Extra3002の下書き

出店: SCP-3914 - Necrocapitalism
著者: YoungMemeYoungMeme
翻訳: Extra3002Extra3002
査読: ccleccle, zigzagzog_sleeperzigzagzog_sleeper

タイトル 死の資本主義 (原題: Necrocapitalism)

アイテム番号: SCP-3914

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 本報告書執筆時点で、全SCP-3914メンバーは収容されておらず、活動的です。
Special Containment Procedures: As of the time of writing, all members of SCP-3914 remain uncontained and active.

SCP-3914が使用できる多くの財源から、全メンバーを収容するためのいかなる行動も実行不可能だと見なされています。
Given the considerable resources SCP-3914 has at its disposal, any operation to contain the group as a whole has been deemed infeasible.

そのため、機動部隊アルファ-4 (“ポニー・エクスプレス”)がAmazon.com,Inc内に潜入しており、SCP-3914に関与する個人の活動を監視しています。
Instead, MTF Alpha-4 ("Pony Express") operatives have been embedded within Amazon.com, Inc. and are to monitor the activities of any individual involved with SCP-3914.

SCP-3914メンバーを捕獲する機会が生じた場合、機動部隊プサイ-8(“サイレンサー”)が当該人物を拘束し、収容と尋問のためにサイト-██に移送します。
In the event that an opportunity to capture a member of SCP-3914 should arise, MTF Psi-8 ("The Silencers") are to be deployed to detain the individual in question and transport them to Site-██ for containment and interrogation.

SCP-3914によって作成されたいかなる異常な物品や実体も同様に更なる研究のためにサイト-██に収容されます。
Any anomalous object or entity created by SCP-3914 are similarly to be contained within Site-██ for further study.

SCP-3914の魔術的能力が異常なアーティファクトから派生している可能性があるため、これらの捜索と封じ込めはAmazon内に潜入しているすべての財団エージェントにとっての最優先事項であると考えられます。
Given the likelihood that SCP-3914's necromantic capabilities are derived from anomalous artifacts, the retrieval and containment of these artifacts is to be considered top priority for all Foundation agents embedded within Amazon.

SCP-3914が異常製品の販売を開始しようとする試みが行われた場合、発送されたオブジェクトはアルファ-4エージェントが捕獲し、プサイ-8はSK-クラス”壊された虚構”イベントの防止のため全SCP-3914メンバーの位置を確認して終了します。
Should any attempt be made by SCP-3914 to begin retail and distribution of its anomalous products to the public, any dispatched objects are to be intercepted by MTF Alpha-4 agents and an operation mounted by MTF Psi-8 to locate and terminate all members of SCP-3914 in order to prevent a SK-class "Broken Masquerade" event.

説明: SCP-3914はAmazon.com,Inc.の取締役会に与えられた呼称です。
Description: SCP-3914 is the designation given to Amazon.com, Inc.'s Board of Directors.

SCP-3914のメンバーはそれぞれ特有の異常性を表しており、そのすべてが死の奇跡論1と一致する性質を示しています。
Each individual member of SCP-3914 exhibits a unique anomalous ability, all of which exhibit properties consistent with necro-thaumatology2.

引き継ぎをしたSCP-3914の各メンバーは、その立場にいたメンバーと同じ異常性を発揮しているため、異常性は自然に所有されているのではなく、恐らくSCP-3914に参加する過程で未確認の異常なアーティファクトを使用して得られているのだと考えられています。
Successive members of SCP-3914 have each exhibited the same ability as the member whose position they took, suggesting abilities are not naturally possessed but rather obtained as part of the process of joining SCP-3914, likely through the usage of an as-of-yet unidentified anomalous artifact.

