Dedstardreamの自習室
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低危険物収容倉庫に収容してください。SCP-XXX-JPは現在68個収容されていますが、全てのSCP-XXX-JPが収容されているかは不明です。

説明: SCP-XXX-JPは████社製のチョコレートです。内容量は6個です。SCP-XXX-JP内には「あなたと大切な人が、永遠に共にいられますように。」と書かれたメッセージカードが封入されています。外観や質量などは一般的な物と変わりありません。

SCP-XXX-JPの異常性は性別問わず恋愛関係にある2人の間で受け渡しが起こった場合に現れます。SCP-XXX-JPの受け渡しが起こった時点でSCP-XXX-JP内部にチョコレート(以下SCP-XXX-JP-1と表記)が6個生成されます。それをSCP-XXX-JPを渡された側(以下渡された側をSCP-XXX-JP-Aと表記)が摂取した場合、SCP-1231-JP-Aは1ヶ月後に自殺する事が確認されています。

既に財団は夫婦関係や交際関係にあるDクラス職員2名での実験でSCP-XXX-JP-Aの精神鑑定とインタビューを実施していますが、直前まで鬱などの兆候は見られず、自殺の動機は未だ判明していません。

SCP-XXX-JPは20██年3月13日から16日に全国での自殺件数が大幅に増加し、自殺者の殆どが男性であった事が財団の興味を引き、警察署内に潜入していた財団エージェントの調査により発見され、カバーストーリー「異物混入による自主回収」を流布しSCP-XXX-JPを回収しました。

以下はDクラス2名での実験記録と、実験記録 XXX-4で行われたインタビュー記録です。

補遺1: SCP-XXX-JPの製造元である████社の調査を行った所、20██年2月3日に倒産していた事が分かりました。従業員の足取りは未だ掴めていません。

補遺2: 20██年3月13日から16日の自殺者を調査中、3月13日に線路内へ立ち入り自殺したと見られる戸田 ███氏と真木 ███(当時戸田氏と交際関係にあった)との間でのメッセージアプリ内にSCP-XXX-JPによる自殺の動機と推測される内容の会話があった事が分かりました。以下はその内容です。

F2DDFA0F-8BB2-4793-8620-4D19BF4B2854.jpeg

2月13日に行われた戸田氏と真木氏との間での会話。この1ヶ月後の3月13日に戸田氏は真木氏の目の前で線路内へ立ち入り自殺した。