鎹博士の研究室

1998年 個人的な象徴的引用

「ポーランドは明日、世界に先駆けて新たな一歩を踏み出します。ヴェールの先へ、闇へ立ち向かうために。ポーランドに未来あれ」
http://scp-jp.wikidot.com/early-summer-1998

「エクソシストの雇用だって最近始まったばかりだ、少なくとも俺たちの17分署には専門家なんていやしないですよ」
http://scp-jp.wikidot.com/battle-of-51st-street

「複数の次元に跨がって存在する超高次元マンションが万が一倒壊した場合、概念のスクランブル状態、タキオン時流の破壊的な流入などの次元崩壊に繋がる危険性がある」
http://scp-jp.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2072-12-21-8ni26v


私らを書くのなら


sarkic_altar.jpg

教会内で確認された祭壇。回収された人骨の8割以上が近隣で行方不明届けを出されていた人物であり、うち何点かは同じ部位にも関わらず同一人物のDNAが検出されている。

作成: @sheila_1576


財団

世界オカルト連合

私たちは世界の連合なのですよ、エージェント。国のひとつやふたつと代えても宜しい。

SCP-2911-JP

カオス・インサージェンシー

財団も連合も、早晩、異種族の傀儡となるでしょう…ですから、我々がやるしかないのです。かつて財団であった者たちの矜持を示すのです。

SC-99/734-01/506


こんばんは、wreckageswreckagesさん。サイトスタッフのDr_KasugaiDr_Kasugaiです。今回あなたが作成された、以下2つのページについて連絡があります。

サイトルール 4. 義務 > 4-1. 執筆と投稿 > 7. 自作作品の投稿禁止 に基づき、スタッフの認可を得ずに翻訳記事以外のページを作成することは禁止されています。スタッフ間での協議の結果、上記の2ページは削除されることになりました。

wreckageswreckagesさんにご返答いただけるか、あるいはこの投稿から48時間が経過すれば削除に移ります。ご理解いただければ幸いです。


「1998年」は、「壊された虚構」から派生する形で誕生したカノンです。ベースは同じく「ヴェールが失われ、異常が公知になった世界」ですが、こちらはより歴史構築とSFの要素が強い傾向にあります。


メモ: 1998と他カノンの悪魔合体ゾーン

”1998年”カノンは積極的なクロスリンクを奨励しており、事実さまざまな国内外の記事や概念との接続が存在する。そして、一部は特定のカノンと重複してすらいる。
以下は、"1998"のタグが付く記事のうち、他カノンと関連するものの一覧だ。

オマケ


ガイドハブ

RPC機構で活動する際に守らねばならないルール、そして活動する際に助けとなる情報についてまとめています。

一般


必読

  • 初めての方へ ― サイトの概要、参加方法、活動する際のルールについてまとめられたページです。まずはここを読んでください。
  • サイトルール(概説) ― サイトメンバーの権利と義務について、大まかにまとめられたページです。
  • サイトルール(細則) ― サイトメンバーの権利と義務について、詳細にまとめられたページです。
  • サイトスタッフ ― サイトスタッフの一覧と、彼らへの連絡方法がまとめられたページです。

  • スタッフルール ― サイトスタッフの権利と義務についてまとめられたページです。
  • Discordガイドライン ― RPC-JPの運営する2つのDiscordサーバーにおいて、活動する際に守るべきルールがまとめられたページです。

世界観


  • スタッフルール ― サイトスタッフの権利と義務についてまとめられたページです。

翻訳


  • スタッフルール ― サイトスタッフの権利と義務についてまとめられたページです。

Writing Guides


Writers Guide - An overview on writing, from conceptualization to posting.

Tagging Guide - How to tag your article properly.

Canon Policy - An overview on canon, Lore Team and lore submission requirements.

Editing and Rewrite Policy - When you can and can't edit a page and the site policy on rewriting articles.

Criticism Guidelines - How to give thorough, helpful critique.

Coding and Formatting Guides


Formatting Guide - How to format your pages.

Widget Hub - How to use the various site components and themes users have created.

Scripting Guide - How to use JavaScript in your pages.

Component Hazards Guide - How to use the hazards component in your pages.

Sidenote Guide - How to use sidenotes in your pages.

Badge Guide - When to put badges on articles.
» Do not put badges on articles without staff permission.

Niche Writing Guides


An Informal Guide to Radiation - How to write about radiation with realism.

Kabushiki Kawaii Hub - A guide for writing about the Kabushiki Kawaii GOI.


サイトルール 4. 義務 4-1. 執筆と投稿 8. 制限タグが付くページの投稿・編集禁止

原則、制限タグの付いたページ、あるいはその要件に該当するページは、たとえ翻訳であっても、スタッフの許可なく投稿・編集してはいけません。ただしRPCシリーズ一覧は例外とします。

制限タグ

これらのタグを追加できるのはサイトスタッフだけです
許可なくこれらのタグを使用、またこれらのタグに該当するページの作成をしないでください

管理 - サイトの中枢的な機能を持つページに使われます。
theme - サイトテーマが格納されたページに使われます。
system - サイト内部で使われているギミックなどが格納されたページに使われます。
template - テンプレート用のページに使われます。
admin - サイトスタッフが管理用に使用するページに使われています。
一部制限タグ

これらのタグを追加できるのは初訳者、あるいはサイトスタッフだけです
許可なくこれらのタグを使用、またこれらのタグに該当するページの作成をしないでください

archived - アーカイブされたページに使われます。
画像差し止め - 何らかの理由1で画像が掲載できない翻訳記事に使われます。

チーム名: 執筆戦隊SCPower Rangers

チームメンバー: KarathhKarathhDr_KasugaiDr_Kasugaisyake_kurosyake_kuroTenten_518Tenten_518TF2045TF2045

チームコメント: レッド!レッド!レッド!レッド!レッド!執筆戦隊SCPower Rangers、参上!


Tag Request: only-game-in-town

Of or rerated to the Only Game In Town canon.

8 articles by 4 authors.