SCP-3914のメンバーとそれぞれの異常性は以下の通りです。
The members of SCP-3914 and their individual abilities are as follows:

名称 氏名 加入日 異常性
Designation Full Name Date Joined Anomalous Ability
SCP-3914-1 トム・A・オルバーグ 1996年6月 最近死亡した人物の蘇生、SCP-3914-Aに指定。蘇生した人物の感情は保持されますが、全てSCP-3914-1に対しては従順です。身体機能は完全に停止しています。
SCP-3914-1 Tom A. Alberg June 1996 Reanimation of recently-deceased persons, designated SCP-3914-A. Sentience is retained, but all reanimated persons are completely subservient to SCP-3914-1. All instances exhibit complete cessation of bodily functions.
SCP-3914-2 パトリシア・Q・ストーンサイファー 1997年2月 年齢に関わらず、人間を蘇生できる。蘇生の過程ですべての知覚が失われますが、SCP-3914-Bと指定された人々は基本的な運動能力を持ち続け、SCP-3914-2から与えられたすべての命令を能力の及ぶ限り実行します。
SCP-3914-2 Patricia Q. Stonesifer February 1997 Reanimation of human remains, regardless of age. All sentience is lost during the reanimation process, but reanimated persons, designated SCP-3914-B, remain capable of basic motor function and carry out all orders given by SCP-3914-2 to the best of their ability.
SCP-3914-3 トーマス・O・ライダー 2002年11月 最近死亡した人物をクラス4霊的実体として出現させる、SCP-3914-Cに指定。
SCP-3914-3 Thomas O. Ryder November 2002 Forced manifestation of Class 4 Incorporeal Entities in the image of recently-deceased persons, designated SCP-3914-C.
SCP-3914-4 ジョナサン・J・ルビンシュタイン 2010年12月 生命のない物体への霊的実体の拘束。
SCP-3914-4 Jonathan J. Rubinstein December 2010 Binding of Incorporeal Entities to inanimate objects.
SCP-3914-5 ジェミー・S・ゴレリック 2012年2月 精神を通した命令によって生物を生成できる。
SCP-3914-5 Jamie S. Gorelick February 2012 Shaping of biological material via mental command.
SCP-3914-6 ジュディス・A・マクグラス 2014年7月 現在不明。
SCP-3914-6 Judith A. McGrath July 2014 Currently unknown.
SCP-3914-7 ウェンデル・P・ウィーク 2016年2月 現在不明。
SCP-3914-7 Wendell P. Weeks February 2016 Currently unknown.
SCP-3914-8 ダニエル・P・フッテンロッハー 2016年9月 触れることで生命を完全に停止できる。
SCP-3914-8 Daniel P. Huttenlocher September 2016 Complete cessation of life via touch.
SCP-3914-0 ジェフ・P・ベゾス 該当なし SCP-3914-JP-0はSCP-3914-A実体であり、SCP-3914により名目上の長として使用されています。
SCP-3914-0 Jeffrey P. Bezos N/A None. SCP-3914-0 appears to be a SCP-3914-A instance, used by SCP-3914 as a public figurehead.

SCP-3914の全メンバーはAmazon.com,Inc.と同じ経済的成功の目標を共有しており、この目的を達成するために能力を最大限に活用しています。
The members of SCP-3914 all seem to share the same goal of financial success for Amazon.com, Inc., and make full use of their abilities to achieve this end.

現在までに、SCP-3914-B実体によって完成された37の極秘倉庫と3つの工場が発見されており、現在少なくとも██つの施設が存在すると考えられています。
To date, 37 clandestine warehouses and 3 factories staffed entirely by SCP-3914-B instances have been discovered, and at least ██ more facilities are currently believed to exist.

財団の襲撃時に捕獲されたSCP-3914-B実体の研究は、実体が最近死亡した人間、主にホームレスや行方不明の人、及び集団墓地から掘り返された遺体から作られたことを示しました。
Study of SCP-3914-B instances captured during Foundation raids has shown that instances have been created from both recently-deceased persons, primarily homeless individuals or missing persons, as well as remains exhumed from multiple mass graves;

いくつかの実例は███年の分解と一致するレベルの腐敗を示しています。
Some instances show a level of decay consistent with ███ years of decomposition.

