Dokster3
rating: 0+x
IMG_0405.JPG

第2段階に変容中のSCP-1125-JP-2

アイテム番号: SCP-1125-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1125-JPはサイト-8102の防音ロッカーに収容します。防音ロッカーの内部には監視カメラが設置されます。同サイトにはシジュウカラを収容しないでください。SCP-1125-JPが過去に確認された位置から半径1kmは封鎖し、警備員に偽装したエージェントと監視カメラによって監視されます。SCP-1125-JP-1かSCP-1125-JP-2が確認された場合、速やかに確保してください。第2段階SCP-1125-JP-2の影響を受けた財団職員に対してはクラスA記憶処置を実施してください。第3段階SCP-1125-JP-2はサイト8141内の人型用収容セルに収容します。

説明: SCP-1125-JPは19×15×32cmの鋼鉄製の巣箱です。側面のうち1つの中心に直径3cmの円形の穴が空いていますが、対象が非活性の時は内側から蓋で塞がれています。清掃のために下扉が備え付けられています。SCP-1125-JPの内部は常に空です。対象は毎年7月〜9月に活性化状態になります。活性化状態になると、円形の穴からSCP-1125-JP-1が出現します。

SCP-1125-JP-1は体長が約80mmの雄のアブラゼミ(Graptopsaltria nigrofuscata)です。SCP-1125-JP-1の生態は他のアブラゼミに酷似していますが、通常の個体には無い生命力と寿命に加え温度への耐性を持ちます。空中を時速30km〜███kmの速度で飛翔することが可能です。オブジェクトが発する鳴き声を聞いたシジュウカラ(Parus minor)は、SCP-1125-JP-1がいる位置に一番近い水場に飛び込み「自殺」します。その後、頭部から組織がアブラゼミのものに変容を始め、最終的にSCP-1125-JP-2になります。

SCP-1125-JP-2には3つの段階があります。

  • 第1段階: 体長40mm程度のアブラゼミの幼虫です。変容が完了するとオブジェクトは岸に移動した後に地中に潜ります。これは地面が土以外の物質である場合でも同様です。観察の結果オブジェクトは地中約4mの位置に好んで留まる事が分かりました。
  • 第2段階: 地中に潜り数年が経過すると、オブジェクトは通常のアブラゼミと同様に成虫に変態します。しかしその直後に頭部から変容を始め、最終的にシジュウカラの雄になります。オブジェクトは通常の個体よりも遥かに高い生命力を持っています。この段階のSCP-1125-2は全ての人間に対して明確な敵意を持ち、殺害を試みます。オブジェクトの鳴き声を聞いた人間は突然自分が行なったあらゆる事に対して後悔し始め、何事に対しても無気力になり、最終的に自殺を計ります。より長く鳴き声を聞くほど、症状は一次関数的に悪化します。この症状は記憶処置を実施する事により改善されますが、完治する事はありません。殺害に成功し、なおかつSCP-1125-JP-2が生存していた場合、オブジェクトは第3段階に変容し始めます。
  • 第3段階: シジュウカラの頭部を持つ人型の生物です。頭部以外の特徴は人間と酷似していますが、通常の人間と比較して数倍の身体能力を持ちます。甲高い声で、ロシア訛りのある英語をはっきりと話します。対象はロシア人の名前を名乗ります。白いスーツに黒いネクタイを着用し常に、表紙に「聖書」と書かれたA6版の本を携帯しています。本の没収を試みると、対象は激しく抵抗します。対象は人間と会話することを望みます。その際に懐から表紙に「聖書入門編」と書かれた薄いA6版の本を取り出し、それを手渡そうとします。本は表紙と目次以外は未知の言語で記述されており、未だ解読には成功していません。拒否すると対象は怒り始め、未知の言語で怒鳴りながら暴力を振るい始めます。

補遺: SCP-1125-JPとSCP-1125-JP-1は19██年に日本の██県██村で「鳥が次々と水に飛び込んでいる」と報告を受けたエージェント█████に発見され、調査の結果オブジェクトの異常性が判明し、速やかに確保が行われ、周囲の住民にクラスB記録処置が実施されました。第2段階SCP-1125-JP-2は20██年にSCP-1125-JPとSCP-1125-JP-1が発見された所と同じ場所で発見されました。█名のエージェントが犠牲になりましたが、最終的に全ての個体の殺害に成功しました。第3段階SCP-1125-JP-2は20██年に日本の██県██町で「鳥人間が居る」と報告を受けたエージェント█████に発見されました。対象は激しく抵抗しましたが、最終的にエージェント█████によって確保されました。対象はエージェント█████を知っている様でした。周囲の住民に対してクラスB記録処置を実施しました。