下書き
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは専用収容施設であるサイト-8171の収容室に保管されます。SCP-XXX-JP及びサイト-8171に関するあらゆる情報は基本的に担当職員にのみアクセス権が与えられます。特別に必要な場合のみセキュリティクリアランスレベル4以上の職員にアクセス権が与えられますが、アクセス終了後の記憶処理が義務付けられます。

説明: SCP-XXX-JPは赤褐色の柔らかい材質不明の実体です。自律的に変形・運動を行います。

人間がSCP-XXX-JPについて思考及び表現する時、またはSCP-XXX-JPの付近(半径100m以内と判明)にいる時、被影響者としての条件を満たし、SCP-XXX-JPの異常性を受けます。被影響者は条件を満たす間、自身が持っている自然科学に関する知識を喪失します。この時、被影響者は知識の喪失を自覚することができます。また、被影響者が自然科学に関する文書を読む、あるいは話を聞く場合、その内容を認識することができなくなります。条件を満たさなくなった場合、この異常性の影響を受けなくなり、記憶も元に戻ります。

SCP-XXX-JP被影響者が、何らかの「科学的発見」をした場合、被影響者全体がその発見内容に対応する現代科学の知識を思い出します。この性質から、被影響者で構成されたチームによって歴史上の科学的発見を再発見し、現代科学に近づくことでSCP-XXX-JPの異常性を弱めることができると考えられ、後述する「ベルツ計画」が立案されました。