鎹博士の研究室
評価: 0+x


[

[画像未掲載:詳細はディスカッション参照]

画像未掲載。詳しくはディスカッションを参照。

[画像はこちら]
SCP-XXX-YY
クリックで画像を開く
収容中のSCP-173

批評用

SCP-3789 - Abyssal Basalt 'Jellyfish' (深海性玄武岩"クラゲ")

評価: 0+x
trench.jpg

アタカマ海溝、暗青色のラインで示されている部分。/The Atacama Trench, represented by the dark blue line.

アイテム番号: SCP-3789

オブジェクトクラス: Euclid (協議中 pending)

特別収容プロトコル: SCP-3789が僻地に存在することから、直接的な収容は不要であると見なされています。民間組織によるアタカマ海溝底への探査計画はいかなるものであっても防止されねばなりません。

Special Containment Procedures: Due to SCP-3789's remote location, direct containment has been deemed unnecessary. Any planned expeditions to the bottom of the Atacama Trench by civilian organizations are to be discouraged.

説明: SCP-3789はアタカマ海溝で発見されたこれまで未発見の非生物学的種であり、未知の組成の細い触手で保持された玄武岩の砂粒から構成されています。SCP-3789はライオンタテガミクラゲ (Cyanea capillata) に類似した形状を持ち、その体長は14mから55m以上のものまでと様々です。

Description: SCP-3789 is a previously undiscovered, non-biological species found in the Atacama Trench, composed of basalt granules held together by thin tendrils of unknown composition. SCP-3789 instances have a shape similar to that of the lion's mane jellyfish (Cyanea capillata), and vary in length from 14m to over 55m.

SCP-3789の生きた検体を捕獲する試みはこれまで失敗しています。加圧コンテナを用いた場合であっても、SCP-3789は上昇中常に凝縮力を失ってゆき、海面下7.5~8kmほどの深さに到達すると塵状に分解してしまいます。

Attempts to capture live specimens of SCP-3789 have so far failed. Even when pressurized containers are used, SCP-3789 instances always lose cohesion during ascent and decompose into dust once the depth reaches above 7.5-8 km below sea level.

SCP-3789の触手と傘は発光性であり、青く輝きます。SCP-3789は触手の接触を介することで他個体とのコミュニケーションを行うようであり、その際目視可能なスパークが発生します。

SCP-3789's tendrils and bell are luminescent, and glow blue. SCP-3789 instances appear to communicate with each other via contact between their tentacles, which causes visible sparks to appear.

SCP-3789は各腕の先端付近に目視できる口を有しており、いずれも歯に似た丸い石が小さく同心円状に並んでいます。SCP-3789は時折、海底の沈殿物にその腕を伸ばし入れる (最低深度10m) ことによって、餌を採っているようです。

SCP-3789 possesses several visible mouths near the ends of each arm, all lined with concentric rows of small, rounded stones analogous to teeth. SCP-3789 appears to feed sporadically by extending its arms at least 10m deep into the sediment floor.

また、一部のSCP-3789個体は大きな卵型の構造体を腕の先端にいくつか有していますが、その目的は不明です

Additionally, some SCP-3789 instances possess large ovoid structures on the tips of several of their arms. The purpose of these is unknown.

補遺3789-01: 最近の観察において、SCP-3789の群れが不規則に四散し始めました。腕の先端にある構造体が明るく輝き始めるとともに、海底が振動しました。海底に巨大な亀裂が開き、体長およそ35mの大型生物が出現しました。この生物はウミガメに似た姿をしており、溶岩と岩石から構成され、その甲羅は数カ所に穴が開いていました。この生物はSCP-3789の群れに向かって泳ぎ、その際に長さ10mの歯 (後に鉄-ニッケル合金製と判明) が実体に開いた傷痕から抜け落ちました。

Addendum 3789-01: During the most recent sighting, a group of SCP-3789 instances began moving erratically and scattering. The structures on the tips of their arms began to glow brightly, and the seafloor shook. A large fissure opened in the seafloor, and a massive creature approximately 35m long emerged. This creature was chelonian in shape, composed of magma and rock, and its shell was punctured in several places. This creature swam towards the group of SCP-3789, and a 10m long tooth, later determined to be composed of an iron-nickel mixture, fell out of one of the entity's puncture wounds.

