鎹博士の研究室

Tag Requests

able — SCP-076.

  1. the-warrior-and-the-dragon by Kain Pathos CrowKain Pathos Crow
  2. of-able by Kain Pathos CrowKain Pathos Crow

Included page "component:rate" does not exist (create it now)

beta-yellow.png
RPC-500.1.jpg

RPC-500

登録事象コード: RPC-500

オブジェクトクラス: Beta-Yellow

ハザードタイプ: 有機的, 視覚, 感覚, 非物理的

収容プロトコル: RPC-500の主要実例周辺には囲いが構築されています。RPC-500を直接観察する職員は存在しません。監視は監視カメラを介して完全に実行されねばなりません。

旧███████町は機構の所有権下に置かれており、一般人の侵入は固く禁止されています。

現在、異常性のあるRPC-500-1個体を元に戻すのに実現可能な手段は存在せず、既存の個体は安楽死されることになっています。RPC-500-1A個体の多くは研究目的で保管されており、その位置と大きさが判るよう、塗料でコーティングされています。

Description: RPC-500 is a single instance of Bur Oak tree located in ███████, █████, United States. RPC-500 is the single remaining tree of the former ██████ woodlands. RPC-500 was discovered shortly after the mass timber harvesting of the woodlands in 19██.

Humans that directly perceive RPC-500 will experience a hallucination whenever they are located in the grounds of the former ██████ woodlands. Subjects will perceive the area to be identical to the ██████ woodlands before their destruction. Such individuals are henceforth referred to as RPC-500-1.

RPC-500-1 instances display an anomalous property that will activate whenever they lose consciousness, whether it be from sleeping or involuntarily passing out. During this time, Instances of RPC-500-1A will begin manifesting within the direct radius of the respected instance of RPC-500-1. Of note, instances of RPC-500-1 report experiencing vivid dreams of being lost in the ██████ woodlands while unconscious.

RPC-500-1A are unseeable instances of Bur Oak tree, that manifest in clusters of 15-401 each hour the instance of RPC-500-1 remains unconscious. Instances of RPC-500-1A will protrude from any available solid surface within the radius of RPC-500-1 and will continue to grow further outwards from the instances location. Instances of RPC-500-1A while unseeable, are fully solid and may be interacted with. Due to these properties, instances of RPC-500-1A will cause significant damage when appearing within interior structures.

If an instance of RPC-500-1 expires, their body will convert into a secondary instance of RPC-500, sharing identical anomalous properties.

Discovery Log: RPC-500 was discovered several days after timber harvesting of the former ██████ woodlands. Following the event, witnesses from the town responsible for the mass logging entered the area and reported perceiving the woodlands in their former state. This lead to multiple residents visiting the location and succumbing to RPC-500’s anomalous effects. Because of this, a mass spread of RPC-500-1A instances occurred for the next several days throughout ███████, due to residents that had unknowingly become instances of RPC-500-1.

RPC-500.2.jpg

A section of ███████ upon initial investigation.

Authority personnel were able to reach ███████ but not before approximately [DATA REDACTED] residents of the town were found to have expired from vast collateral damage caused by the growth of RPC-500-1A throughout the town. A multitude of these deaths were caused either by victims being crushed by numerous instances of RPC-500-1A appearing in a single location or additional accidents, such as falling debris and house fires. The town was found almost completely demolished from countless instances of RPC-500-1A growth, a vast majority of which had manifested within residences homes while sleeping. Instances of RPC-500-1 were recovered for study and ███████ was put under immediate Authority quarantine prior to containment.

« RPC-499 | RPC-500 | RPC-501 »


自著について


Agt.倉橋: あなたが見たもの……つまりはSCP-XXX-JPです。それについて説明してください。

D-154: は、はい。SCP-XXX-JPは……その……すごくおっきなちんぽです……。

Agt.倉橋: はい?