怨嗟

ただ一言、「死んでしまえ」とそういった。

何も本当に死んでほしかったわけではない、と普通なら続くところであるのだが、残念ながら私は本当に死んでほしがっていた。心底死んでほしかった。

積もり積もった感情は、ある日、ふと、塵の山と化した。私の私たる所以は崩れ、塵の山と化した。基礎工事を任せてしまったのが行けなかった。
壊れ、崩れ、もう戻らないという確証だけが残された。それからは早かった。
私の心は再び鋳られ、遍く情念が切っ先を尖らせた。血が。血が欲しかった。殺したかった。そこに意味はないけれど、なんの価値もないけれど、それでもそのことだけが今の私を満たすもので、今の私を作るもので、今の私が私であれるものだった。

それからは画策を続けた。どうすれば殺せるか。どうすれば処理できるか。
彼は殺したいが、それで捕まりたくはない。戻る日常など無いというのに、感情だけによるものだと言うのに、私の作戦は着実に進んでいった。

そのまま数月が過ぎた。数年が過ぎた。
それでも実行できなかった。理由はわからない。

足元の白銀を踏みつぶしながら歩いていた私は、

夢見テクノロジー


(隠し折りたたみ)
(対抗概念フィルタを解除)

ようこそ、対抗概念部門職員様。データを読み込んでいます……

アイテム番号: SCP-φ

オブジェクトクラス: Euclid

SCP-φは81管区内で反復して発生する反ミーム現象群です。これらは影響区画における非自然的な物理現象であり、特定観察者(Obs-φ)には特定個人(PoI-φ)が何らかの形で働きかけたかのように知覚されます。発生する物理現象は多岐に渡ります: 物品の自律移動、本体の無い影、音源不明の発声等です。これら現象はObs-φ


スタッフ要望: MCFテーマに関して

お忙しいところ失礼します。旧版の”マナによる慈善財団”テーマに関して、2点ほど依頼したいことがあります。

  • テーマのdeletedカテゴリ送り

こちらのページは現在ENからは削除されており、”元記事差し替え”の要件を満たします。よってその処理をお願いしたいです。

  • テーマ適用記事からの削除

単にENでは使われていないこと(moduleCSSで引用されてはいますが機能していません)、同ページに画像がアップロードされていないためテーマが不完全状態にあること、そしてモバイル端末から閲覧できないこと、以上3点からテーマの除去を行っていただきたいです。

テーマが適用されている記事は以下の7つです:

ご検討お願いします。


お気持ち表明: 私は「1998年」を暗い中でも確かな足取りで前に向かい、いつかは闇を踏破して夜明けに行き着く人々の物語だと思っています。いわゆるノーブルライトです。数々の事件や災害は打ち破るべき壁として提示され、そして実際に何らかの形で打ち破るか、あるいは乗り越えてその先へ進んでいくべきだと考えています。

アニマリーもまたその1つであるべきです。そしてそれは彼らの虐殺や消失で叶えられるべきではなく、彼らもまた人として手を取り、共に夜明けへ進んでいくべきです。”通常人類”と”アニマリー”の間に築かれたベルリンの壁はついぞ破壊され、共に前へと進んでいく時が来るべきなのです。よって私はこの物語を書きます。人がさらに大きな環となり、さらに大きな脅威に立ち向かう。そんな物語を。


積読

帝大生の就職先人気ランキングが発表 パラテク、正常性維持機関が人気
http://scp-jp.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2024-10-17-2yx57r3

理外研電算機 身売りを含む選択肢を検討中か
http://scp-jp.wikidot.com/koigarezaki-news-0517

追憶と哀悼
http://scp-jp.wikidot.com/timeline882970-astertataricus

1998タイムライン分岐メモ

ベースルート: メインカノン→ポーランド神格存在出現事件/ヴェール崩壊(1998)→カノン突入
別ルート: (CN-1260)→ポーランド神格存在出現事件/ヴェール崩壊→CN-1260

ベースルート: ヴェール崩壊→東京事変→遷都→道州制→2041-JP
別ルート: ヴェール崩壊→2042-JP→遷都/道州制→2041-JP
別ルート: ヴェール崩壊→(新電脳「lightning」登場。)→揺籃外去→2041-JP→linkAge

ベースルート: ヴェール崩壊(1998)→奇蹄病事件(2009)→トンガラシ事件(2015)→東京事変(2017)→長野AFC殺傷事件(2038)
別ルート: ヴェール崩壊(1998)→奇蹄病事件(2009)→トンガラシ事件(2015)→東京事変(2017)→毛布町ルート


さて、「1998年」は巨大なカノンです。世界観を共有してさえいれば、それは当カノンの記事です。そうはいっても、それだけでは書きづらいという方もいるでしょう。そういうわけでちょっとしたアドバイスを送ります。

1. テーマ
実は当カノンには通底するテーマが存在します。「苦難を乗り越え、前へと進む」。必ずしもこの要素を入れる必要はありませんが、物語が最終的に夜明けの成功にたどり着くのならば、あなたの作品はより「98らしい」と言えるでしょう。

2. 設定共有
設定を共有しましょう!あなたの記事を他と関連させ、世界に深みを与えましょう。大きく関与する必要はありません──しかし、取ってつけたようなものはマイナスですので気をつけて。

3.


