dhueguang
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-CN-801

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 演繹部門は《天王星外》内第三層物語の内容を絶えず更新するとともに、SCP-CN-801を阻止できる内容を可能な限り添加します。《天王星外》の作者として、PoI-8001はEクラス職員として採用されSCP-CN-801に対する収容を演繹部門に指導する責任を負い、SCP-CN-801の侵入への抵抗に用いる内容は厳密な論理審査を経る必要があります。XK-クラス或いはSK-クラスシナリオを引き起こす可能性に基づき、SCP-CN-801の収容はレベル1の優先事項として分類されています。

下の内容は演繹部門の要求に応じて本ドキュメント収容プロトコル内に添加されます:

全ての上位物語の人へ、我々を負けさせないでくれ。


説明: SCP-CN-801は入れ子式1SFメタ小説《天王星外》内の第三層物語反復内の虚構実体です。SCP-CN-801は全ての物語内で極めて強い攻撃性と反社会性を見せており、オブジェクトは常に現在いる物語が最悪な結末(K-クラスシナリオ2に近似)に発展するよう企みます。SCP-CN-801の能力は所属する物語のスタイルに従って定まります、例えば第五層物語《アンガーと原始人》の中では、SCP-CN-801は猿人から進化してきた原始種族の族長として表現され、主役の属する群れを殺戮した後に極度の暴力で大陸上の他の種族を隷属させ、異民族の人口を大幅に減らしました。1つの物語を完結3させた後、SCP-CN-801は新たな登場人物として加わることでより上位の物語へ昇ることができ、またその物語の本来のプロットを破壊します。

SCP-CN-801は全ての物語の中で“Vodka”と自称し、より上の物語に対する理解能力と現在の現実よりも極端に高い知識を幾度も見せています。SCP-CN-801の文書に対する改変は瞬時になされます。《天王星外》に対してある程度改変するごとに、SCP-CN-801と関連のある内容がすでにある文書の下に自ら添加されます。過去の内容に編集を行う試みは全て失敗し、同時に複数回に渡って、SCP-CN-801が下位物語内で直接的に上位物語への不満を表現することを許す事態になりました。オブジェクトが引き起こす損傷は慢性ながら不可逆的であり、極めて高い軍事戦略的な頭脳とプロットの展開に対するある程度の予測能力を示しています。

現在の《天王星外》の全ての物語反復の名称:

  • 《天王星外》: N/A。主役が天王星軌道外に向けてスペースシャトルに乗り、その後宇宙船に未知の生物が侵入するというストーリーである。
  • 《忌々しき三分の一教会》: 《天王星外》の主役にスペースシャトルの小説庫で発見されて導入される。主役があるカルトを信仰するが、日々の暮らしの中で教会に対して疑念を生じ、同時に主役の身の回りで連続して怪事件が起こるというストーリーである。
  • 《伝えられざる説話》: 礼拝堂で《忌々しき三分の一教会》の主役に導入される。主役は1人の流れ者として、各村落間を流浪するというストーリーである。
  • 《ラテン語を殺戮せねばと彼は誓う》: 《伝えられざる話》の主役に宿屋で導入される。作家のアンガーが創作にあたって困難にぶつかり、出版社と発行所に向かい関連した事柄を討論するというストーリーである。その後[データ削除]。
  • 《アンガーと原始人》: 《ラテン語を殺戮せねばと彼は誓う》の主役アンガーが出版社で言及し導入される。主役のアンガーが過去に跳び、原始人の集団内に入るというストーリーである。その後Vodkaが主役を殺し、残りの原始人を隷属させる。文中は極端な[編集済]傾向が見られる。
  • 《ティッシュの奇兵》: 《アンガーと原始人》の主役アンガーにより洞窟内で導入される。ストーリーはおよそ主役と敵対する集団の間でティッシュを争奪するために戦闘を行うというものである。その後Vodkaがキリストを罵ることにより全ての生物を殺害した。

非演繹部門職員が詳細なファイルにアクセスすることは禁じられています。

文中の人物が直接SCP-CN-801に質問した内容を除いて、物語層の風格基調に不一致な内容4並びにより多くの物語の行為を構成する試みは入力後に全て削除されます。SCP-CN-801はSCP-CN-801にとってより上の物語の改変を観察できるようであり、オブジェクトが示す能力もこれまで物語の基調に背いたことがありません。SCP-CN-801はより上の物語が下位物語に投げ入れた蚕食性のウイルスであり、物語を一つ一つ終了させると推測されます。物語の倒樹状構造により、多数のSCP-CN-801に終了されていない下位物語及び多数のSCP-CN-801が存在する可能性があります、にもかかわらずSCP-CN-801は物語の中で関連した質問を尋ねられたときに自身を“唯一無二”かつ“全ての物語の終結者”と称します。

補遺1: 交流記録:

補遺2: インタビュー記録:

補遺3: 通信記録:



翻訳はここまで















































テキストをここに入れてください。