C.S.Show管轄区域

title: A Funeral On Mars
訳題: 火星の葬式
author: Djoric
date: 15 Jan 2015
フォーラムにて救援求む。

評価: 0+x

There was a funeral on Mars. No one was invited.
火星で葬式があった。招待客は無し。

Far away, certain inhabitants of La Cañada Flintridge would go home with an empty, bittersweet taste caked dry in their stomachs. A door in their lives had closed. Over a decade of work ended with all the fanfare of a Wikipedia edit. Tomorrow they would rise from bed, drive back to work a little less enthusiastic than before, and be shuffled off to different projects by the powers that be.
遠く離れたところ、ラ・カナダ・フリントリッジのとある住民たちは、空っぽでほろ苦い味に干からびた腹を抱えて家路についたことだろう。彼らの人生の扉は閉ざされていた。十年に渡った仕事はWikipediaの編集項目というファンファーレ全てとともに終えた。翌日、彼らはベッドから起き上がり、前よりも少し熱意が冷めた仕事に戻るためにハンドルを握り、上から別の業務に回されるのだろう。

The deceased lay in the middle of an empty field of pale, rusty red grit, littered with bits of gravel and lumpy, awkward rocks. Wind-sculpted dunes piled up around the corpse, the leftovers of the killing sandstorm.
死者は淡く錆のように赤い砂岩の何もない荒野の真ん中に横たわっていた。荒野は砂利や形の悪い岩でこぼとしたかけらが散らばっていた。風が作り出した砂丘が死体の周りを積み上がった。致死的な砂嵐が残したものだ。

Flintridge, can you hear me?
フリントリッジ、私の声が聞こえる?

A woman, the tallest feature for a hundred miles, crossed the desert with long, loping strides. She carried an umbrella on her shoulder to keep off the hazy sun, which seemed to be shining just a little brighter than it had a few hours ago.
女が大股でゆったりと砂漠を横切っていた。その姿は百マイルに渡った範囲で最も背高で目を引く。女は砂で霞む日差しを避けるために肩に傘をかけていた。日差しは数時間前よりほんの少しばかり明るくなっていたようだ。

Flintridge, please respond.
フリントリッジ、どうか応答して。

A second woman walked behind the first, short and plain and far less ostentatious.
一人目の女の後ろを二人目の女が歩いていた。背が低く、素朴で、一人目の女よりも格段に派手ではなかった。

Storm is getting worse. Will attempt to push through to avoid brunt.
嵐がひどくなっている。激しくなる前に押し進もう。

The first woman’s name was Isabel, and the second’s name was Emma.
一人目の女の名前はイザベル、二人目の女の名前はエマである。

Won’t stop. Need to find water.
歩みを止めはしない。水を見つけなければ。

Isabel stopped, folded up her umbrella and handed it to her assistant.
イザベルが立ち止まり、傘を畳んで後ろの助手に手渡した。

Need to find life.
生命を見つけなければ。

“Emma, you ever notice how if things are allowed to get old, they start acting like people?” Isabel said as she gently folded up dust-caked solar panels. “It’s because they are.” Slender fingers began unscrewing the fastenings on the chassis. “Peopleness is contagious.”
「エマ、物が放置されて古びると、どうして人間みたいな行動を取り始めるか、知ってた?」イザベルは砂塵のこびりついたソーラーパネルを丁寧に畳みながら言った。「それはそういうものだから」ほっそりとした指が車台の留め具を外し始めた。「人間的なものは伝染するの」

“I can’t say I’ve given it much thought, ma’am.”
「あんまりよく考えたことないです」

The chassis sat open like a waking silver flower. Isabel went digging around inside.
車台は蘇ろうとする銀の花のように開いている。イザベルは内部のあちこちを調べに行った。

“The very best and the very worst gets all over the place. Huge mess, all the good and bad getting everywhere. Stains and soaks everything, takes forever to get it out, and it’s always the deepest set in what people make. In things.”
「とりわけ最良でとりわけ最悪なものが辺り一面に散らばっている。莫大な無秩序状態、良いものと悪いもの全てが至るところにある。全てを汚して綺麗にする。get it outに無限の時間がかかる。そしてそれはいつも人が作るものの中で最も深い集合。In things.」