さらに、徹底的な調査を通じて、Amazon.com,Incと数社の競合する電子商取引会社の何人かの従業員、ならびに複数の政治家、法執行官、およびその他の公人が、実際はSCP-3914-A実体であると特定されました。
Furthermore, several employees of both Amazon.com, Inc and several rival electronic commerce companies, as well as multiple politicians, law enforcement officials and other public figures, have been determined through extensive investigation to in fact be SCP-3914-A instances.

現在、これらの事例が違法な商取引に関するAmazon.com,Inc.への調査の失敗の一因となっている可能性があると考えられています。
It is currently believed that these instances may have contributed to the failure of several investigations into Amazon.com, Inc. regarding illegal business practices.

SCP-3914は、Amazonブランドの仮想アシスタントデバイスに拘束されたSCP-3914-C実体の発見後、20██年に初めて発見されました。
SCP-3914 was first discovered in 20██, following the discovery of a SCP-3914-C instance bound to an Amazon-brand virtual assistant device.

元々はそれ自身に指定が与えられ、その後の調査でSCP-3914の存在とそのメンバーの管理下にある複数のSCP-3914-C実例を含む異常を明らかにしました。
Originally given it's own designation, subsequent investigations determined the existence of SCP-3914 and several anomalies under the control of its members, including more instances of SCP-3914-C.

その一部において、SCP-3914のメンバーは財団の存在を認識しているように見え、積極的にすべてのSCP-3914-B実体へ財団職員に激しく反応するよう指示しています。
For it's part, the members of SCP-3914 appear to be aware of the Foundation's existence, actively instructing all SCP-3914-B instances to respond violently to Foundation personnel.

しかしながら、執筆時点でSCP-3914は財団に直接接触することを試みていないため、完全に敵対的であると考えられています。
As of the time of writing, however, SCP-3914 has made no attempt to directly contact the Foundation, and as such is believed to be entirely hostile.

補遺-3914-A: ██/ 03/18に、機動部隊アルファ-4隊員D・トンプソンが、ワシントン州シアトルのAmazon.com,Inc.本社のエレベーターでSCP-3914-1およびSCP-3914-8との短時間の遭遇を報告しました。
Addendum-3914-A: On 18/03/██, MTF Alpha-4 Operative D. Thompson reported a brief encounter with SCP-3914-1 and SCP-3914-8 in an elevator at Amazon.com, Inc.'s headquarters in Seattle, WA.

トンプソンは、出会いは数秒程度で、言葉は交わされていないことを報告しています。
Thompson reported that the encounter only lasted a few seconds and that no words were exchanged, suggesting it was of little importance.

3ヵ月後、トンプソンはSCP-3914の彼に対しての疑いが大きくなっているという考えを理由にサイト-██への異動を要求しました。
Three months later, Thompson requested a transfer back to Site-██, citing a belief that SCP-3914 was growing suspicious of him.

トンプソンの要求は承認され、彼は翌日にAmazon.com,Inc.を離れました。
Thompson's request was granted, and he left Amazon.com, Inc. the following day.

██/06/27に、トンプソンがサイト-██に到着し、サイトのロビーに入るとすぐに魔術検出システムを作動させました。
On 27/06/██, Thompson arrived at Site-██, and immediately triggered thaumaturgical detection systems upon entering the site's lobby.

トンプソンはこれに激しく反応し、終了される前に拳銃によって受付係と2人の施設警備員が致命傷を負いました。
Thompson reacted violently to this, lethally wounding the site receptionist and 2 facility security officers using his standard-issue sidearm before he could be terminated.

終了された後、トンプソンの遺体を調べたところ、彼は3ヵ月前に完全な臓器不全になったことが確認され、出会いが報告された日にSCP-3914-8に殺され、SCP-3914-A実体として蘇生したことが考えられました。
Following his successful termination, examination of Thompson's body confirmed he had undergone complete organ failure three months prior, suggesting he had been killed by SCP-3914-8 and reanimated as a SCP-3914-A instance on the day of the reported encounter.

彼の所持品を検査したところ、彼の服の中にSCP-3914の命令に従って製造したと思われる追跡装置が隠されていたことが明らかになりました。
An inspection of his personal belongings revealed a sophisticated tracking device, suspected to have been produced on the orders of SCP-3914, concealed within his clothing.