場所タブ


  • SCP-1710-JP - ショパン・ゴジラ — さあ、物語の始まりだ。ポルスカの平原で悍ましき神が産声を上げ、帳幕はついに捲くられる。 Written by Dr_Kasugai
  • 1998年、初夏 — ミコワイ・ピウツスキはフリーの雑誌記者だった。だが地元の奇妙なカルトとの繋がりを切欠に、事件の只中、ヴェールの内側、世界の暗部へと足を踏み入れる。 Written by islandsmaster
  • 隔壁は未だ健在なりや — 日常が打破される。そんなことが起きないかと、淡い期待を込めていた。 Written by H0H0
  • UIUファイル: 1999-074 — 件の事件からはや一年。異常事件課は一人のショパニストを追っていた。 Written by TF2045
  • 狂騒序曲 — 祭りに向けて人 (それと小動物的な何か) は集う。狂騒の日はまだ遠く、されど全ては足並みを揃えて突き進んでいる。 Written by islandsmaster
  • マンハッタン次元崩落 GOC介入目前か — 財団、連合、プロメテウス、合衆国。4つの利権は絡まり合い、ここに新たな世界秩序が誕生した。しかし、それを打破しようと蠢く影が1つ。そして来る9.11、マンハッタンは異空へ崩落する。 Written by stengan774
  • SCP-2911-JP 合衆国の一番長い日 — マンハッタンは地獄に堕ちた。蠢く悪魔、飛び交う魔導兵器、WTCに取り付く巨大な繭。島の消滅まで残されたタイムリミットは48時間。しかし、財団は諦めない。登場、アルト・クレフ博士! Written by islandsmaster
  • 51番通り攻防戦 前編 / 中編 / 後編 — 魔法とサイファイが飛び交う裏にだって戦場はある。たとえ一般人だとしても、いや一般人だからこそ、ここでは銃を取り戦わねばならない。絶対に生きてここを出るんだ。 Written by karkaroff
  • NYPDと次元崩落 『アメリカ自然史博物館編』 — 悪魔は汎ゆる場所へ押し寄せる。それはここ博物館でも変わらない事実だ。だから対抗策が必要となる──手元にあるのはソーセージと恐竜の化石。行け!サーキックダイナソー! Written by karkaroff
  • 生き物プロフィール: シガスタン! — シガスタンは不思議な馬だ。どんな無くしたものだって見つけちゃう!でも一人はかわいそう。じゃあ僕らにできることは……開催!お見合いパーティ! Written by stengan774
  • SPC-1710-JP - ショパン・ゴリラ — サメを殴るには強い筋力が必要だ。だからゴリラを選択することは当然である。そして、それを強化するためにショパンの顔を付けることも。 Written by Dr_Kasugai
  • 東京事変 — 普段と変わらない日常が窓から覗く。今日もそうあるはずだった。だが突如として始まった現実災害は瞬く間に東京を呑み込み、全ては瓦礫の雨へと沈む。 Written by Ryu_JP
  • The “F”10月号 — The"F"は財団がその内外に向けて刊行している世情雑誌だ。10月号では1998年のイベント・ペルセポネ、2019年の二大陸置換現象、2つの超常事件を取り巻く情勢を追っていく。 Written by H0H0
  • SCP-2056-JP - 合掌 — 人々の願いは菩薩を呼んだ。さあ君よ、遍く世界を照らせ。 Written by carbon13
  • 揺籃外去 — このご時世、電脳デバイスは必需品だ。ネットとリアルを交錯しつつ、特事課は違法取引を追う。 Written by islandsmaster
  • SCP-2041-JP - 財団感染病棟Q5!白き末期患者と絶望的ホスピタル — 財団は人型異常を”病気”だとして、その治療に乗り出した。そのために作られたサイト-81Q5は、日本全国からかき集めた患者を収容する巨大施設だ。だが2041年のクリスマス、突如としてサイトは患者数千人を巻き込み異界と化した──サイト-81Q5に何が起こったか? Written by carbon13
  • アハシマ — 淡路の底で大いなる神が誕生する──しかし、生まれる世界が悪かったようだ。 Written by O-92_Mallet

騎乗位首締め心中おじさん──それはネオン瞬く夜の街に出没する現代怪異。またの名をSCP-3141-JP、またの名をKTE-2116-Green、またの名を蒐集物第五六一号。それは名を変え形を変え、人を喰らい夜の法則を統べ続ける大悪。


知ってるか? この辺、出るらしいぜ──”騎乗位首締め心中おじさん”。

「闇夜に踊る変質者」 —useruserより

産めよ、殖やせよ、地に満ちよ。財団職員よ、共著こづくりに励むのです。


アカウント名の横、煌々と輝く(1)。Porn Messageの通達から、ぼくらの共著は始まった。

「歪み、捻れた場所で」 —useruserより

スマートフォン。2007年のiPhone発売を機にしたそれはかつての王を蹴り落とし、またたく間に世界のスタンダードの座についた。当然その波は財団にも波及──しなかった。O5はコストを問題に幾年と否定し続けてきていた。しかし、それも今年まで。ローゼン率いるスマートフォン推進委員会は、あらゆる苦難を乗り越えてなお前へと進もうとしている。


「委員長、報告です──O5-4がスマホを割りました。握力を鍛えすぎていたのが原因です」
『マジで?』
「マジです」

「最初の苦難」 —useruserより


こんにちは。カノン元締めのDr_KasugaiDr_Kasugaiです。

さて、そうは言いましてもこれは名目上のものでして、私がカノンの方針すべてを取り仕切っているとかそういうことではありません。たまたま元凶の記事を書いたのが私であっただけです。執筆記事は3つしかなく、98への寄稿も2つのみです。

そういうことなので、これから語るアドバイスはそこまで気にする必要はありません。守らなければカノン記事として認められない、などということもありません。

さてそれで「1998年」とは何であるかについてですが、端的に言ってしまえば「壊された虚構」をより現代的に構築し直す試みです。ベースは据え置きです: ヴェールの失われた世界。ですが別のカノンである以上、ただ”ヴェールが失われた”だけのお話を作るべきではない、というのが私の方針です。

それではどうすればいいのでしょう? 独自の点、すなわち強みを活かしていきましょう。このカノンの強みとして、まずは豊富な独自設定が挙げられます。軸となるのは事件だけではありません。要注意団体、キャラクター、パラテク、種族、疾患、あらゆるものがネタになります。〜で〜はどうなるでしょう? 〜で〜は何をしましたか? 〜の〜は? 色々と妄想を巡らせてみましょう。

そしてもう1つのポイントはそのテーマです。


(ハウディ!みなさん。1998年がどんなカノンかはわかりましたか? まだよくわからない、という方はこちらを読んでいってください。)

「1998年」は、より端的に言ってしまえば「壊された虚構」をより現代的に構築し直す試みです。ベースは据え置きです: ヴェールの失われた世界。そこに事件という軸を追加し、数十数百の団体・キャラクター・新規概念を流し込むことで巨大にして複雑な1本のタイムラインを造り出しました。

おっと、怖がらないでください!こんな言い方こそしましたが、1998年は見かけほど難しいカノンではありません。少なくとも、ちょっと読んだり書いたりするだけなら極めて単純です。制約も言うほどありません。