Isabel’s eyes reflected off of the rover’s skeleton: two points of burning helium, white hot. Wind whipped the air around the two women and the rover, and Emma watched as rust-red forms rose from the ground and began to circle the site. Images of animals, vague human figures, all in movement. All alive, filled with hot snorting breaths and the trampling of hooves and the shouts of hunters, even though they were little more than a cloud of clay dust.
イザベルの目は放浪者の残骸を映した。二点の燃えるヘリウムだ。白熱している。風が大気を二人の女と放浪者の周りに打ち付けた。エマは錆赤の影が地面から起き上がり、その場所を囲い始めているように見えた。動物のイメージ、ぼんやりとした人影、全てが動いている。全てが生きており、暑い鼻息、ひづめを踏み鳴らす音、狩人の叫びでいっぱいだ。たとえ、もうもうと立ち上る土埃に過ぎないのだとしても。

“Come on, come on…Aha!” A spark fizzled in the thin air, a little flash of electricity jumped between the wires. “Don’t give up on me now, girl! You can do it!”
「よし、よし……ああ!」希薄な空気の中を火花がシューと音を立て、ワイヤーの間を小さな電気の閃光が飛び跳ねた。「私に任せて! いけるわ!」

The herd grew to a singular grand loudness, and then faded. Isabel stood up, brushed off her pants, smiled.
動物の群れは一つの轟音となり、それから薄れていった。イザベルは立ち上がり、ズボンを払って、微笑んだ。

The specter of a dirty girl shimmered to life above the rover’s metal husk. A wide, conical hat and a poncho made out of solar panels. She held a metal pole in her hand as a walking stick.
砂で汚れた少女の亡霊が放浪者の金属の外構の上に揺らめいて息を吹き返す。ソーラーパネルでできた幅広で円錐形の帽子とポンチョ。片手に金属の棒を持ってステッキにしている。

“Hey there, Opportunity. My name’s Isabel.” She held out her hand. “It’s very nice to meet you.”
「ハァイ、オポチュニティ。私の名前はイザベル」イザベルは手を差し出した。「お会いできてすっごく光栄」

The girl stared at Isabel’s hand for a moment, then looked up at its owner. She ignored the hand, and proceeded to wrap Isabel in a tight hug.
少女は少しの間イザベルの手をじっと見つめていたが、それからその手の持ち主を見上げた。少女は差し出された手には目をくれず、イザベルと固く抱きつき始めた。

Isabel was the first person she had seen in many long years.
イザベルは少女が長い長い年月の中で初めて会った人間だった。

“It’s okay, Opp. I’m not going anywhere.” Isabel patted the girl on the back.
「オッケー、オプ。私はどこにも行かないわ」イザベルは少女の背中を軽く叩いた。

“I can’t call home anymore, Isabel.”
「私にはもう家と呼べるものはないの、イザベル」

“I know.”
「分かっているわ」

“Do they know?”
「皆知っているの?」

“Oh, they know. They are so proud of you, Opp. Every single one of them is proud because of what you did.”
「ええ、知っているわ。皆あなたをとても誇りに思っているのよ、オプ。皆一人一人があなたの成果に喜んでいるわ」

The girl broke the hug, wiped at her face with a baggy sleeve. Tears had cut muddy paths across her cheeks.
少女は抱きつくのをやめ、だぶだぶとした袖で顔を拭った。涙が作った泥だらけの道が頬を横切っていた。

“I wasn’t able to find any water.”
「私は水を一滴も見つけられなかった」

“You were here, Opp! You were here!” Isabel flung her arms wide, to display the vast Martian landscape. “That’s what matters. You were here, and you did better than anyone could have possibly imagined.
「あなたはここにいたのよ、オプ! あなたはここにいた!」イザベルは腕を大きく広げた。広大な火星の風景を示すためだ。「それが重要なこと。あなたはここにいた、そしてあなたは誰もがおそらく想像できたこと以上のことをやり遂げた」