D-154: フザケてるわけじゃないんですよ、ホントにそうとしか説明できないんです。SCP-XXX-JPはすごくおっきなちんぽなんですよ。

Agt.倉橋: 他の言い方はできませんか? 例えば全長何cmとか。

D-154: 5kmです。

Agt.倉橋: はい?

D-154: SCP-XXX-JPはすごくおっきな……主語を付けるとダメみたいですね、はい、5kmはあるように見えました。

Agt.倉橋: 5kmのちんぽ?

D-154: そうなりますね。ビルの光を受け、夜空に輝いていました。

Agt.倉橋: 夜空に輝く、ちんぽ。5kmの。

D-154: はい。


記録情報セキュリティ管理室(RAISA)より通達

現在、このページは未知の異常敵性情報実体(UE#1569に指定)の暫時的な収容に利用されており、そのため通常の財団フォーマットからの顕著な逸脱を示します。

また、このページの閲覧を認可されている職員はUE#1569対策班所属職員に限られています。UE#1569に対するより詳細な情報に関しては、UE#1569対策班長(現在の担当はヴァネッサ=グラフ博士)へと問い合わせてください。

— RAISA監督官 マリア・ジョーンズ

アイテム番号: 必要ないわ

オブジェクトクラス: 12歳

特別収容プロトコル: そんなのどうでもいいでしょ、ぬきぬきしようね♡

説明: SCP-XXX-JPはぁ♡あなたみたいなぁ♡おちんちんがきもちよーくなることしか考えてないグズ豚さんのことでぇーす♡キャハハハきっもーい♡コイツ罵倒されてチンコデカくしてる♡馬鹿じゃないの? ホントに看守なの?

リンクを辿り拡散


通知

このポップアップは財団夢想部門職員の意識端末にのみ表示されています。更なる情報へとアクセスするにはファウンデーション・コレクティブ職員ID・パスワードの入力を行ってください。



毎日死と隣り合わせである彼等エージェントの士気向上を目的に、サイト-8181運営委員会は猫カフェの試験運営を開始した。


にゃーお

「財団に猫カフェができた日」 —useruserより


  • EoI-231("緋色の王")に関する奇跡論的シンボル。奇跡論部門の見立てによると、ある種のEVE送信機能を有すると考えられる。
  • ミイラ化したヒト亜種の遺体。財団超常生物部門の調査は、対象がSoI-140("ダエーワ")と通常人類の混血種であると識別した。
  • 7,000体を超える頭部の無いヒトの白骨死体。歴史部門は対象がダエーバイト帝国貴族の聖餐として用いられた奴隷であると推定している。
  • [編集済]。

SCP-XXX-JP対象都市は臨時Nx-XXX-JPに指定されます。臨時Nx-XXX-JPにおいて発生する異常現象は以下の特徴を共有します:

  • ヒト住民を対象とするクラスⅠ-タイプC認識阻害の発生
  • 臨時Nx-XXX-JPを覆うように出現する半球型のクラスⅡ-タイプB認識阻害領域の発生
  • 影響領域内における一時的なヒュームフィールドの不安定化
  • 局地的な皆既日食の発生
  • 敵性実体群(SCP-XXX-JP-α)の出現
  • GoI-7834("闇夜教団")に関する多数の奇跡論的シンボルの自発的出現

詳細及び実地調査ログに関しては補遺XXX-JP.3を参照してください。

なんか適当に思いついた設定

  • 夜の住人(ノクターン)との闘争
  • 現在”夜”はニュクスの統治下になく、他勢力によって支配されている
  • 彼らによる”夜”の拡散は人類及びニュクスに対する悪疫であるため、彼らをブチのめしてニュクスによる夜の支配を取り戻そうとしている
  • 夜の住人=妖怪的サムシング/SCP/帝国の夜の国と同種の存在 - 肉(?)
  • 原作者が以前Twitterで闇夜はアルコーンに騙されている/ニュクスが寄生/なり変わられている的なこと言ってたので夜の住人=アルコーン配下/アルコーンそのもの(?)
  • アルコーンは「夜」の拡大を通して自身の領域/支配を拡大しようとしており、そのために闇夜を利用しているが、それに気づいた派閥が夜の住人と闘争している
  • むしろ彼らは闇夜と敵対している(?)
  • Nightism(闇夜主義)の特殊派閥
  • 闇夜は基本的にアルコーン側をニュクスと思い支援している
  • 闇夜 VS 闇夜ができるのでは

タグ: scp-jp 宗教 生命 敵対的 (サーキック) 反ミーム


「妖精」に関する諸々 (いずれ砂wikiか著者ペに)

「妖精」とは?