守るべきは

「1998年」は、「壊された虚構」をより現代的に構築し直す試みです。ベースは据え置きです: ヴェールの失われた世界。ですが別のカノンである以上、ただ”ヴェールが失われた”だけのお話を作るべきではない、というのが私の方針です。おっと、カノンの方針ではないですよ。1998年は何であれ受け入れるでしょうから。

話を戻して。1998年において重要なことはそのテーマです: 「前に進む」こと。


「1998年」は、端的に言って、「壊された虚構」のリ・コンストラクションです。ヴェールが崩壊した世界を基盤に、複数の事件を導入してストーリーを形作り、散逸する物語を1つの線にまとめ上げました。史実は独自の変化を遂げ、新概念がそれを補強します。最終的に、物語はある1つのテーマに行き着きます: 諦めるな、挫けるな、何があろうと「前に進め」。

そういうわけで、”1998年”は”壊された虚構”をベースにしてはいますが、その世界観は一線を画すものとなっています。でも、そこで疑問が浮かぶ方もいるでしょう。「JPでは”壊された虚構”を書けないのか?」。いえいえ、そんなことはありません。”壊された虚構”でしか描けない物語もまたあるでしょう。しかしながら大多数の記事は”1998年”でも描けて、そちらの方が様々な土台が用意されているぶん楽なのも事実です。

私としては、「ただヴェールが剥がれただけの世界」を”1998年”で描くことには反対です。もちろん書いても構いませんが、それは”壊された虚構”の衰退を加速させるでしょう。では”1998年”の作品を執筆する際に何に気をつけるべきか。

「これからどうなっていくのかは、私にもわからない」、そう語ってから3ヶ月が経ちました。当時10個であった参加記事は今では50個前後に達し、かつて危惧していた”壊された虚構”との線引きも、もう十分にできたと思います。

そろそろ、頃合いでしょう。

そういうわけで、カノン「1998年」ハブを大規模改稿いたしました。この改稿は98著者陣、そして数多くの方の援助があってできたものです。


さて、このカノンがどんなものかをもっと端的に要約してみましょう: ”SCP-1710-JPの出来事を切欠に、あれと同レベルの出来事が連発するようになった世界。しかしヴェールが上がったことで同時に人類も技術を超発展させており、それに対抗できるだけの力を備えている”。

このカノンは事件を軸にしており、記事のタイプはおおむね以下2通りに分けられます。

  1. 事件を直接的に描く作品。派手なドンパチが多く、カノンの顔とも言えるでしょう。やるなら徹底的に。とにかくお祭りとでも言わんばかりに暴れましょう。
  2. 事件の前後を描く作品。政治的なものが多い印象です。
  3. 世界観を補強する作品。事件とも繋がりはありますが薄く、世界の日常を描きます。現時点では最も数が多く、特に信濃中央新聞フォーマットが人気です。

でも、このカノンがドンパチだけを描けるかといえば、そうでもありません。大事なのは想像力です。「ヴェールが上がったら社会はどうなるのだろう?」「亜人種への人権政策は?」「被災地の復興はどうなるのだろう?」「経済状況は?」

98執筆アドバイス/Dr_Kasugai

1998年カノンはどんなものなのか?という問に、即座に答えることはできません。それは1998は他のカノンに比べて複雑で、重厚だからです。でも諦めないでください! ここに簡単な説明があります: ”1998は、著者陣がそれぞれやりたいことを自由に突っ込んだ結果です”。このために、1998は多カノン連合体とも言える様相を呈しています。各シーズンごとにその性質は大きく異なり、連続性を加味しなければもはや別のカノンと言っても差し支えありません。ですから、1998カノンの記事を書くにはカノンのすべての記事を読まねばならないなんてことはありません。ただ、あなたの使いたいシーズンの状況だけを確認すれば良いのです。


単刀直入に言うと私はいま早急に消えたい

ヘッドカノン

財団は世界各国の言語や情勢に合わせてそれらを独自のブロック別に区分している。(これらブロックの上位には大陸ごとに評議会が設置されている。?)大型ブロックにはレベル4権限保持者による独自議会が設置され、便宜的に”支部”とも呼ばれる。

886管区/ZHブロックは繁体字中国語話者・非大陸寄り都市を中心に構成される非公式ブロックである。公的には86管区/CNブロックに含まれるが、台湾政府等と密着した独自の関係から実質的な独自支部としての活動を見せる。


タグリスト > 翻訳記事のタグに関するFAQ > "tool"と"instrument"の項目に照らして、”楽器”タグを”道具”タグへと置換しました。


パノプティコン

批評中:

異常疾患の根本的解決のための認可計画 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5644698-15-9c16

SCP-XXXX-JP 永久凍京 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5685798-8-34fe

神聖祈念弾頭を搭載可能な大型ヒューマノイドロボット開発のための認可計画 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5875210-58-819a

畜生 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5252746-54-e0d5

追憶と哀悼 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3356641-8-3d83

「手のひらいっぱいの幸せ」(批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4711359-65-ce3f

1998カノン下書き:

SCP-2912-JP 我らの壊れたる機動精神 ブロークン・ガンダム
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5644609-32-2d71

1998カノン記事 超常災害
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5252746-44-0dbe

拝観反転渺茫A3!灰色エンジニアと伝統的ランドマーク
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3442755-31-429d

不祥事による市民の怒り 北米を中心にデモが広がる
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:roneatosu-1

KTE-4529-Blackwood-Lovelock (凍結-白紙化済)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2532460-10-096c

シガニズム運動
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5670836-7-d03d

異常疾患の根本的解決のための認可計画 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5644698-15-9c16

SCP-CN-1260 物种起源,或曰造物机械 (未翻訳)
http://scp-wiki-cn.wikidot.com/scp-cn-1260

財団航空戦闘部門について
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5372876-43-34c1

塔と回帰
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2428007-44-24e1

修正力
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2428007-45-e2b3

帝都大学 正式発足後初の入学式
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3438721-7280-45f6

JSCA 新卒採用特設サイト
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2428007-48-19f4

連載 エージェント・シーボルト 〜200年越しの真実〜 ハブ
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3438721-7268-0146