数体のSCP-3789個体が腕の構造体を用いて実体への殴打を試み、数度の爆発を引き起こしました。この攻撃による放電と衝撃波によって大半の記録機器が破壊されたものの、残った2台のカメラが亀型実体がその口に2体のSCP-3789個体を咥えているのを録画していました。咥えられた2体はあらゆる動きを止め、亀型実体は亀裂へとそれらを引きずり込みました。その後すぐに亀裂は閉じられました。分析の結果、インシデント付近における水中での幾度かの化学爆発の痕跡が認められました。

Several SCP-3789 instances attempted to strike this entity with their arm structures, causing several explosions. Electrical discharges and shockwaves from these attacks damaged most recording equipment, but the two remaining cameras managed to record the chelonian entity taking hold of two SCP-3789 instances in its mouth. Both instances ceased all motion and the chelonian entity dragged them into the fissure with it. The fissure sealed shortly afterward. Analysis found traces of several chemical explosives in the water near the incident.

この亀型実体は暫定的にSCP-3789-1と指定され、地震波解析を用いた追跡と特定の努力が進行中です。

Efforts to track and identify the chelonian entity, tentatively designated SCP-3789-1, using seismic wave analysis are underway.

出典: SCP-3789 - Abyssal Basalt 'Jellyfish'
著者: WerylliumWeryllium
訳者: Dr_KasugaiDr_Kasugai
タグ: animal/動物 aquatic/水棲 chelonian/亀 chemical/化学 electrical/電気 euclid invertebrate/無脊椎動物 reptilian/爬虫類 scp species/種族 stone/石 uncontained/未収容

△批評用ここまで△


▽以下は作業用のスペースです▽

作業用

クレジットモジュール

評価: 0+x


[


インフォメーション

要注意団体ごとにアルファベット順に整理された、全てのGoIフォーマット文書のリストです。文書フォーマットの無い団体はこのページには表示されません。その団体のフォーマットが利用可能になると追加されます。

各要注意団体のハブページが存在する場合は、そこへリンクされています。これらのハブには、GoIに関する詳細情報とフォーマットの使用方法が記載されています。

要注意団体についての詳細はこちらをご覧下さい。

GoI文書一覧

Alexylva大学

アンダーソン・ロボティクス

Are We Cool Yet?

CN
FR

黒の女王

JP
FR

カオス・インサージェンシー

KO

シカゴ・スピリット

FR

壊れた神の教会

第二ハイトス教会

FR

ザ・ファクトリー

第五教会

CN

世界オカルト連合 (GOC)

JP
KO
CN
FR

ロシア連邦軍参謀本部情報総局"P"部局

FR

ハーマン・フラーの不気味サーカス

JP
FR

境界線イニシアチブ

FR

大日本帝国異常事例調査局

マナによる慈善財団

JP

マーシャル・カーター&ダーク株式会社

KO
CN
FR

「何者でもない」

CN
DE

イスラム・アーティファクト開発事務局 (ORIA)

CN

オネイロイ・コレクティブ

JP

株式会社プロメテウス研究所

JP
CN

サーキック・カルト

FR

蛇の手

KO
CN
FR
PL

サメ殴りセンター

JP
CN

連邦捜査局(FBI)異常事件課(UIU)

FR

ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ

CN

中華異学会

CN
FR

聖クリスティーナ学院

CN

Gpエクスプレス

CN

ニルヴァーナ

CN

ヒューマニストの貴族たち

FR

第25局

DE

カエクス・カーネリアナ・コレクティブ

DE

第四帝国

DE

魔術師学会

DE
FR

ラプターテック・インダストリーズ

DE

異常利用特殊部隊

DE

異常利用特殊部隊 (デリバティブ)

DE

その他/小規模な要注意団体


作業用

-

SCP-3581 - コルネリウ

評価: 0+x
Corneliu.jpg

壁の破片に描かれたSCP-3581。作者不明。/Rendition of SCP-3581 broken from an incomplete mural. Artist(s) unknown.