"妖精" (Fairly/Fae) とは、SCPverseにおける知性種族の一つである。ただいくつかの異なるカノン/種族が存在するため、ここではそれぞれ分けて説明することとする。

注目すべき記述

関連記事

TL;DR


鬼食なぎ(木偏に薬)

tenor.gif

ミーム殺害エージェント作動

生命徴候の継続を確認

安全装置を解除

ようこそ、担当職員様。ご希望のファイルを選択してください。




要注意団体ファイル#1121

("黒き不死者の教会")

指定番号: GoI-1121

財団記録部門



紅の空の下で

心地よい日差しの照りつける、初夏の日のことだった。先程まで白かった太陽は今や赤黒い心臓のように拍動し、空は紅に染まっていた。街の至るところで世界が裂け、荒れ狂う冥府の民の奔流がすべてを飲み込みつつあった。

緋色の王が目覚めた。その知らせを聞いてすぐ、ブマロは全教徒を聖堂へと呼び集めた。だが、来ている者はせいぜい3, 40人といったところだった。それでも何もしないよりはマシだろう。

ブマロはその機械化された口を開き、歯車の共鳴と共に信徒への言葉を紡いでいった。

「肉が目覚めた」意外なことに大衆はどよめかなかった。全員が既にそのことを理解していたからだ。


…そしてマズダーは仰られた、「西方より肉が来ている」「古の悪しき肉が地を渡り訪れるであろう」。「ならば」とベマロンは尋ねた、「我々はどうすべきなのでしょうか」と。マズダーは応えた。「戦いなさい」「肉をこれ以上広げてはならぬ」と。対してベマロンは言った、「おお、我らが父、マズダーよ」「我らにはそのような力はありませぬ、我らの歯車は肉に噛み砕かれ、我らの油は奴らの脂肪と成り果てるでしょう」と。そしてマズダーは言った、「ならば私の息子を送ろう」「彼が私の精と技術を伝えるであろう」と。

壊れたる兵士達 黒の日»

coverclowns.jpg

SCP-1956のうちの5個体。エージェント スコット・ラドキー2により撮影。


ごめんなさい

注目のSCP一覧(SCP-EN)-Ⅱ - 101~200

This archive displays the second listing of 100 SCP articles that have been featured on the site's front page.このアーカイブはサイトトップページで特集された100のSCPの一覧(2つめ)です。

121. SCP-2197 (by Doc MacGillicuttie): Shop Class

  • If an individual expresses interest in an item, SCP-2197-1 will speak highly of the effort involved in its manufacture and the good character of its maker, often remarking that “he tried his best.”



SCP-K2-JP-J - Oh shit !!!

アイテ厶番号: SCP-K2-JP-J

オブジェクトクラス: Keter Apollyon Uncontained

特別収容プロトコル: 頑張って我慢する、あと下痢止め飲む 無意味。もう我慢できない! やめろ! 収まれ! ああ出るな出るな出るな! 今は会議中だぞ! やめろ! やめて! お願いだ! ああ! 漏れる漏れる漏れる漏れる漏れr


unco_breach2.jpg


具体的に言うとさっき局所サイト-81K2から収容違反して未収容になった。臭う

もう二度とこのような失態を起こさないようにせねばならない。スッゲエ恥ずかしかったし後処理メッチャ面倒かった — O5-█

そして再び漏らすのだろう? 君がK-クラスシナリオ3を起こしたのはもう今月で2回目だぞ、カン”ベン”してくれ。 — O5-██

タグ: unclassed scp-jp joke 未収容 k-クラスシナリオ


SCP-4927 - Have a Nice Flight (いいフライトを)

rating: 0+x

Item #: SCP-4927

Object Class: Euclid

Special Containment Procedures: Any civilians who are near a SCP-4927 manifestation will be amnestized and brought to the nearest population center. If the amnestization fails, the cover story "Foggy Nights" will be enacted.