夢に濁りて
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5060201-61-a3c6

SCP-XXXX-JP 永久凍京 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5685798-8-34fe

SCP-2043-JP 哀願燦然衝動B3!灰色料理人と
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3442755-40-7f95

素晴らしいものに魅せられて
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4122551-8-707e

KTE-1780-Beige-Clockwork (ト書)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3129932-18-ef10

ハーマン・フラー主催「新たな時代の幕開けを」
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5268615-93-c489

東シナ海で新たに彦根市発生 日本では9例目
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:6354336-17-0480

サイト81Q5事件 堀町医師いまだ見つからず
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:6321361-4-d7df

スペイン ボリビアに対する無差別爆撃を実施
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4709796-33-c5cb

AFCデモ隊に機動隊が発砲 死傷者多数
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5268615-92-1a0c

SCP下書き 『三矢の楯と五芒星は人類の尖兵となるか』
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5616457-9-9086

JR56
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3442755-41-2719

マンハッタン・クライシス ハブ
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/1998-911-hub

SCP-2043-JP
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3442755-39-0a96

偽史の花束
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3438721-7292-7b42

光源の里のシャドウ
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4294437-22-5e81

スシ001「nemesushi」
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:6286393-959e

巨人と巨人の殴り合いを20世紀最後の七月、川崎市で。
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:6103090-37-1e65

神聖祈念弾頭を搭載可能な大型ヒューマノイドロボット開発のための認可計画 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5875210-58-819a

畜生 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5252746-54-e0d5

追憶と哀悼 (批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3356641-8-3d83

千葉県浦安市で[ハハッ]が児童を襲撃
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:2257305-47-290e

無題/空想科学部門
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:witherite-1

「手のひらいっぱいの幸せ」(批評中)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4711359-65-ce3f

SC-00/092-01/911
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:3129932-19-99ec

SCP下書き「2043.7.01」
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:6354336-24-6fe2

Tale - アニマリー料理対決(仮題)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5372876-56-ebea

AFCの社会進出 その現状とこれから
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:5372876-59-b45a

SCP-1129-JP - ヌートピア
http://msr-arc.wikidot.com/scp-1129-jp-1998

有識者/記事持ち

雑記
5/8 アニマリー周り増えたなあ 全体的に後ろ暗い作風が多くてカノンの方向性と別ベクトルに思える(嫌いではない)
5/12 滅茶苦茶増えてきたのでそろそろ広域監督機構PANOPTICONは畳んでもいいかも


さて、ここまで読んでみたあなたであれば、”壊された虚構”との差異が薄っすらとですがわかったのではないかと思います。/

”1998年”は壊された虚構の延長線にあります──これは成立過程から言っても間違いありません。しかし全く同一でもないのです。2つの世界はいくつかの点で異なっています。

1998年

1998_Balls.jpg

未来あすへと進め。

略称/愛称: 1998、98、98カノン

ハブ: 1998年

タグ: 1998

未来あすへと進め。

Dr_Kasugaiのアドバイス

「1998年」はある別世界を皆で描き出そうとする合作プロジェクトです。カノンのジャンルは幅広いものの、最も近いものとしては歴史改変ものがあたるでしょうか。

この世界の特徴は3つあります。

1つ、ヴェールが捲くられている。1998年初夏にポーランドで降臨した邪神との大規模戦闘により、この世界の財団・連合両者はヴェール政策の終焉を余儀なくされました。以後世界には異常が溢れ、日常に紛れ込んでいくようになります。

2つ目は超常事件です。この世界では高頻度で異常かつ大規模な超常事件が発生し、社会を(そして基底世界の歴史からも)大きく変革させていきます。カノンのメインストーリーはこれら未曾有の事態をなんとかして乗り越えていく人類にスポットを当てています。

3つ目となるのは強固な人類です。この世界の人類は大変強靭であり、どんな目に会おうとも前進し発展を続けます。

おわかりの通り、このカノンのトーンは「希望」です。次々と現れる苦難を乗り越え発展していく人類を描きます。ヴェール崩壊は地盤均しのようなものであると考えてください。ここを強調することで壊された虚構との差異を確立できることを望んでいます。

とはいえ、何もこれだけが対象ではありません。この世界の出来事を題材にさえしていれば、これらトーンに歯向かっても良いのです。もちろん、設定はある程度維持してください──特に人類を滅ぼしたりはしない方が懸命です。壊された虚構との差異づけが気になるようでしたら、このカノン特有のポイントを組み込むのがいいでしょう。事件のみならず、このカノンには独自の、または独自に変貌を遂げた人物、団体、概念が数多く存在するのです。つまりはこうです: 相互参照しましょう。このカノンにおいてクロスリンクは積極的に推奨される行いです。様々な記事を読み込んで、自身の記事をカノンに慣らしていってあげてください。

もちろん色々な記事を読み込むのは辛いという方もいるでしょう。特にこのカノンは記事数文字数ともに膨大ですからね。そういう方のために現在ハブを改訂中です。ハブさえ読めばほぼ理解できるようにするつもりですのでご期待ください。今すぐ支援がほしいという方はSCP-JP公式Discordの#1998年チャンネルまでお越しください!我々有識者があなたの執筆を可能な限りサポートいたします。

さて、これで私からのアドバイスは終わりです。それではカノンを楽しんでいってください!

カノンの象徴的引用を表示

ポーランドは明日、世界に先駆けて新たな一歩を踏み出します。ヴェールの先へ、闇へ立ち向かうために。ポーランドに未来あれ。

- 1998年、初夏

今、我々の世界は未曾有の脅威にさらされています。神格の暴走、テロリズム、各種の災害、異常な疾患。別たれたままでは、人類はこうした脅威による滅びを免れません。今こそ、大いなる敵に立ち向かうため、団結すべき時です。

