domuheiの下書き
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全国の薬局や病院に潜伏しているエージェントは処方される薬物を逐次チェックしてください。SCP-XXX-JP-1またはSCP-XXX-JP-2が発見され次第カバーストーリー「欠陥品回収」の元回収してください。フィールドエージェントは全国のスーパーでSCP-XXX-JP-2が売ってないか監視してください。一般人の購入者が現れた場合は記憶処理を施したうえで回収して下さい。回収されたSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2はサイト-81-██の危険物収容タンクに収容して下さい。どんな理由であろうとSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2を焼却や気化させるような行為は禁じられています。

またSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2に関連する事件が発生した場合は「化学物質の漏洩による立ち入り禁止」というカバーストーリーを公布し、24時間体制で影響領域をテントで隠蔽し、内部を全て監視できるよう監視カメラを設置してください。SCP-XXX-JP-2の影響領域の植物が繁殖期に入った場合、領域への実験や立ち入りは禁止です。SCP-XXX-JP-2のテントから細菌の漏洩があって近隣の一般人に被害があった場合は一般人を拘束し経過を観察して下さい。細菌の感染によって死亡した場合は密閉した上で遺体を焼却処分して下さい。
SCP-XXX-JP-2を使用した化学兵器が使用された場所には人目を避けるため遮蔽・防菌テントを張り、PMCの24時間交代警備をして下さい。遮蔽テントには植物の状況を観察するため監視カメラを最低20箇所にテント設置の時期にDクラス職員が酸素服を装備し設置します。遮蔽テントは完全封鎖し絶対に破損を避けて下さい。もしテントが植物の繁殖期に破損した場合はカバーストーリー「伝染病」を流布して下さい。「伝染病」に侵された感染者の遺体は確実に焼却して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは公では、200█年に倒産したとされる株式会社カワロウ製の「脱毛剤」と印刷された育毛剤(以下SCP-XXX-JP-1)と「育毛剤」と印刷された脱毛剤(SCP-XXX-JP-2)です。SCP-XXX-JPはどちらも内容物が未知の物質で構成されています。SCP-XXX-JP-1を育毛剤として、SCP-XXX-JP-2を脱毛剤として使用する分にはDクラスを使用した実験で安全と判断されました。

主な特異性はSCP-XXX-JP-1、2の内容物を気化させた時に発現します。SCP-XXX-JP-1を気化させると空気中の炭素を還元させる物質になります。ですが空気中の物質比率が安定せず酸素99.8%1の領域を生み出します。物質比率が何故酸素99.1%の状態になるのかは不明ですが、内容物の未知の物質が原因かと思われます。領域内での生物は生存不可能です。この領域での火気は補遺1を参照してください。

SCP-XXX-JP-2を気化させると炭素を空気中に発生させる物質に変化します。この物質が何故元素である炭素を発生させ続けてるのかは現在研究中です。従って影響領域での二酸化炭素濃度は急上昇します。この領域では植物以外の生物は生存不可能です。植物は大量の二酸化炭素と残った微量の酸素を吸います。更に物質の影響を受けた土中は物質で満たされています。この物質は植物にとって栄養素となっています。この環境が形成された結果1~2週間程度で急成長し巨大化します。成長した植物は、未知の細菌を特殊な生態系の中で生み出します。この細菌は植物の繁殖期に花粉に付着して移動します。

細菌が生物の体内に入った場合、第一段階に全身の体毛が脱毛します。次に、感染者の体内の臓器や骨組織が発毛します。第二段階は体内が発毛した感染者は体内に発毛した体毛に不快感を感じます。その後最終段階に移行します。体内で発毛した毛はすべて脱毛し結果として、体毛が血管に閉塞、心筋梗塞や脳溢血などを併発し死亡します。死後、感染者の死体はSCP-XXX-JP-2領域内の生態系を作る苗床となり、領域を拡大させます。

SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2の発生した物質は比重が重いため█ha程度の被害規模で収まっています。

SCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2は200█/█/██に財団フロント企業が募集テナントを買収した時に発見されました。SCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2はテナントの床下に1██本以上のSCP-XXX-JP-1、またはSCP-XXX-JP-2に埋没されていました。テナントは数年前に株式会社カワロウのテナントでした。この大量のSCP-XXX-JPと共に欠陥品回収の名簿も発見されました。名簿からSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2は少なくとも1████本は出荷されていることが明らかになり、現在も尚、会社が倒産にも拘わらずチェーン店や薬局、病院などに流通しています。
 
近年、「廃品回収会社しりこだま」という廃品回収会社がSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2の回収を集中的に行っていることが明らかになり追跡した所、このSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2を密輸してることが判明しました。その後密輸ルートを捜査しましたが、██個に昇る反社会組織団体を経由し南米、東南アジア、中東などに渡っている記録までは取得できましたが具体的に最終的に何処に渡っているかは不明です。廃品回収会社しりこだまは所有する建物などは現在未確認です。

補遺1:201█/█/██、中東の███の█████付近の集落にSCP-XXX-JP-1の性質と一致する化学兵器が使用されたという事件が現地のエージェントを渡って報告されました。数時間後SCP-XXX-JP研究チームから調査団が編成され現地に急行しました。しかし調査団が現地に急行する五時間前に、化学兵器が使用された地帯で███反政府軍と正規軍の衝突が起き、両軍の使用した火器が原因で影響領域は████度の炎上地帯に激変しました。5時間後にSCP-XXX-JP-1調査団が到着した頃には両軍████名が死亡、または行方不明となりました。その後収容手順が調査団の調査レポートによって確立されSCP-XXX-JP-1の利用された化学兵器と見られる領域█箇所が現地収容されています。

補遺2:201█/██/██、アフリカの██共和国にてSCP-XXX-JP-1の性質とほぼ同じ化学物質の研究をしている情報を███軍の兵器開発局に潜入しているエージェント██が入手しました。エージェント██は身分を詐称し化学物質の研究者と接触したところ、「物質は日本で発見された抽出技術を利用した」との証言が得られました。この証言から研究チームは「廃品回収会社しりこだま」はSCP-XXX-JPの密輸だけではなく技術提供をしているとの推測をしました。SCP-XXX-JP-1の技術流出を阻止するため兵器開発局の研究している物質は財団で意図的に劣化生成されたSCP-XXX-JP-1に入れ替え実験方法を記した記録なども別の物質の生成方法に入れ替えました。生成方法を知った研究者はエージェント██の事故偽装によって研究チームを解散に追い込みました。現在の所SCP-XXX-JP-1またはSCP-XXX-JP-2の技術を利用したとされる国は██共和国のみです。

補遺3:201█/█/█、南米█████に潜伏していたテロ組織を別件のSCiPの使用疑惑で監視していた所SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2が搬入されていることが組織アジト内の隠しカメラから明らかになりました。直ちに機動部隊「前進者」を急行させ組織構成員を制圧しました。SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2を回収しました。更にSCP-XXX-JP-2と共に3枚のSCP-XXX-JP-2加工品設計図が発見されました。構成員からの尋問から設計図は組織で設計し、SCP-XXX-JP-2はブラックマーケットで購入したとのことでした。回収されたSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2の製造年月日は一週間も経過していない新品でした。この事件から株式会社カワロウは何かしらの形で公には知られない形で存続していると見られます。制圧した構成員███名には記憶処理を施し、その後は国の警察機関に委任しました。

回収文書
1枚目:
環境保護団体███から発注された「森林生成機」
概要:SCP-XXX-JP-2の内用液を直射日光を集中させやすい天然樹脂の容器に入れ直射日光で気化させる。

2枚目:███の反政府団体から発注された「特殊迫撃砲弾」
概要:炸薬部分にSCP-XXX-JP-1を1mmほどのカバーの中に入れた迫撃砲弾。

3枚目:詳細不明のSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2を混入させたタンク
概要:構成員に聞いたところ匿名の発注との証言を得た。現在調査中。