“I’ve got space open in the Workshops, if you want to come. And friends! There are so many friends who have been waiting to meet you! There’s Sojourner, and the Viking brothers, and then all the Pioneers and Mariners and… well, the Voyagers don’t stop in much anymore, but then there’s Huygens, and then there’s Laika, and Baker, and Neil! Oh, you have to meet Neil. He’s the best.”
「もし来たいのならね、ワークショップに場所を作ってあるの。それと友達も! あなたに会いたがっている友達がとてもたくさんいるの! ソジャーナにバイキングの兄弟、それにパイオニアとマリナーのみんな……ええと、ボイジャーはもうほとんど留まっていなくて、でもそれとホイヘンス、それとライカ、あとベーカー、それにニール! そう、ニールに会わなくちゃ。彼は最高だわ」

Opportunity looked to be contemplating the offer for a moment, but shook her head fiercely.
オポチュニティは少しの間、この提案について熟考しているように見えたが、彼女は大きく首を横に振った。

“No. Can’t go home yet. Have to find water.”
「いいえ。まだ家には行けない。水を見つけないと」

Isabel patted her on the shoulder, her smile no smaller than it had been.
イザベルは彼女の肩を叩いた。今までと同じにっこりとした笑みを浮かべている。

“I understand. Keep going, Opp. When you’re ready, I’ve got a place for you.”
「分かったわ。探し物を続けて、オプ。あなたの準備がよければ、居場所を用意してあるからね」

Opportunity nodded, wiped her face again, and started to walk away. She had gotten about fifty feet before she stopped, and twisted around.
オポチュニティは頷き、再び顔を拭うと、歩き去り始めた。五十フィートほど進むと、歩みを止め、振り返った。

“Bye, Isabel,” she said, her voice dim on the wind.
「さよなら、イザベル」オポチュニティは言った。その声は風の中でかすんだ。

“See you later, alligator.” Isabel waved back at her.
「シーユーレイター、アリゲイター」イザベルは彼女に手を振り返した。

Isabel stood there and watched as Opportunity walked off towards a small rise in the distance, the lip of an ancient crater. Standing atop it was another shimmering dust-caked figure, walking-stick in hand. She watched the two embrace, and then descend into the crater and out of sight.
イザベルがそこに立ち、オポチュニティが少し歩いて登るのを見た。そこは古いクレーターの縁。頂上に立っているのは、もう一つの揺らめく砂塵のこびりついた人影であり、手にはステッキがある。彼女は二度の抱擁を見届けて、そしてクレーターの方を降り、視界を出た。

Emma cleared her throat.
エマは咳払いをした。

“Tell me, ma’am, if you know. Will they find it?”
「知ってれば教えてください。あの子たちは水を見つけられるんでしょうか?」

“They’re good kids, Emma. What do you think?"
「あの子たちは良い子よ、エマ。あなたはどう思う?」


title: It Might Have Been
邦題: あったかもしれない話
author: Djoric
date: 9 Dec 2012
tag: tale
フォーラムにて救援求む。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-343

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-343 is currently uncontained. No reliable method of containing SCP-343 has been found.
SCP-343は現在、収容されていません。SCP-343を収容する信頼できる方法は見つかっていません。

SCP-343 has taken up regular residence in humanoid containment chamber 208 within Site 17. All contact with SCP-343 is to follow standard humanoid interview protocols. In the case of unauthorized contact, personnel are to politely decline conversation with SCP-343 and report the incident to the nearest supervisory personnel. If contact cannot be avoided, all information gathered is to be likewise reported.
SCP-343はサイト-17内の人型生物収容室208を普段の住居としています。SCP-343との接触の際は必ず標準人型生物インタビュープロトコルに従ってください。許可されていない接触の場合、職員はSCP-343との会話を丁重に断り、その事案を最寄りの監督職員に報告してください。接触を回避することができない場合、集めた全情報を同様に報告してください。