この事件以降、機動部隊アルファ-4によるAmazon.com,Inc.のすべての潜入は無期限に停止され、その代わりにSCP-3914の全メンバーを収容または終了する方法の発見に向け、すべての職員がSCP-3914に割り当てられました。
Following this incident, all infiltration of Amazon.com, Inc. by MTF Alpha-4 is to be halted indefinitely, with all personnel assigned to SCP-3914 to instead redirect efforts towards finding a method to contain or terminate all members of SCP-3914.

これが実現するまで、すべてのサイト-██職員はSCP-3914がサイトの位置を認識しており、財団に関わるものに積極的に敵対していることを意識するべきです。
Until this comes to fruition, all Site-██ staff are to be made aware that SCP-3914 is aware of the site's location and actively hostile to Foundation interests.

そのため、すべてのスタッフは警備を強化し、監視の可能性または異常な活動の証拠は直ちにサイト管理者のK・エリスに報告する必要があります。
As such, all staff should practice increased vigilance, and any evidence of potential surveillance or otherwise unusual activity should be reported to Site Director K. Ellis immediately.

補遺-3914-B: 補遺-3914-Aの事件の後、SCP-3914は財団に対して直接の経済行動を取り始めました。
Addendum-3914-B: Following the event described in Addendum-3914-A, SCP-3914 has begun taking direct economic action against the Foundation.

収容室の建設に使用される強化金属や、スクラントン現実錨やカント計数機などの機器の電子部品など、機器を使用するための重要な部品や材料を財団に供給している企業がAmazon.com,Inc.によって購入されています。
Several companies involved in supplying the Foundation with crucial parts and materials for use in equipment, including the reinforced metals used in containment chamber construction and electronic components of devices such as Scranton Reality Anchors and Kant Counters, have been purchased by Amazon.com, Inc.

さらに、その買収に苦しんでいないにもかかわらず、いくつかの企業は財団との契約を突然、何も説明することなく終了しました。
Furthermore, some companies have chosen to end previous contracts with the Foundation abruptly and without explanation, despite having suffered no such buyout.

そのため、現在SCP-3914のメンバーはこれらの企業の取締役を殺害し、SCP-3914-A実例として蘇生させたと仮定されています。
As such, it is currently hypothesized that members of SCP-3914 have killed and reanimated the directors of these companies as SCP-3914-A instances.

最後に、世界各地の財団の敷地付近の墓地が標的となっており、SCP-3914が故意に死亡した財団職員を蘇らせ、更なる情報収集または現在の財団職員の士気に影響を与える可能性があります。
Finally, several cemeteries in close proximity to Foundation sites globally have been targets of graverobbing incidents, prompting concerns that SCP-3914 may be deliberately seeking out deceased Foundation personnel to reanimate, likely either to gather further information or to affect morale amongst current Foundation personnel.

これらの経済的攻撃によって財団の財源に負担がかかるため、上級職員が残りの供給業者を購入するようO5評議会に申請を出したことで、直接財団の管理下に置き、さらなるSCP-3914の買収を防ぎました。
Due to the strain put on Foundation resources by these economic attacks, senior staff have issued a formal request to O5 Command to purchase the remaining suppliers, bringing production directly into Foundation control and preventing any further buyouts by SCP-3914.

SCP-3797は完成させるべきではない?」

私に時間異常部門に入ったばかりの██博士が尋ねてきた。

「どういうことだ。過去に終了されたSCP-3797-ARCを滅ぼしたのは、財団が開発する予定のSCP-3797だ。君はCK-クラスシナリオを起こそうというのかね?」」

「いいえ、SCP-3797を製作しなくてもCK-クラスシナリオは起きません、それは文字列17の件を知っているあなたでも分かるでしょう。」

「文字列17、未来の財団から送られてきた暗号か。確かに、そのことから考えればCK-クラスシナリオは起きないだろう、ではなぜ?」

「分かりませんか?SCP-3797は第2の文字列17になることができる可能性があるのですよ。」

第2の文字列17…私は一応聞いてみることにした。

「ふむ…君の考えを聞こう。」

「まず、文字列17は未来の財団から送られてきました。その内容は秘匿されていますが、財団職員にしか書けない暗号だと証明されているそうです。それにより、これが未来から過去へ送るまでは財団は存続している。つまり、『逆説的な保険証書』として機能するわけです。」

