被せられて…。
気づいたら、紙になっていたんです。
埴田研究員: どうして自分が紙になっていたと分かったのですか?
███さん: それが良く分からないんです。でも、自分は紙だ、という実感はあったんです。
埴田研究員: なるほど。それからはどうなりましたか?

しばらくすると急に激痛が走ったんです。それの繰り返しでした。