出現したSCP-4927付近のいかなる民間人も記憶処理され、最寄りの人口密集地へと連れて行かれます。記憶処理が失敗した場合、カバーストーリー"霧夜"が発令されます。

Description: SCP-4927 is a phenomenon that occurs between 2:00 AM and 4:00 AM in derelict airports and those with less than 100 annual flights. SCP-4927 begins with the appearance of fog, followed by the landing of a commercial aircraft, designated as SCP-4927-1. SCP-4927-1 instances are discontinued models manufactured between 1945 and 1990.

SCP-4927は午前2:00から午前4:00の間に放置されている、年間便数100件以下の空港で発生する現象です。SCP-4927は霧の出現から始まり、続いてSCP-4927-1に指定される民間航空機が着陸します。SCP-4927-1実例は製造中止モデルであり、1945年から1990年の間に製造されていたものです。

Upon landing, SCP-4927-1 will open its gate, disembarking passengers and staff (SCP-4927-2 and SCP-4927-3 respectively). SCP-4927-2 instances are dressed in clothing typical of 1945 to 1990. SCP-4927-3 are airport employees. Currently, only security guards and exit door employees have been seen. An SCP-4927-3 instance will always inform that SCP-4927-1 has made a stop in a flight towards notable population centers.

The second effect is activated when an individual observes SCP-4927 at a distance of less than 10 meters. The subject will feel a slight compulsion to board, and after speaking with an SCP-4927-3 instance, will board onto SCP-4927-1. Note that in none of SCP-4927 manifestations a ticket has been required.

Any attempt to thoroughly inspect or enter SCP-4927-1 will result in the expulsion of the individuals involved by SCP-4927-3 and prohibition of boarding SCP-4927-1 in future manifestations.

When SCP-4927-2 instances, along with the affected subject, board SCP-4927-1, the gate will close from the inside and then SCP-4927-1 will take off, thus concluding a SCP-4927 event. From this point on, the subject cannot be contacted.

Within 2 to 20 hours, the subject will reappear at the airport located in the population center mentioned by the SCP-4927-3 instance4.

Interview Log:

Interviewee: D-18457

Interviewer: Dr. Borja Dowell

Foreword: On 08/09/2012, SCP-4927 manifested in the Castellón–Costa Azahar Airport. D-18457 was instructed to board SCP-4927-1 and report any relevant aspects. This is the first time a subject boards SCP-4927-1.

<Begin Log>

Dr. Dowell: Greetings, D-18457. Since we were unable to contact you, you may be able to tell us what you saw.

D-18457: I couldn't contact you because there was no signal on the plane. In fact I didn't see anyone with cell phones and the only phone I saw had a wheel and a cable.

Dr. Dowell: Noted. Did you peek into the windows?

D-18457: Yeah, but they were all lowered and I couldn't see anything. I raised one and just fog. You couldn't even see the water or the lights from the cities.

Dr. Dowell: Alright. Did you notice anything strange in SCP-4927-3 instances?

D-18457: Not really. They served me well and had a smile and a voice that made you feel like you were in heaven. Aside from some good boo-

Dr. Dowell: Focus on the subject, please.

D-18457: Okay.

Dr. Dowell: Were you able to interact with any SCP-4927-2 instances?

D-18457: Yeah. There was a Chinese or Korean man dressed as a soldier, talking about a war in Korea and that he was not man enough. I suppose it would be South Korea. Another one looked like a hippie who was giving up LSD because he said that he saw terrifying birds. I didn't pay much attention to him. The last person who listened to me was a lady in her 40s. She just told me she was doing this for her kids.

