C.S.Show管轄区域

2017年3月下旬より活動再開。

目次

翻訳中の作品を掲載しています。


SCP-1848

author:TroyL
date:7 Feb 2015
title:[ACCESS DENIED]
訳題:[アクセス拒否]
tag:alive auditory cognitohazard knowledge metamorphic mind-affecting safe sapient scp sentient
タグ:生命 聴覚 認識災害 知識 変身 精神影響 safe 知性 scp 自我

http://www.scp-wiki.net/forum/t-1101183/scp-1848#post-2227153
http://www.scp-wiki.net/forum/t-1101183/scp-1848#post-2227172

  • 元はSCP-1000コンテストに投稿する予定だったアイディアを改稿したもの。
  • 実験被験者のリストに入れるアバターを募集し、以下を追加
    • DecibelleのRose Labelle
    • RogetのShirley Gillespie
    • VAEのVladim Eisenberg
    • CimmerianのJeremiah Cimmerian
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1848

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: [旧版消去]: 収容プロトコル第7版1

1986年初案: SCP-1848との直接の接触は許可されず、いかなる場合でも企図すべきではありません。SCP-1848はサイト-19北翼第4小区の単一の一続きの収容室に収容することになっています。厳重に監視する必要があり、少なくとも8名の定期交代警備員と1名の常時交替職員が必要です。2基本的な便宜は認められていますが、これらの要求は筆記での申告を通じて行わなければならず、申告書は許可される前に慎重に解析されます。

説明: SCP-1848は現在、中年の白人男性として出現しており、身長は約1.7m、体重は約130kgです (おおよその身長や体重、外見はSCP-1848の収容チームの首席であるエリス・カートライト博士のもの) 。SCP-1848は形態を変えることが知られていますが、収容手続を最新版のものにしてからは現在の形態を維持しています。SCP-1848はインタビュー中で、自身が百を超える別々の神話上・歴史上の人物であることを主張してきました。その中にはレーヴン、コヨーテ、ロキ、ヘルメス、アナンシ、シャチー、ジョン・F・ケネディー、イエス・キリストが含まれています。これらの主張を支持する証拠を示すことは決してありません。それどころか、その話を聞いた人は、通常、主張が完全に論理的な論証であると思い、ただそれを信じ込むのみです (補遺 SCP-1848-インタビュー例を参照) 。

SCP-1848は75年間以上財団の管理下にあります。その間に386回収容違反が発生しています。SCP-1848は見た者の感情を操作することに利用できる人物や物体、さらには場所の外見になることで収容違反を行います (補遺 SCP-1848-観察記録を参照) 。極めて多いのは、SCP-1848が観察者の過去に関係した人物や動物の姿をとることです。

過去に、観察者にとって無害であるように見える行動 (キャリアの目標について研究者に助言する、壊れた扉の修理を手伝う、食事の支度をする) は必ず非常に悪い結果に終わりました。こうして生じた事案は通常、SCP-1848が面白い、またはユーモラスであると感じるものでした (補遺 SCP-1848-事案を参照) 。これらの事案で3名の人物が致命傷を負っていますが、SCP-1848は悪意を動機とした目的をもってこれらの企てを達成しようとしているようには見えません。その代わり、その「いたずら」の際には心から面白さを感じているようで、自分以外も同じように楽しんでいると信じています。

広範囲な調査の後、SCP-1848の能力はSCP-1848と面会した者の感情的・精神的な状態に直接結びついていると発見されました。SCP-1848との面会を最小限にすることで、事案の発生は激烈に減少しています。現在、カートライト博士が1994年に収容手続に大きな変更を加えてから、SCP-1848は形態を変化させたり、その外見を遷移させたりしていません。
3


補遺SCP-1848: インタビュー

SCP-1848のインタビュー記録は数百存在しますが、閲覧に際して完全に安全であると思われるのは少数のみです。あまりにも頻繁に閲覧すると、SCP-1848の人間に仕事を実行させたり収容室を開放したりすることを説得する能力が伝達され、閲覧者はそれが完全に論理的で理に叶ったものであると見なします。文章の書き起こしでさえも発生します。ここに留めてある少数の例は、SCP-1848との標準的でないやりとりの危険性を新入りの職員に教育するために選ばれたものであり、文章でのやりとりの割合は0.35%以下です。

警告: この項を飛ばし読みしてはならない。注意して読むこと。この文書をアンロックする前に、「ハスティコーン」は実在せず、現実のものではないことを記憶しておいてください。この際、もしその事実を疑った場合、文書を読むのをやめ、この言葉の調査を行ってください。納得したならば、文書を読み始めてください。