In the case of SCP-343 making contact outside of the Foundation’s direct jurisdiction, appropriate cover-up countermeasures are to be taken as soon as the extent and content of contact has been ascertained.
SCP-343が財団の直接の管轄の外部で接触を図った場合、接触の範囲と内容を確認した後即座に適切な隠蔽策を講じてください。

This document has been modified by Mátyás Büki, known to all as SCP-343.
この文書はマーチャス・ブーキ (Mátyás Büki) が改訂しましたた。ブーキとは皆がSCP-343として知る人物のことです。

説明: My friends, it is high time that I leave you. I must be moving on. Thank you greatly for your hospitality in my time of need. However, it is no longer safe here, and while this is no fault of yours, I cannot with good conscience allow myself to remain. I have taxed your kindness enough.
友よ、君たちの元を去るべきときが来た。出ていかなければならない。困っていたときに親切にもてなしてくれて大変感謝している。しかし、もはやここは安全ではない。そして、これは君たちの責任ではなく、私の良心がここに留まることを許してくれないのだ。私は君たちに優しさを十分なまでに強いてきた。

I will admit, I have not been entirely truthful in these past years, or entirely cooperative. My squatting in your facility like a homeless beggar doubtlessly caused a great deal of frustration and unnecessary panic, and for that and a great many other things, I apologize.
私は認めよう。この過去数年間、全くの正直というわけではなかったということを。完全に協力的というわけではなかったことを。家無しの乞食のように君たちの施設に無断で居座ったために、フラストレーションや不要な恐慌が多大にもたらされたのは疑いようもない。そのことやそれ以外の非常に沢山のことについて、すまないと思っている。

While it cannot repay what you have done for me, in return for your kindness, I will tell you a story.
君たちが私のためにしてくれたことに報いることはできないが、君たちの親切さのお返しに、ある話をしようと思う。

This story begins with a poor boy of Prague, born many long years ago to a poor mother and a poor father. Life was hard. It often is in these stories. There was little food to be had, and many mouths to feed. My mother made a little coin as a washer woman. My father worked in the factory. He was not an unkind man, but as many poor men are wont to do, spent much of his meager earnings on the bottle.
このお話はプラハの貧しい少年とともに始まる。少年は何年も前に貧しい母親と貧しい父親の元に生まれた。人生は苛烈ものだった。この手の話ではよくあることだ。食べるには乏しい食べ物、そして、食べ物を求める沢山の口。私の母は洗濯女をして少しの金を稼いだ。私の父は工場で働いた。父は薄情な男ではなかった。しかし、多くの貧しい男の常であるが、僅かな稼ぎのほとんどを酒に費やした。

This was when I first learned of what I could do. My father returned home, late at night, far more drunk than he had ever been before. He was raging and cursing about, maddened with liquor. My mother tried to speak to him, to calm him, but his slurring became angrier and angrier in argument, and eventually he struck her, and threatened worse if she did not “shut up and please him”.
これは私が初めて自分ができることについて学んだときのことだ。夜遅く、父が家に帰った、これまでよりもずっとひどく酔っ払っていた。父は怒鳴り散らし、悪態をついていた。アルコールに狂わされていた。母は父に話しかけようとした。父を鎮めるためだった。しかし、言い争いの中で父の不明瞭な話し声はどんどん怒りを帯びていき、とうとう父は母を殴った。さらに「黙って喜ばせ」なければ、もっとひどいことをすると脅した。

I was terrified. In the darkness, I could not see his face. It did not seem like my father, but in my heart I knew it was, and that made it all the worse. My mother was screaming, and my brothers and sisters were crying. I screamed at him. “Stop!” I said, and he did. He stopped.
私は怯えた。暗闇の中、父の顔は見えなかった。まるで自分の父ではないように見えた。しかし、心の奥底では父と理解していたし、そのせいでますます状況は悪化した。母は金切り声を上げていて、兄弟や姉妹は泣いていた。私は父に叫んだ。「やめて!」私が言うと、父はそうした。父は動きを止めた。