- SCP-2912-JP - 我らの壊れたる精神 ブロークン・ガンダム

その日から想像の中でしかなかった出来事が起き始めたのです。魔法使い、妖精、怪物。そしてそれは病気という人類に仇なす分野においてもそうだったのです。

- SCP-2041-JP - 財団感染病棟Q5!白き末期患者と絶望的ホスピタル

50年間で公的組織の持つテクノロジーは超常性の有無を問わず飛躍的に向上し、結果としてアハシマ誕生時点の人々はもはや神の存在を歯牙にすら掛けなくなりました。

- アハシマ

オススメ記事を表示


SCP-1710-JP - ショパン・ゴジラの改稿をお願いしたいです。

  • 主に音声ログ周りを強化していただきたいです。
  • B級映画じみた独特の雰囲気と疾走感、クロスリンク、シン・ゴジラ関連のオマージュを(できるだけでいいので)残していただけると有り難いです。
  • カノン「1998年」、および関連Tale「1998年、初夏」との設定矛盾が無いようにしていただきたいです。出来事の大筋を変えなければ問題はないと思います。
  • 改稿していただけた場合、記事はその方との共著扱いといたします。また大規模改稿報告スレッドにて告知を行います。
  • 下書きが出来上がったら確認・批評しに向かいますので、連絡お願いいたします。また、カノン「1998年」の根幹記事という都合上、カノンの有識者がたにも告知して批評をお願いしに行きます。
  • 自身でも挑戦してみたものの、上手くいかなかった下書きを添付します。何かの参考になれば幸いです。

「1998年」の特徴はその広大さです。ある特定の世界を舞台にしてさえいれば、何をやっても構いません。ある程度の設定符号は必要ですが、それさえ守ればジャンルも、起こす出来事の規模も自由です。

この世界の特異な点は色々とありますが、それらは概ね以下の3つに集約されます。
1. ヴェールが無い
2. 多発する異常
3. 未来への希望

1.の要素はまあ、「壊された虚構」と概ね等価です。しかしながら財団やGOCはより世界に馴染んでおり、パラテックは町中の隅々にまで浸透しています。この要素だけで物語を書くことも不可能ではありませんが、なるべくカノン独自の要素を入れておくといいでしょう。これは後者2つの要素にとどまらず、カノンのキャラクター、団体、歴史、そういったものも含みます。

次に2.です。この世界では異常が多発します。メインカノン以上に、強烈に、です。事の発端は1998年のヴェール崩壊でした。人類全体が”異常”の存在を知ったことにより、その意識を元に構築されている現実そのものもまた異常な方向へと舵をきっていったのです。これに伴い、世界では続々と異常が発見されるようになりました。異常疾患や異常災害等の新たな脅威が現れただけでなく、様々な要注意団体による大規模な異常事件も発生します。

これら事件はどれも強烈なビジュアルを持ち、起きる規模も都市や国家単位、十分に大規模収容違反やK-クラスシナリオに相当するものです。しかしながら人類はこうした事態を乗り超え、着実に発展していきます。はい。これが3.の要素です。この世界の人類は恐ろしく強く、あらゆる困難を打倒し前進していく存在として設定されています。もちろん、個々は脆弱です。しかしながら


なんだか疲れちゃいました


おっきめのできごと

  • ロシアが中東で夏鳥を爆撃 (大黒工業七名労災死亡事件 労基法違反等の書類送検で調整 厚労省)
  • MC&D 株価暴落(プロメテウス アンドロイド事業でARと資本提携を発表)
  • 島根δクラス現実改変者 粛清を公表 GOC(帝大生の就職先人気ランキングが発表 パラテク、正常性維持機関が人気)
  • インド次元路復旧作業 東弊重工 無償受注(帝大生の就職先人気ランキングが発表 パラテク、正常性維持機関が人気)
  • アメリカ次元路で大規模なエラー(アルファニチロ社長 「特殊人工芋にもっと汎用性と利便性を」)
  • ヴェネツィアで大規模爆発 CFO構成員によるテロか(長野市AFC殺傷事件 日奉蓮被告に死刑判決 長野地裁)
  • ロンドンで大規模な爆発事故(Yakushiに談合及びカルテルの疑い 公取委が立ち入り検査)
  • 米、夢界の麻薬汚染(超高次元マンション、欠陥工事相次ぐ 慎重な制定が裏目に出たか)
  • 街に蔓延するパラドラッグ 財団施設の暗い影(理外研電算機 身売りを含む選択肢を検討中)

闇寿司

正道から外れ、卑劣な手を使うようになってしまった邪悪な寿司屋。1998においては主にちょっと変わったネタを提供する寿司屋程度の扱いであり、今のところ寿司を回している様子は見られない──が、影で回している可能性は十分あるだろう。

ジョン・ドゥ・カルテル

コロンビアで活動する超常麻薬売買組織。政府を乗っ取って国全体に超常麻薬を垂れ流し、異界が如き様相に変えてしまった。UIUによって掃討活動が行われたものの、直後に傀儡となったコロンビア政府があらゆる政治的干渉・正常性維持機関からの独立を宣言し、国家ごとボゴタ上空1500mに転移。以後空中国家となったコロンビア(通称オルタナティブ・コロンビア)で支配を続けている。


帝都──というのはあくまで通称だが、この街には実際その言葉が相応しいように思えた。崩れ去った東京からここ群馬の地へと首都機能を移した際、政府はありったけのパラテクをこの街に叩き込んだ。おそらくは国内産業の活性化を目指したのだろう、東京事変で激しく落ち込んだ産業も、一部だけとはいえ再び業績を回復させていった。そして今この地には数えきれないほど無数のビルが建ち並び、その4割は大企業の本社だった。

これだけ大きなビルなのに、その内部には更に空間拡張が施され、更にビル同士が接続され、ビル内はある種の都市国家が如き様相であるらしい。らしいと言うのは、そんなたいそれたビルになど入ったことはなく、また入れるような身分でもないからである。

パラクライマー──特殊犯罪者の格好つけた呼び名だ。俺と、その後ろにいる男ども2人、俺たちはみなパラクライマーだった。そして今、俺たちはたいそれたことをしでかして、高速道路で特事課の石頭どもとカーチェイスしているってわけだ。

「直ちに止まりなさい!」
「やーーーーーなこった!止まったら捕まるだろバーーーーーカ!!!」
「おいイブキ、あれ貸せ」
「ほいよ、これかい? トール」

そこで叫んでるバカはキョウジ、燃えるように真っ赤な髪と、常に燃えてるハイな精神を持つ。だが猫舌だ。基本的にはチームの特攻隊長と──こうやって警察とかにケンカ売る仕事をしている。