Dr. Dowell: Did you notice anything unusual about the rest of the voyage?

D-18457: Two things. One was that the plane barely made any noise and didn't seem to move. And the other one was that most of them were scared stiff and you could hear the stewardesses singing for an hour or so from the speakers. It was the best thing I ever heard in my life, and I only like listening to metal. Such a pity that the flight lasted so little.

Dr. Dowell: Thank you for your cooperation, D-18457.

<End Log>

Addendum: On 14/5/2015, SCP-4927 manifested in the Manston Airport. D-4657 was instructed to board SCP-4927-1 and report any relevant aspects. After reporting the relevant aspects, D-4657 said that he saw a SCP-4927-2 instance resembling his father.

D-4657's father had died in an aviation incident on 22/9/1988.


一時凍結

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-XXX-JPはサイト-45の北西63㎞に位置する旧ユートピアン・ビルを中心として、その半径42㎞の領域の地下に存在する大規模な人工通路です。SCP-XXX-JPは主に銅板から構築されており、複雑に入り組んだ構造を有します。

SCP-XXX-JPの壁面には言語タイプA-12 ("旧き天使") による多数の文章が刻まれています (補遺.XXX-JP.2参照) 。これらの文章は仮定事象XXX-JPの際にSCP-XXX-JP-Aによって書かれたものであると思われます。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP内に棲息する人型生物の総称です。SCP-XXX-JPは身長1.5~2mで概ねヒト型をしているものの、その頭部はヒトではない動物のものに置換されています。また、その他の身体部位も頭部の置換元である種族の特徴を反映したものに変化していることがあります。SCP-XXX-JP-Aの性器は抉られたように欠損しており、機能しません。DNA検査の結果では、その外観にも関わらずヒトゲノムのみしか存在しないことが判明しています。

SCP-XXX-JP-Aはいずれも損傷を負っており、以下の系統に分類できます。

タイプα: 鼻部が欠損しており、胸から腹にかけて切断され一部内臓器官が露出しています。傷痕からは常にゆったりと、オイルに似た液体が発生しています。

タイプβ: 毛が抜け落ち、全身のメラニンが欠損しています。眼球が存在しておらず、眼窩からは常にゆったりと、黒色のインクが発生しています。

タイプγ: その他の個体が含まれており、これらの個体も何らかの形で損傷を受けています。

SCP-XXX-JP-Aは雑食ですが、好んで肉を食します。SCP-XXX-JP-Aは常に飢えているように観察され、可能な限り眼前の生物を捕食しようと試みます。この捕食対象には他のSCP-XXX-JP-A個体も含まれます。現時点では知能は確認されていません。

補遺.XXX-JP.1: 発見経緯


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-3584

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3584 instances are kept in a specialized greenhouse in Site-892 with windows only on the roof, and watered as appropriate. Direct images of SCP-3584 are only to be viewed by already-affected personnel.
SCP-3584実例は天窓のみを備えたサイト-892の特性温室に収容され、必要に応じて給水されます。SCP-3584を直接写した写真は、既に影響を受けている職員のみが閲覧するようにしてください。

説明: SCP-3584 is a patch of anomalously tall (25-35 m) dandelions (Taraxacum officinale).
SCP-3584は異常な高さ (25-35m) を持つタンポポ (Taraxacum officinale) のパッチ5です。

SCP-3584 instances are a potent cognitohazard: subjects who view SCP-3584 or images of it begin to perceive all plants as mechanical constructs over the course of several weeks, beginning with SCP-3584 itself, and gradually progressing to the rest of the plant kingdom. For example, affected subjects report seeing pipes and wires in place of roots, corrugated metal sheets in place of bark, and crude solar panels for leaves.
SCP-3584実例は強力な認識災害です。SCP-3584またはその画像を閲覧した被験者は、SCP-3584自身から始まり、次第に他の植物界へと進行していく数週間の過程を経て、全ての植物を機械構造として知覚するようになります。例として、影響を受けた被験者は根の代わりにパイプやワイヤーを、樹皮の代わりに波状鉄板を、葉の代わりに粗雑なソーラーパネルを見ることを報告しています。