「それは報告書を読んだ私も知っている。SCP-3797がどう関わるのか、教えてくれ。」

彼はいったん息を吸って、再び話し始めた。

「それはSCP-3797にも適用できるのです。SCP-3797-ARCのいた場所には、時間異常部門のバッジが落ちていた。つまり、SCP-3797を使い、バッジを過去に送ったという『未来』があるわけです。なので、財団がSCP-3797を作らなくても、その未来が確定している以上、いつか作る。それなら作らないでおいて、文字列17のように利用しようというわけです。」

なるほど、良い考えだ、だが。

「その理論を考えたのは君が初めてではない。過去にも何人か、私も考えたことがある。」

「そうだったのですか?では、何故実行しないのですか?」

「SCP-3797を保険証書として利用するには危険な理由があるからだよ。もう一度、SCP-3797-ARCの居た場所にあった物を言ってみなさい。」

「時間異常部門のバッジ…ですが。」

「そう、そのバッジが未来の財団が存続している証拠だと君は言った。しかし、それは証拠とするには不十分なのだよ。」

彼はうまく考えをまとめられていないようだ。私は続ける。

「文字列17は、財団の者でしか書けない暗号だと『証明』されている。これについては良いだろう。しかし、時間異常部門のバッジが未来から送られてきた、というだけでは財団が存続しているかどうかわからないのだ。」

「どうしてですか?財団の作成した物だと一目でわかるじゃないですか。」

「そう、模様から、財団の作成した物だと一目でわかる。それについては君の言うとおりだ。しかし、ちゃんと財団が送ってきたものなのか、それがわからないのだよ。」

彼はそこで、はっと気づく。

「財団以外の者が同じ模様のバッジを送り付けても、出来ることだと?」

「そうだ、それが文字列17との違いだ。ちゃんと財団が送ってきたものだと証明されていない。だから、私たちがSCP-3797を完成させ、あれを送った者が財団であると証明しなければならないのだ。」

「なるほど…私のような若輩者が出過ぎた真似をしました。申し訳ございません。」

「いや、よくそこまでたどり着けたと感心しているよ。その様なちょっとした考えが、世界を存続するために役に立つこともあるからね。」

「ありがとうございます。…では、失礼します。」

彼は扉を開けて部屋を出て行った。


「SCP-3797の作成のために何かできないだろうか?」

私はあの話の後、SCP-3797の製作について考えていた。

必要なものは2つ、SCP-3797-ARCを終了するためのエネルギー。

もう一つはそのエネルギーを過去へ送る装置だ。

前者は、時間異常部門の計測によってその量はある程度分かっている。だが、それは今の時間異常部門の予算では厳しいものだ。

となると…

「後者の『過去へエネルギーを送る装置』か。」

そちらのほうを優先的に考えるほうが効率がいいだろう。

SCP-3797の製作にはSCPオブジェクトや時間異常の使用も許可されている。

「…ん?」

そこで私は思い出した。過去に弾丸を撃つことのできるオブジェクトのことを。

SCP-710-JPだ。あのオブジェクトの性質は今の状況にとても有用だ。あれの性質を利用すれば、うまくいくかもしれない。」

だが、あれは将来の収容違反が確定しているKeterクラスオブジェクトだ。いくらオブジェクトの利用が許可されているとはいえ、収容違反の可能性がある以上、接触できる可能性は限りなく低いだろう。