俺の隣にいるこの灰色髪はトール。キョウジのことをバカだバカだと言うが、たいがいこいつもバカである。チームの頭脳面だと自負しているそうだが、いつも女に言い寄られては金を騙し取られている。

そして俺は


状況

日本

アメリカ

ポーランド

1998年の神格降臨において、出現した神格との戦闘と撃破時の奇跡論的バックラッシュによって南部が壊滅。建造物は尽く消失し、カック灰による深刻な汚染が問題となる。事件に伴って世界中から様々な団体が支援や調査のために訪れ、特に業績が悪化し倒産目前だったプロメテウスは被災地復興によりある程度回復を見せ、ヴェール崩壊と共に発生した第二次パラテックバブルで完全な復帰を遂げた。現在も夏鳥思想者など一部にはポーランド差別が生きており、問題となっているようだ。

アフリカ・南米

コロンビア


なんかかっこいいテキスト

1998年。ポーランドでの一件はヴェールを破き去り、異常や財団は公知のものとなった。世界が変貌し始めたのはそれからだ。


概要

1998年は、普段とは異なる、とある別世界について皆で創作していく合作プロジェクトです。この世界は主に以下3点の特徴を持ちます。

  1. ヴェールが存在しない。
  2. 大規模な異常事態が続々と発生する。
  3. だが人類はしぶとく、あらゆる困難を乗り越えていく。

まず第一に、この世界にはヴェールが存在しません。1998年7月にポーランドで起きた巨大神格実体との戦闘、そしてその余波によって、財団とGOCは自身と異常の存在を隠し通すことが出来ませんでした。ヴェールの崩壊後、異常に曝露したことによって人類全体の認知は徐々に変質していき、認知に基づいて規程される”現実”もまた、少しづつ変わっていきました。

世界には更なる異常が姿を見せ、また異常疾患や超常災害といった新たな脅威が現れ始めました。ヴェールの崩壊やこれら増加する異常事象に対して、様々な要注意団体の活動が活発化しました。プロメテウス研究所を筆頭に、多数の団体がメインカノンとは異なる歴史を歩んでいきました。

プロメテウスは存続し、そしてそれに伴って世界は超常技術パラテック産業に沸き立ちました。社会は急速に発展し、電脳や結界といった技術は街角で見られる代物となりました。人型実体の人権に関しても段階的に認められていっています。かつて夢見るしかなかった未来はもう、すぐそこにあるのです。

しかしながら、道程には得てして困難が立ち塞がるものです。このカノンにおいて、それは巨大な超常事件として現れます。これらの事件は大規模収容違反、あるいは何れかのK-クラスシナリオに相当し、余りに無茶苦茶で、なおかつ甚大な被害を齎します。都市や国家は破壊され、不条理が人々に襲いかかります。このような事態の中で、人類はパラテック、そして人類自身の精神で以てそうした苦難を乗り越えていきます。この世界の人類には幾度となく夜が訪れますが、明けない夜は無いのです。

一歩。

また一歩。

sky.jpg

未来あすへと進みましょう。

 

pattern01

メインライン

カノンの主軸となる物語です。いずれもある超常事件と、人類との闘争を描いたものとなります。

サブライン

世界観を補完する物語です。こちらはカノンに所属することを除いて、特に制限はありません。

アートワーク

カノンに関連するアートワークです。

 

pattern02

タイムライン(全記事同列)


http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/1998-hub-ver2


注意すべきポイント

これらのポイントは重要ですが、絶対的なものではありません。作品が本当にこのカノンであるべきか考えてみてそうだと言うのならば、それで作品が面白くなるのであれば無視しても構いません。

連続性

確かにこの世界にはヴェールがありませんが、それだけでは「壊された虚構」と何も変わりません。このカノンで執筆する場合は、連続性を意識することが重要です。様々な超常事件、要注意団体、そうした要素から連想を膨らませてみてください。

トーンの維持

このカノンはポジティブです。もちろん、個々のストーリーを見てみれば悲惨なものは数あります。ですが全体としては前向きで、人類は止まりません。(ここいるかな)


宇宙クラスタK-98群に関する調査報告
多元宇宙業務部門作成


概要: 宇宙クラスタK-98は、1998年7月にポーランドで発生した神格存在出現事件2を起点に基底宇宙から分離した宇宙群の指定です。これらの宇宙はいずれも上記事件によってヴェール体制が廃止されており、多くの場合で〜

多元宇宙業務部門、通称マルチ-U。彼らは様々な宇宙を観測し、それをファイリングし、必要であれば──滅多にないことだが──その宇宙に干渉する。そしてまた、様々な宇宙同士のマルチ-U同士でのネットワークも存在する。

宇宙A-017の宇宙調停官であるアイリス・オーザキは今、そのネットワークの会議に参加していた。議題はとある宇宙クラスタについてだ。


タイムライン K-998: 黒の女王が使用するタイムライン分類における、この世界の番号。そのぶっ飛び度合いから大体の場合で驚嘆される。


ロケーション

ロケーション/事件/タイムラインが被るのが悩みどころである

ポーランド: 1998年の神格存在出現事件により南部が更地となったことに加えて、カック灰堆積による広域現実汚染が問題となっている。事件発生後には世界各地から様々な団体が研究や支援のために訪れた。ポーランドの復興とヴェール崩壊に伴う第二次パラテックバブルの到来により、倒産間際だったプロメテウスラボが再建する。一部ではポーランド人への人種差別が存在し、問題となっている模様。

マンハッタン: 2001年の次元崩落テロにおいて、ありとあらゆる異常存在が跳梁跋扈する魔境となる。都市の大部分が破壊されるも、事態収束後には財団、GOC、そして契約を結んだ悪魔実体らによって再建。2011年現在では悪魔実体と人類が共存するようになっている。

サイト-81Q5:

東京:

コロンビア:


アキヴァって何?