警告: この項を飛ばし読みしてはならない。注意して読むこと。次の文書をアンロックする前に、財団手続を確認してください。手続文書のどこにも、ズボンの中で放尿する必要があるとは書いておらず、そのような記述が削除されたということもありません。このような行動はどんなときでも不必要です。このような行為をする必要がないことを一度確認したら、文書を読み始めてください。

文書のアンロック [事案が繰り返し発生したため文書は削除]


補遺 SCP-1848: 観察記録

次に示すのはSCP-1848が変身した様々な形態の短い一覧です。SCP-1848はおそらく限りない数の形態に変化できる能力を十分に有していることを記憶しておいてください。たとえ現在はそうでなくてもです。SCP-1848の人を騙し、欺き、真実を分かりにくくする能力を過小評価してはなりません。

観察者 結果
エヴェレット・マン博士 マン博士の死んだおじの姿で出現。博士が財団のために行ってきた仕事を自身が誇りに思っていることを博士に伝え、いっそう頑張るように激励した。更なる事案は報告されていない。
エドマンド・キャスパー博士 「空から降る金色の雨」として出現。キャスパー博士に「妻により開放的に」するように唆した。4
エージェント・[編集済み] 大柄の太った女性の姿で出現し、大声で笑って「これが数年間会いたがっていた相手よ、あなた! これが本当の私!」と言った。エージェント・[編集済み]は笑って「今は何かある方がましだ」と応えた。一瞬の沈黙の後、SCP-1848の外見は30代前半の茶髪の女性の姿に遷移し、「これがお前が今度は本当に求めているものだ。でも冗談より悪い、本当に」と述べた。5
ハワード・グラント博士 広告看板を身につけたライト共同研究員の姿で出現。看板には「懺悔せよ! 懺悔せよ! 終末は近い!」と書かれていた。世界の終末について5分間繰り返し語っていたが、その後は前の状態に戻った。
エージェント・バーナード・ノース 子供の頃の知人が大人の姿となって出現。報告によれば、エージェント・ノースに「僕があの日の試合にわざと負けたのは、パパが前の夜に僕を殴ったから、パパを怒らせたかったからなんだ」と語ったという。エージェント・ノースは体を震わせており、カウンセリングが薦められた。
バーニス・マルキ研究員 成人男性の姿で出現。熱心に凝視していた。報告によれば、マルキ研究員に「俺はいつも君に何かしてあげたかったんだ。でも君の両親が君と親密にさせてくれなかったのだろう」と語ったという。SCP-1848は恐ろしい剣幕で振る舞い続け、マルキ研究員を数回「姪」と呼んだ。エージェント・マルキは自身にはおじはいないと報告した。6
ユーニス・ウォーカー博士 被験者の子供の頃の寝室として出現。ウォーカー博士が入ると、SCP-1848は不意に前の形態に戻り、それからゲップをした。実験者はウォーカー博士が死んだと思い込んだ。すると、SCP-1848は突然大きな音をたてて放屁をし、身を屈めてウォーカー博士を床の上に排泄した。ウォーカー博士はショックを受けていたが無事だった。7
ヴラディム・アイゼンバーグ研究員 アイゼンバーグ研究員の弟のレオニード・A・アイゼンバーグの姿で出現。二人は約10分間、ウクライナ語のルシン方言で話した。レオニードは兄によって多大な負債を負ったと主張し、彼の猫、ナスタシアを今度来る廃品回収業者への再販売にかけることを主張して、熱心に状況を改めようとした。アイゼンバーグ研究員は非常に取り乱して部屋を出ると、それから18時間を事務所に閉じこもって過ごした。
アルト・クレフ博士 アービーズのローストビーフサンドイッチとして出現。クレフ博士は困惑し、サンドイッチを拾い上るように頼まれるとそれに従った。サンドイッチのソースがそのまま滴り落ちた。その後、クレフ博士のシャツには染みがついた。8
L・グース博士 前の職位での前経営者の姿として出現。仕事に遅刻しており、それも6年間遅刻し続いているとも言われた。グース博士は泣き始め、急いで部屋を出た。
ジェレマイア・シミアリアン博士 SCP-2091-2として出現。シミアリアン博士とSCP-1848はSCP-2091-2に続けられている拘禁に関する会話を始めた。会話はシミアリアン博士がSCP-2091-2は後日に管理下から開放されるだろうと述べ、SCP-1848がシミアリアン博士の言葉を遮って「どうして今できないの?」と言ったところで終わった。シミアリアン博士はSCP-1848を慰めようと試みるが、SCP-1848は泣き出して悲鳴をあげ、シミアリアン博士に部屋を出るように求めた。9
キング博士 複数のコース料理を提供するウェイターの姿で出現。料理にはカキ、ミントソースを添えたラム、フィレミニョン、ローストサーモン、バニラアイスクリームが含まれた。キング博士は何事もなく料理を食べたが、翌日、衰弱と深刻なパラノイアにより医療棟への入院が認められた。
ローズ・ラベレ研究員 前のガールフレンドの姿で出現。ラベレ研究員の自宅のコンピュータを調べたと主張し、そこの不審な写真について質問した。曰く「データをバックアップしていたらいいわね、あなた。私は確実に燃やしたから」。それからSCP-1848はラベレ研究員が急いで部屋から出ようとするときに、ラベレ研究員の電話番号を尋ねた。
マシュー・ハーディソン博士 並外れて大きい「シーツの幽霊」の姿で出現。SCP-1848はハーディソン博士を高速で部屋中に追いかけ始め、ハーディソン博士は極度の苦痛を示した。10あるとき、ハーディソン博士は転倒すると、SCP-1848は彼を助け起こし、それから彼を追い回し続けた。15分後、ハーディソン博士はSCP-1848の収容室からの退去を求め、その要求は承認された。
シャーリー・ギレスピー博士 ギレスピー博士の死んだ夫のスタンリーの姿で出現。混乱し、物忘れしているように振る舞い、ギレスピー博士がSCP-187であると思い込み彼女とインタビューを始めようと試みた。ギレスピー博士はこの事案の後、私的な理由による3日間の休暇が認められた。

