dhueguang
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-CN-001
项目编号:SCP-CN-001

オブジェクトクラス: Jerusalem
项目等级: Jerusalem

特別収容プロトコル: SCP-CN-001は毎日午前9時から午後6時まで見学のため開放されます。
特殊收容措施: SCP-CN-001每日上午九时到下午六时开放参观。

説明: SCP-CN-001は絶対位置が東経116度、北緯40度1の、童謡砂漠のほぼ中央の位置にある、現サイト-CN-01の元の場所です。SCP-CN-001は財団中国支部の最初の拠点として、Administrator-CNにより125年2月27日に設立されました。最初は1枚の壁と1組の机と椅子だけだったSCP-CN-001は57年間絶えず拡張と収容物の追加を行い、全盛期にはサイトは213.7ヘクタールの土地を持ち、同時に186の収容物を有していました。その後財団中国支部の拡大及び他のサイトの建設につれて、サイト-CN-01は通信と交通の向上のために移設が実行され、そして本来のサイト-CN-01は退役後にSCP-CN-001として分類され、財団中国支部の出発点の記念として、現在はすでに人々が見学するための博物館として改築されています。

描述: SCP-CN-001是当代Site-CN-01的原址,绝对位置位于116度东经、40度北纬2,在童谣沙漠几乎正中央的位置。它作为基金会中国分部最早的活动据点,由Administrator-CN在125年2月27日成立。一开始只有一堵墙与一套桌椅的SCP-CN-001在五十七年间一路扩建并添加收容物,全盛时期站点占地213.7公顷,同时收容有186项收容物。之后随着基金会中国分部的扩张及其他站点的建设,Site-CN-01为了更好的通讯与交通进行迁址,而原本的Site-CN-01在除役之后被编为SCP-CN-001,作为基金会中国分部起始点的纪念,目前已被改建为博物院供人参观。

SCP-CN-001は現在5つの主要な展示エリア: メインエリア、植物園エリア、獣類園エリア、工芸品エリア及び人型エリアを有します。各展示エリアにはガイドが配置され、展示エリアのテーマの解説と観光客を案内する責任を負います。観光客は各展示エリアの入り口でスタッフに白衣を受け取ることができ、出館時に返却します。またエリア内には土産屋があり、財団のテーマに関連した様々な土産品を販売しています。SCP-CN-001自体は人間形態を主とした施設であるため、その他のタイプの訪問者には注意を払うか、来訪時に人間型に変えるべきです。カバラ共震器方陣の展開を通じて、SCP-CN-001及びそれに通じる何本かの主要幹線道路は各種生物に対する童謡砂漠の不利条件を相殺するために複数の翟烏力フィールドで覆われています。特筆すべきこととして、カバラ共震器自体もAdministrator-CNにより開発と制作がなされたものです。

SCP-CN-001目前有五个主要展区:主展区、植物园区、兽类园区、工艺品区以及人形区。每个展区内都设置有导览员,负责解说展区主题并导引游客。游客在每个展区入口可以向工作人员索取白大褂,并于离场时归还。园区内还有礼品店,贩售各种基金会主题相关的纪念品。由于SCP-CN-001本身是以人形本位为主的设施,因此其他类型的访客应多加留意或在参访时转变为人形。透过卡巴拉共震器方阵的运作,SCP-CN-001以及通往它的数条主要干道都复盖着翟乌力场以抵销童谣沙漠对各种生命形式的不利条件。值得一提的是,卡巴拉共震器本身也是由Administrator-CN开发并制作的。

補遺: 193年6月20日以来、Administrator-CNの行方は不明のままです。
补遗:193年6月20日以来,Administrator-CN持续下落不明。

周辺地理: SCP-CN-001は童謡砂漠の中央に位置し、周囲の砂は主に海螺砂と褐痕砂で構成されています。海螺砂の淡蒼球反応のため、同地のPhL値は一年を通じて1,000以上です、これにより一般の電気的または化学的な光学素子は損耗しやすく、また、光学機器による記録も歪みが生じる比率が極めて高いです。その一方で、褐痕砂の骨蝕場も大部分の有機生物にとって長期の居住は困難です。この全てはカバラ共震器の出現以降になってある程度改善しました。

周边地理:SCP-CN-001位于童谣沙漠的正中央,环境中的砂子主要由海螺砂与褐痕砂组成。由于海螺砂的苍白球效应,该地PhL值常年高于一千,也因此一般的电子性或化学性光学元件很容易耗损,同时此类元件纪录下来的影像也有极高的比率会失真。另一方面,褐痕砂的蚀骨场也使得大部分有机生物难以久居其内。这一切直到卡巴拉共震器问世之后才有所改变。

カバラ共震器が現れる前は、機械族が支配する機械と歯車の城、肉編骨族の神殿、非魚族の天の水柱及び各小部族の居住地が童謡砂漠の周辺地帯にまばらに点在していました。当時のAdministrator-CNは長い間各居住地を奔走し、SCP-CNオブジェクトの制作に利用できる材料を購入あるいは交換しました。カバラ共震器の大量投入と実用の後、周辺部族の活動空間と交流は日毎に頻繁になり、そして元々死の地と呼ばれていた童謡砂漠は繁栄し始めました。

在卡巴拉共震器出现之前,机械族统治的机械与齿轮之城、肉织骨族的嗜神殿、非鱼族居住的擎天水柱以及各个小部族的聚居地零星散布在童谣沙漠的边缘地带。当时Administrator-CN长时间奔波于各个聚居地,购买或换取能够用来制作SCP-CN收容项目的材料。之后由于卡巴拉共震器大量投入实用,周边部族的活动空间与交流日渐频繁,并使得原本被称为死亡之地的童谣沙漠繁荣了起来。

現在はSCP-CN-001を中心として、童謡砂漠は次第に一つの巨大な経済体系に統合されつつあります、しかし砂漠内の貨幣政策に対して、各部族の意見は一致していません。
目前以SCP-CN-001为中心,童谣沙漠逐渐统整成一个巨大的经济体,然而对于境内的货币政策,各个部族仍没有共识。












翻訳はここまで


































テキストをここに入れてください。