「しかし、試してみるのも悪くはない。頼んでみよう。」

そして、私は上層部への申請を行った…


申請はすんなりと通った。

SCP-710-JPを参考にした研究はうまく進み、他のSafeクラスオブジェクトや時間異常を利用して過去に弾丸程度の小さな物なら飛ばすことに成功した。

「あとは大きなエネルギーの送信のために出力の大きな試作品を作ってみるか…」

「おお、良いところまで進んでいるではないか。」

「███博士。はい、もう少しで完成しそうです。」

「たった今、新技術によってさらに効率のよい発電方法が見つかったそうだ。現在財団の保有している████の量でも、SCP-3797-ARCを終了するための十分なエネルギーを作れそうだ。」

「それなら、エネルギーの件は心配なさそうですね。後は本体を完成させるだけです。」

「この仕事も終わりが近いな…」

その時、警報音が鳴る。

「これは…襲撃です!」

「何!?このサイトには現在、SCPオブジェクトは一つもないのだぞ!?」

「とにかく、機動部隊が来るまでは少しかかる。避難だ!」

扉を開けて非常口へ向かう。

その時、2人の侵入者が視界に入る。

私は片方の侵入者に撃たれてしまった。

「███博士!…くっ…」

██博士は非常口から逃げる。

「ぐぅっ…」

私は倒れてしまった。

「おい、こっちに使えそうな物がたくさんあるぜ、こいつらを持ったらさっさとずらかるぞ!」

もう片方の侵入者は相方を呼んでさっき私たちの居た部屋に入る。

私の意識はそこで遠のいた…


事案記録 SCP-3797-█

記録日時: 20██年██月██日

内容: ██時██分、サイト-██で要注意団体██による襲撃がありました。7分後に機動部隊が到着し、2時間後に鎮圧されました。この襲撃により研究員█名、機動部隊員█名が死亡しました。当該サイトは時間異常部門の研究所として使用されており、オブジェクトが収容されていなかったため盗難されたオブジェクトはありません。しかし、当時製作していたSCP-3797試作品1点を含め、時間異常部門の備品███点が盗難されました。当該オブジェクトはいまだに発見されておりません。
この事案から、盗まれたSCP-3797試作品の捜索を優先し、SCP-3797製作計画は一時凍結となりました。計画再開は██年後を予定としています。


「んん…ここは…」

「おお、気が付いたか!」

目が覚めた。ここは病院だろうか。

「あっ、あの襲撃はどうなったんですか!?」

「まずは落ち着きたまえ、もう鎮圧されている。」

「ああ、そうなのですか。それで被害は?」

「…SCP-3797試作品が盗まれた。それによって計画は一時凍結だそうだ。」

「な、何ですって?凍結?あれは早く完成させないとまずい代物でしょう!」

「ああ、それは分かっている。だが、まずは盗まれた試作品をどうにかしなければ。あれを悪用されたらまずいことになる。」

「確かに、そちらのほうが大切ですね…」

「とりあえず君はその傷を治すことを優先するんだ。捜索はこちらでやっておこう。」

「分かりました…」

私はそこで目を閉じた…

考える。

何か…何か大切なことを見落としていないか?

何かあるはずだ…だが、分からない…


襲撃記録 ████████

記録日時: 20██年██月██日

内容: 財団の機動部隊が要注意団体██の拠点を襲撃しました。既に構成員は逃走済みで、団体が製作したアノマリー█点、財団から盗難した█点のアノマリーが見つかりました。その中には壊れたSCP-3797試作品があり、財団が無事回収しました。
何とか使用前に回収することができた。だが、壊れているというのが気になる。特に外された部品はなさそうだが… - ███博士


██研究員の個人的メモ

記録日時: 21██年██月██日

内容: SCP-710-JPが何の前触れもなく壊れてしまった。当時SCP-710-JPを持っていた隊員は適切な取り扱いをしていたそうだからどうして壊れてしまったのかは誰にもわからない。SCP-710-JPが他組織の手に渡らなかったのは喜ばしいことだ。だが、未来からの発砲はまだ出現している。どういうことだ。SCP-710-JPはこの1丁だけではなかったのか?


事案記録 ████████

記録日時: ████年██月██日

内容: ██時██分██秒、過去への████級エネルギー放出が観測されました。当該エネルギーを放出したのは要注意団体████であり、どのような目的で行ったのかは現在調査中です。