補遺 SCP-1848: 事案

これらのまとめられた事案はSCP-1848の「ユーモアのセンス」を説明するための試みである。これらの事案のほとんどが大きな問題を起こすことなく解決した。

脱走の試み 事案
37 SCP-808の収容手続を改訂してABBAの"Dancing Queen"のトラックをループ再生させることを含めた。収容チームは最終的にはこれに異議を唱えたが、元のテープを酷使して劣化させた後に新たなテープを購入する請求が行われた後のことだった。
51 当時妊娠していたエリソン博士に自分の子供が話しかけていると思い込ませ、子供が「言っている」ことを数分間翻訳した。11
88 クラス-Dの用務員の職員に会い、尿が汚れを取り除くのに最も手っ取り早い方法であると思い込ませた。被験者はいつものようにその後の全ての業務において雑巾バケツと汚れに向けて放尿してから汚れを掃除した。
104 同時多発的に「水流しコンテスト」を開催した。これは短い時間のうちに誰が最もトイレの水を流すことができるか競うというものだった。これによりサイト-19の下水処理システムが深刻な損傷を受けた。
144 サイトエンジニアの助けを借りて、消火器とスペアのパーツから「ロケットチェア」を構築した。続いてエージェント・サイモンズを説得し、サイトの食堂のテーブルを一続きに並べてできた坂をロケットチェアで駆け上がらさせた。エージェント・サイモンズは怪我をしなかったが、他の7名がこの行動を真似ようとした。7名の職員はこの件について「宙返りしたかった」と主張し、全員が微傷・軽傷を負った。
182 サイトの業務連絡システムを使用して、SCP-1848は全上級職員にメッセージを送った。そのメッセージは暖房装置が調整中で「暖かくは寒く」、「寒くは暖かく」なると説明するものだった。多くの職員がこの言葉に困惑したが、その60%以上がこれに対応するために温度調整器を調節した。
214 メアリー・ノリス博士の事務所に侵入し、ノリス博士の机の上で200個のセラミック製のキリンの置物の形態をとった。収容チームが到着し、収容室のロックを復旧するまで、ノリス博士は事務所の無礼な振る舞いに怒って怒鳴り散らした。
277 SCP-530SCP-652の収容観察室に侵入した。二つの収容チームにどちらのSCPが戦ったら勝つか争わせる議論を始めた。収容チームが戦闘を誘発させる目的でSCPを廊下に放したことで安全違反が発生した。12
343 SCP-1848は何らかの方法で財団のデータベースにアクセスし、ジョンソン・ギデオンのファイルを削除した。この後、ギデオン博士と働く他の職員がギデオン博士が実在の人物であると思うことを拒絶し、その多くがただギデオン博士は実在しておらず、実在していたこともなかったと単に信じ込んだ。SCP-431がこの件を説明するために作られるまでは、これらの連続的な異常現象が定期的に報告された。13

14


レベル5クリアランス未所持の者が読むことを禁ず


15
いや私たちはお前がそう考えても構わないと思っているだけだ。