アイテム番号: SCP-3581

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-3581は遥か昔に死亡しており、未だ遺体が未回収であるため、SCP-3581に対する外部の情報源はごくわずかです。SCP-3581周辺情報は発見地であるウクライナの地域の地元民話として受け継がれることになっています。ウクライナ国アルジス市の遺跡は、プロジェクト終了まで財団エージェントによって監視され続けます。何らかの更なる関連情報が発見された場合は、財団は購入または再分配といった手段で該当資産を差し押さえることになっています。

Special Containment Procedures: As SCP-3581 is long deceased, and any remains are yet to be recovered, interest of outside sources towards SCP-3581 is negligible. Information surrounding SCP-3581 is to continue to be perpetuated as a local folk tale in the region of Ukraine where it was discovered. The archaeological site near Artsyz, Ukraine will continue to be monitored by Foundation agents until the conclusion of the project. In the event that any further relevant information is discovered, the Foundation is to seize the assets by means of purchase or redistribution.

説明: 回収されたアーティファクト群の説明・描写を基にすると、SCP-3581はMeleagris gallopavo、あるいはウクライナ国内固有のシチメンチョウであったと考えられます。特筆すべきことに、この種は完全に北アメリカ固有種です。どのようにしてその内の一匹が現在のウクライナへとやって来たのかについてはわかっていないものの、奇跡論的改変が疑われています。SCP-3581に関連する回収されたアーティファクトは紀元510年頃のものであり、対象がサーキック・カルト1の教義に影響を受けた、小規模な独立文明の一員であったことを示唆しています。

Description: Based on descriptions and depictions from recovered artifacts, SCP-3581 is believed to have been a Meleagris gallopavo, or domestic turkey. Notably, this species is exclusively native to North America. The manner in which one of its members became relocated to modern day Ukraine is unknown, but thaumaturgical tampering is suspected. Recovered artifacts related to SCP-3581 have been dated to around 510 A.D., and suggest that it was a member of a small and short-lived independent civilization with a culture influenced by the teachings of the Sarkic Cults.2

家禽類であったにもかかわらず、SCP-3581は家禽として利用されることはなく、社会においてきちんとした地位を有していました。対象は元々上記の目的のために入手された/捕えられたものの、影響力ある女性に養子として引き取られたことで免れ、ついには地元の有名”鳥”となりました。歴史的文献はまた、彼の養子家族から”コルネリウ”として名づけられたSCP-3581に知性があるとするものの、この程度は現在の記録では判別することができません。

Despite having been a domesticated animal, SCP-3581 was not used as livestock, and seems to have held a respectable position in society. Though it was originally acquired for the former purpose, it was spared upon having been adopted by an influential woman, and eventually became a local celebrity. Historical texts also point to SCP-3581, named “Corneliu” by its adoptive family, having been sapient, though the extent of this cannot be verified by current records.

翻訳された歴史記録によると、干ばつと相対的な孤立の組み合わせにより、SCP-3581の住む都市は10ヶ月間に渡る飢饉に陥りました。上級家庭の一員であったために即座に飢える危険は無かったものの、SCP-3581は飢えた家族に食料を与えるため、自らを犠牲にすることを選びました。しかしながら、翻訳された文書によると、SCP-3581によりこのような事象が引き起こされたとされています。”彼は[燃え上がり]、調された肉が下で待つ籠へと向け、空から降り注ぐかのように…[散らばった]”と。これが事象の正確な表現であるのか、歴史家による賞賛的誇張であるかどうかは現在ではわかっていません。SCP-3581の犠牲は飢えによる数多くの死を防いだと思われるものの、紀元570年以降のこの都市の歴史的記録は他に存在しておらず、以降10年間に、移住やその他の要因でこの小さな文明は必然的に分裂したのだと思われます。

