fujikoo
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8181内の低危険度物品保管ロッカーに保管してください。SCP-XXXX-JPを用いた自傷行為は禁止されています。実験などによるSCP-XXXX-JPの持ち出しは、少なくともレベル3のセキュリティクリアランスを保持する職員の許可が必要です。

説明: SCP-XXXX-JPは刃渡り6.5cmの青色のカッターナイフです。通常の用途では問題なく使用することができ、使用者は「切れ味が良い」と述べています。また、一般的に危険性の高い使い方をした場合でも、使用者が怪我をすることはありません。
SCP-XXXX-JPを用いて故意に身体を傷つけようとした場合、対象はSCP-XXXX-JPを持った手の震え、全身の脱力または緊張、激しい頭痛、耳鳴り、平衡感覚の喪失、呼吸困難、吐き気、嘔吐など数々の症状を引き起こします。SCP-XXXX-JPを手から離した後も症状は数分から数日間継続します。試みの回数が増えると症状は重くなり、持続時間が長くなる傾向があります。

実験記録XXXX-JP-1 日付20██/.██/.██

対象: D-XXXX-JP-1、D-XXXX-JP-2

実施方法: D-XXXX-JP-1に命じてD-XXXX-JP-2の左上腕部を傷つけさせる。

結果: D-XXXX-JP-2の腕に切り傷がついた。実験開始から実験後にかけて、2人の体調に変化はみられなかった。

分析: 他者を傷つける行為はカウントされないようだ。

実験記録XXXX-JP-2 日付20██/██/██

対象: D-XXXX-JP-3

実施方法: 取り外した刃を用いて自身の左上腕部を傷つけさせる。その後、元通りに刃を取り付けさせる。

結果: 左上腕部に傷がついた。また、刃は元通りに取り付けることができた。

分析: SCP-XXXX-JPから取り外した刃は異常性をもたないようだ。D-XXXX-JP-3が報告した手の震えは生理的な反応であり、オブジェクトの異常性によるものではないだろう。

実験記録XXXX-JP-3 日付20██/██/██~██

対象: D-XXXX-JP-4

実施方法: 自身の左上腕部を傷つけるように命じる。

結果: SCP-XXXX-JPを手から落とし、右腕の脱力と麻痺を報告した。5分後に触れると頭痛と平衡感覚の喪失を訴え、その場に倒れて[編集済]。24時間後に実験が再開され、D-XXXX-JP-4はSCP-XXXX-JPを用いて左上腕部を傷つけた。その際に、上腕部から手首にかけて筋組織を損傷する深さで「I don't Want to hurt you anym1 」の文字が刻まれた。D-XXXX-JP-4は多量の出血により死亡。

分析: SCP-XXXX-JPは自我を持っている可能性がある。

実験の結果を受けてEuclidクラスへの移動が検討されています。

  • safe
  • scp-jp
  • 自我
  • 道具