Due to SCP-3584's anomaly, all images and scans of them are perceived as being of an aluminum and steel dandelion-shaped machine. Samples taken by blindfolded personnel and analyzed by researchers unaware of SCP-3584 show it to be genetically identical to ordinary dandelions.
SCP-3584の異常性により、その全ての画像とスキャンはアルミニウム及び鉄からなるタンポポ型の機械存在として知覚されます。視界を塞いだ職員によって採取され、SCP-3584について知らない研究員によって分析されたサンプルは、対象が通常のタンポポと遺伝的に同一であることを示します。

Two to four months after initial exposure, subjects' perception of plants is further corrupted to include all other senses. Affected D-class instructed to cut open SCP-3584 stalks require the use of welding tools. Subjects at this stage nearly always switch to an all-meat diet and avoid plant-sourced fabrics like cotton or hemp.
初期曝露から2~4ヶ月で、植物に対する被験者の知覚は更に悪化し、他全ての感覚を含むようになります。SCP-3584の茎を切り開くよう指示された被影響Dクラスは、溶接用具の使用を必要とします。この段階に至った被験者は、多くの場合で全肉食に切り替え、綿や麻のような植物由来の生地を避けるようになります。

Subjects who continue to consume plants following exposure eventually die of metal poisoning or internal bleeding. Autopsies by both affected and unaffected researchers reveal the presence of small metal root-like wires growing in the subject's body.

Addendum: A large section of forest 2 km from Site-892 became filled with dandelions and suddenly collapsed, while several SCP-3584 stalks simultaneously withered and fell. SCP-3584-affected personnel were sent out alongside field recon teams for research purposes.

A sinkhole approximately 200 meters wide had opened, and was filled with dandelion flowers and pine tree trunks. Large amounts of smoke emanated from the hole with no visible source. Field agents found no evidence of either geological activity that would lead to sinkholes, nor gravitational, spatial or botanical anomalies other than an abnormally high density of roots.

SCP-3584-affected personnel present reported viewing the fallen tree trunks as large smokestacks and cooling towers, and the roots as pipes and tubes extending far underground.


タイトルだけ
SCP-1565 - Martian Turtles/火星のカメたち
SCP-3584 - Mechanical(?) Dandelion Garden/機会仕掛け(?)のタンポポ庭園
SCP-4344 - Kick Asteroid/アステロイドを蹴り飛ばせ


にゃうー。にゃうにゃう。にゃにゃう。にゃむー。

あたまが動かない、何もできない、モチベは何処?

栄養失調と慢性疲労、死。


メモ書き


ディア大学とは

rating: 0+x
EliotHallReedCollege.jpg
ディアの最も古くからある学舎、Knorr Hall。(?)

Founded in 1948 in southeast Three Portlands, Deer College is a coeducational liberal arts and sciences college. Renowned for its groundbreaking integration of occult studies into a liberal arts curriculum, Deer is known for its high standards of magical practice, creative thinking, and engaged multiversal citizenship.
スリー・ポートランド南端で1948年に創立したディア・カレッジは、男女共学制のリベラルアーツ・サイエンスカレッジです。

Deer students pursue the Bachelor of Arts degree in over 40 majors and concentrations. The curriculum includes a year-long occultism course, broad distribution requirements, and a senior thesis; each student constructs their own program of study by pairing a traditional major with a concentration in an occult field, or chooses from a number of established interdisciplinary majors. A 9:1 student-faculty ratio and small conference-style classes allow faculty members to truly mentor students and engage with them in individual discussions.

ねむい……ねてないもん……しぬ……

えーごわかんない……ナニモワカラナイじゃない……マジでわからない……

日本語ひのもとことば喋れよぉ……