evilplant

「……リヴァイアサン、ね……」
彼はそう呟いた。
本当は仲間がどういう分類をされようと彼には関係無いのだが、それでも気にはなった。同類だからだ。
SCPー169