SCP下書き
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP-EX

オブジェクトクラス: Safe Explained

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-EXは収容の必要はありません。現在は仁村博士の意思により彼のオフィスに保管されています。以下は旧版の特別収容プロトコルです。

説明: SCP-XXXX-JP-EXは60㎝×30㎝×20㎝の市販の電子レンジに似た直方体の機械です。側面部の1面に扉が付いており、そこから内部空間に物体を設置する構造になっています。SCP-XXXX-JP-EXにはプラグが付属し、そこから電力を供給する仕組みになっています。SCP-XXXX-JP-EXには起動用と運転用の2つのスイッチが付いており、SCP-XXXX-JP-EXは電力が供給されている状態でそれらのスイッチが押されることにより起動及び運転を開始します。

SCP-XXXX-JP-EXは内部空間に物体(以下、SCP-XXXX-JP-EX-a)を設置した状態で運転させた場合、一定時間後未知の技術によりSCP-XXXX-JP-EX-aの形状、個数、体積等が動作前と比べ変化します。これらのSCP-XXXX-JP-EX-a群に動作前との材質の変化は確認されていません。運転開始から終了までの時間はおよそ数分〜数時間であり、設置するSCP-XXXX-JP-EX-aの形状、個数、体積及び材質等の変化に伴って増減する事が報告されています。この変化のパターンについては現在調査中です。運転中、扉は固く閉められており、強制的に開けた場合SCP-XXXX-JP-EX-aは[編集済]。

以下は、SCP-XXXX-JP-EXに対する実験記録の抜粋です。

実験記録1 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXXX-JP-EX

SCP-XXXX-JP-EX-a: 直径1㎝のプラスチック製の玉

実施方法: SCP-XXXX-JP-EX内部にSCP-XXXX-JP-EX-aを設置し、運転させる。

結果: SCP-XXXX-JP-EX-aは直径1㎝のプラスチック製の玉15個に変化した。

実験記録2 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXXX-JP-EX

SCP-XXXX-JP-EX-a: 10㎝四方の木製のブロック

実施方法: 実験記録1と同様

結果: SCP-XXXX-JP-EX-aは5㎝×11㎝×6㎝の木製の直方体に変化した。

実験記録6 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXXX-JP-EX

SCP-XXXX-JP-EX-a: アルミニウム製の1㎝四方の立方体

実施方法: SCP-XXXX-JP-EX内部にSCP-XXXX-JP-EX-aを設置し、運転中に扉を強制的に開ける。

結果: SCP-XXXX-JP-EX-aは[編集済]。実験を行なった博士1名及び研究員2名は死亡。

補遺: この実験の後、いかなる場合でもSCP-XXXX-JP-EXの稼働中に扉を開ける事は禁止されました。

実験記録14 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXXX-JP-EX

SCP-XXXX-JP-EX-a: 実験用ラット(ドブネズミ、学名:Rattus norvegicus)1匹

実施方法: 実験記録1と同様。

結果: [編集済]。尚、SCP-XXXX-JP-EX-aは新たにSCP-████-JPに指定された。

補遺: この実験の後、SCP-XXXX-JP-EXに対する実験は禁止されました。

補遺1: 20██/██/██、今野博士らの研究により、SCP-XXXX-JP-EXが起こす現象はバナッハ=タルスキーの定理1と██個の物理的・科学的法則により説明可能である事が明らかになりました。これを受け、SCP-XXXX-JP-EXはExplainedに再分類されました。

補遺2: 20██/██/██、仁村博士ら21名より以下を理由としてSCP-XXXX-JP-EXのSafeクラスへの再々分類が提案されました。

  • SCP-XXXX-JP-EXの引き起こす現象は明らかに熱量力学その他の法則に反する物であり、これはSCP-XXXX-JP-EXの異常性として十分である。
  • SCP-XXXX-JP-EXの引き起こす現象が論理的に説明されたとしても、SCP-XXXX-JP-EXが人類に与える影響は計り知れず、混乱を防ぐためにも存在を秘匿すべきである。

この提案はサイト-81██定例会議において棄却されました。詳細は以下を参照して下さい。