アキヴァ(Akiva)は”黄金の夜明け団”のとあるメンバーによって命名された、”奇跡力”なるものの単位です。ヘブライ人の殉教者”アキバ・ベン・ヨセフ”がその名の由来となっています。
”アキヴァ放射”はこの奇跡力の発散を意味していると考えられます。地球全土はアキヴァ放射によって覆われており、ある程度の奇跡量が維持されています。
地球全土にアキヴァ放射を発生させているのは偏在性を持つ創造神ヤハウェであると考えられ、これによって人類や世界には神の取り決めた法則が課せられています。アキヴァ放射の無い空間=ヤハウェの居ない空間ではヒュームレベルが急上昇したという実験結果、そして記事最後の”聖約”からは、ヤハウェはアンラ・マンユを抑え込んでいるのではないかと推測できます。
しかしそうだとした場合、アンラ・マンユはアキヴァ放射を発さないことになります。もしかすると記事中ではアキヴァ放射はヤハウェのみから出されるものであるか、あるいはアンラ・マンユは神格でもない何か別の存在であるのかもしれません。
さてここらでアキヴァ放射に関して一般化をしますと、アキヴァ放射とはヤハウェによる現実への干渉です。そして私のヘッドカノンとしましては、ヤハウェのみならずあらゆる神格、更には神格に限らず奇跡的存在/事象は皆大なり小なりアキヴァ放射=奇跡的干渉を生じると考えています。アキヴァ放射が大きいほうが相手の法則を自分のものへと上塗りします。神格はこれによって自身の法則を周辺現実に付与することが可能です。Tale"1998年、初夏"においては、これはUE-1076の周囲の生物のセミ化等で表出しています。


管理メモ: 各GoI/PoI登場元 ~ Dr_Kasugai
アリソン: 狂騒序曲, SCP-2910-JP, アハシマ(別世界)
クレフ博士: 狂騒序曲, SCP-2910-JP, SCP-2911-JP
dado: UIUファイル: 1999-074
広末孝行: マンハッタン次元崩落, 理外研身売り
堀街医師: SCP-2041-JP
コヴァルスキ: SCP-1710-JP, SCP-2911-JP, 1998念初夏, SPC-1710-JP
SCP財団: カノン全体
信濃中央新聞社: 東弊5年連続赤字, Yakushi立ち入り検査, プロメテウスARと資本提携, 東京事変受け新都心構想発足
カオス・インサージェンシー: シーズン2全体
恋昏崎新聞社:


このカノンにおける日本生類創研/ニッソ医機の関連記事の一覧はこちら


すげー好きなTale-JP

  • 悪夢の日
  • 無縁
  • 1998年、初夏
  • 鳥が鳴く国の官僚
  • Files: KTE-3317-Green-Sunset
  • 世界オカルト連合極東部門 新入職員へのオリエンテーション
  • 財団管理部門人事教育部作成: 政治史講義テキストからの抜粋
  • 降りられなくなった猫
  • 肉体を統べる者
  • 鹿島の「カ」は
  • パレード──五行推参
  • 静かな森
  • 月下美人を笑わせようとした男
  • 宴の後、夜のはじまり
  • ある少女の死
  • それでお前は結局誰なんだよ
  • 宴の後、闇夜に走り
  • 灰より出でて、再び 前篇
  • 揺籃外去
  • 信仰と理性のアルカディア
  • 緋色の鳥よ
  • ハエトリ計画特殊対処事例-1:作戦名"霧迅"
  • 空が落ちるとき戦うものたちへ──
  • ねこ
  • [データ削除済]への追悼
  • 猫だけが知らない
  • アイリの嘆く水曜日
  • コネクション・ターミナル
  • SCPフロント-JP
  • ひかりの、くに
  • 御先に失礼
  • 悪夢の日-1:孤独の朝
  • 悪夢の日-2:胡乱な雨
  • 日本財団昔話「桃太郎」
  • カルキスト・イオン株式会社から流出した広告チラシ原案
  • 宇喜田博士の死と変容、そしてその首から下に中国人女性の肉体が使われることになった経緯
  • 天空の都アウダパウパドポリス
  • ミッション・ベアハント
  • ykamikuraの提言
  • ボルドーに火は高く
  • 幻島同盟の手引き・ウェッブ版
  • MK-クラスシナリオ
  • SCP-682は死に、生き返る

Class of '76ガイド

オーケイ、それでClass of '76って何だ

Class of '76、または単に76年シリーズとも呼ばれる、は1970年代にティーンエイジャー達に起きた奇妙な異常事象群およびその余波からなるシリーズです。主にアメリカ南東部を舞台としており、特にそこのとある町でのストーリーを軸とします。

このシリーズでは”高校”、”記憶”、”音楽”がキーワードとなっており、全体的には懐古とホラーの入り混じった気持ち悪さで特徴付けられます。

失神交響楽とは

シリーズの各所では”失神交響楽(Syncope Symphony)”と名乗る団体が登場し、物語で重要な役割を担っています。結論から言ってしまうと彼らの正体は不明です──なんちゃら

SCP-4833では失神交響楽そのものがSCP指定され、世界各地で活動する現実改変者達の集団であるとされています。記事中では彼らはSCP-2000での世界リセット前の旧人類であるとして設定されいますが、この記事の著者はシリーズの原著者とは別であり、異なる解釈の下に執筆されていることには留意すべきです。この設定を採用するかどうかは個々人に任されています。

”湖”とは?

”彼女”とは?

”彼女”はシリーズの各所で言及される存在であり、多くの場合は”シンディ”の名で呼ばれます。しかしながら各記事の描写からは彼女は実在せず、影響を受けた人物の”記憶”の中だけに存在しているかのように見受けられます。

Tale「Illegitimum Non Carborundum; Domine Savium Fac(あんな奴らに根負けするな!/主よお救い下さい)」では1875年にメアリー・グリーノウ・チェーズなる名前の女児が産まれ、後に池で溺死した旨が記されている。記事の内容を踏まえるに、彼女は生を望まれず誰の記憶に残ることもなく例の”湖”で殺害された/に死体遺棄されたのではないかと推測できる。”彼女”はここから産まれたのだろう。この記事はメインカノンとは異なる歴史を辿るカノン”死人の手札”に属する記事だが、メインカノン側でも似たような出来事が起きていてもおかしくはない。

”指揮者”とは?


シーズン式

折りたたみ/タイムライン式


なんか疲れてきちゃったので懐いてる人にすりついて寝ときます