FishWiner
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-3379

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3379から15km以内の海上交通は全て経路が変更されます。 2隻のボートがSCP-3379の周囲を巡回します。 SCP-3379-1実体は研究のために最寄りの研究サイトに届けられます。

説明: SCP-3379は北極海の海面下約8mの長方形の入り口です。大きさは10m x 15mで、コンクリートの枠で囲まれています。 SCP-3379はロシアのボルシェビキ島の北12kmに位置します。

以後SCP-3379-1に指定された物体はSCP-3379から散発的に出現して表面に浮上します。 SCP-3379-1の出現のタイミングについては、未だパターンが見つかっていません。

SCP-3379-1実体はその構成と外観が大きく異なります。 SCP-3379-1実体の約70%が様々な保存状態の生き物の死骸であるように見えます。 2018/1/1の時点で、350以上の実体が回収されました。

実体 説明
3379-1-03 死んだアルビノセイウチ (Odobenus rosmarus)。他の異常な特性は示しませんでした。
3379-1-11 脂肪と骨の断片の塊。 DNA配列は鯨類に見えますが、既知の種と完全には一致しません。
3379-1-41 Twelve sets of gills wrapped in a synthetic polymer package. DNA sequences match those of SCP-924.
3379-1-62 A large glass jar containing shark fins suspended in a saline gel.
3379-1-89 A 16-meter-long elasmosaur neck, heavily decomposed.
3379-1-119 A mason jar containing an unidentified liquid. Exposure to the liquid causes strong nostalgic feelings. Chemical analysis of the liquid revealed the presence of sodium chloride, ethanol, piperine, beta-endorphin, and several dozen uncharacterized organic compounds.

To date, SCP-3379's edge can only be crossed by sentient beings. Testing with fish equipped with cameras failed to reveal any hostile forces on the other side of the edge; thus, a preliminary exploration was approved.