According to translated historical records, a combination of droughts and relative isolation caused a period of famine that lasted for ten months in the city in which SCP-3581 resided. Despite having been a member of an upper-class family and therefore not at immediate risk of starvation, SCP-3581 willingly chose to sacrifice itself to provide food for starving families. However, according to translated documents, this occurred by SCP-3581 “[lighting] itself aflame and [dispersing]… such that cooked meats rained from the sky into baskets waiting below.” Whether this is an accurate representation of events or exaggerated praise by a historian is currently unknown. Although the sacrifice of SCP-3581 is believed to have prevented many deaths by starvation, no other historical records of the city have been dated past 570 A.D., and it is likely that within the following decades, emigration and other factors caused the small civilization to inevitably divide.

補遺: 以下はSCP-3581関連文書の部分的な翻訳です。完全版に関しては、古代ユーラシアの文明・都市に関するSCPFNアーカイブの”セダサ”の項を参照してください。

Addendum: The following is a partial translation of a recovered document relating to SCP-3581. For the complete texts, refer to the section on “Sedasa” in the Ancient Eurasian Civilizations and Cities SCPFN Archive.

約束の通りに、コルネリウは彼の家から歩みいで、集合場所への道を粛々と歩いていった。何人かの人々は、彼が自身を殺すように頼むと思い、鋭いナイフを携えてやって来ていた。しかし彼が立ち止まった時、彼はその嘴(と舌)を数回鳴らしただけで炎に包まれ灰へと消えた。彼の羽根から漂う煙はその調された肉を持ち上げ、空から下で待つ籠へと向けて雨のように降らせた。彼がどこでどのようにこうした魔術を習得したかは定かではなく、魔法使いすらもその問に答えることはできなかった。供されたコルネリウの肉は他の動物と比べても並外れて大きく、飢え死ぬだろうと思われた彼の家族を救う恩恵となった。炎が消えた時には、コルネリウの身体はほとんど残っていなかった。しかし、回収できるだけの灰と残骸が箱へと入れられ、彼の家3の床下へと埋められたのだった。

As promised, Corneliu stepped from his home and trodded solemnly down the path to the gathering place. A few people who had come to pay their respects waited with sharpened knives, believing that he would ask to be slaughtered. But when he stopped, with a few clicks of his beak and tongue he lit aflame and dispersed into ashes, and the smoke from his feathers lifted such that cooked meats rained from the sky into baskets waiting below. It is unsure where or how he learned this trick; the magicians could not answer when asked. Corneliu’s flesh proved to be quite abundant for an animal of his size, and it has been a saving grace to the families who believed that they would starve. Not much remained of Corneliu’s body when the flames died out, but the salvageable ashes and remains were placed into a box and buried beneath the floor of his home.4

出典: SCP-3581 - Corneliu
著者: WydnessWydness
タグ: animal/動物 avian/鳥類 empathic historical/歴史 neutralized sapient/知性 sarkic scp sentient


アザック ハブ

評価: 0+x





Atzak.png

















アザック Ⅰ

アザック Ⅱ

アザック Ⅲ

Atzak IV



















I've done the math enough to know / the dangers of our second guessing.


以下の記事に対し、原語版に存在しないタグの付与を申請します。

補足


ToDo
翻訳: SCP-3581
翻訳: SCP-3789
翻訳: SCP-2651
翻訳: SCP-709-KO
翻訳: Atzak Hub
フォーラム: 外部サイトの翻訳記事の掲載場所に関する提案
更新: GoIフォーマット一覧
製作: GoIフォーマット一覧-CN/DE
2674/3826/4067/4140
dr_k_todo
Here is a place for your title Click me to edit ! false

警告



SCP-XXX-JP

[工事中]

XXXX



鎹博士の人事ファイル

カエルくんの画像はPixabayより。CC0です。


人事

[該当のファイルは存在しません]


執筆

ここには執筆中のオリジナル記事の下書きが配置されます。


翻訳

ここには翻訳中の記事の下書きが配置されます。


その他

その他わけのわからないものたちです。