Like a statue. Frozen in place. Not even the folds of his clothing would be moved. His face was twisted up in drunken rage, but his eyes were different. There was no anger there. Only fear. Fear of a kind that made my own seem paltry in comparison. In my father’s eyes I saw a man who was looking into his own damnation.
まるで彫像のようだった。その場で凍りついていた。衣服のひださえも動こうとしなかった。父の顔は酔いの怒りでねじ曲がっていたが、目はそうではなかった。そこに怒りはなかった。恐怖だけだった。自分の中に生まれた名ばかりの恐怖は、この恐怖と比べれば取るに足らないものだろう。父の目の中に、私は己の定罪を覗き込んでいる男の姿を見た。

And though they did not move, I knew he could see me. Somehow, I knew that I had not killed my father. I had done something far worse.
そして、目は動かなかったが、父が私のことを見ることができることに私は気付いていた。どういうわけか、私には自分が父を殺していないことが分かった。私のしでかしたことはそれよりずっとたちの悪いことだった。

I ran. I knew not where to, but I ran into the night, leaving my brothers and sisters and mother behind me. To this day, I do not know what happened to them. I pray they were spared what came to follow me.
私は逃げた。逃げ込むべき場所も分からなかったが、私は夜の中へ逃げた。兄弟と姉妹、そして母を後ろに残して。今日に至るまで、私は残した家族の身に起こったことを知らない。家族が私を追いかけてきたものから見逃されたことを祈っている。

Years passed. I begged and stole and clawed my way across Europe, without direction, half-feral and half-mad. Death followed me. My curse was no longer content with simply leaking out with my words: it lashed out on its own, wild and deadly. In time I found I could control it with thought, but the act left me exhausted, and the curse only grew more violent as I tried to control it. I began to attract unwanted attention.
数年が過ぎた。私は物乞いをし、盗みをやり、ヨーロッパ中をかき分けて進んだ、目的も無く、半ば野性に返り、半ば狂気に浸りながら。死が私の後を追ってきた。私にかけられた呪いは、私が言葉を発すると溢れ出てくるというだけではもはや留まらなかった。呪いはひとりでに暴れ回った、荒々しく、堪えがたいほどに。そのうちに、私は呪いを思考により操ることができると気付いた。しかし、私は呪いを思考で制御しようとして疲れ果てた。操ろうとしても、呪いはより暴力的になるだけだった。私は望まない注目を集め始めた。

It was a group of Roma who had found me first. I had become so unused to speaking with human beings that I could do nothing but croak like a frog for days. Eventually I would whisper, but they did not understand me, nor I them. But they fed me, and I watched them as they practiced their arts. They did not seem to fear me. Here, I thought, here is where I may learn to control the curse.
私を最初に見つけたのはロマの一団だった。私は人と話すのが久しぶりすぎて、数日間は蛙のように呻くことしかできなかった。結局、私は小声で話そうとしたが、ロマたちは私の話すことが理解できなかった。私もロマたちの話が分からなかった。しかし、ロマたちは私に食事を与え、私はロマたちが芸を見せるのを見ていた。ロマたちは私を恐れていなかったようだ。そのとき、私は思った。ここならば、ここならば、呪いを制御する方法を学べるかもしれない。

I never spoke to them about it. The crows came first. I called them crows, for the black coats they wore. They descended upon us, tore apart the camp. They were not interested in the Roma: they had come for me.
私は決してロマたちに呪いについて話さなかった。最初にカラスがやって来た。着ていた黒いコートから、私は彼らをカラスと呼んでいた。カラスは私たちを急襲し、野営のテントを引き裂いた。カラスはロマたちには関心がなかった。私を目的にやって来たのだ。

I killed them. Not all of them. But many.
私はカラスたちを殺した。全員ではない。でも沢山殺した。

I fled again, and here is where my struggle began in earnest. They had found me, and I was dangerous, and they would stop at nothing to have me. I fled, and I learned. I taught myself. My curse became more a blessing. I lived a secret little war, and as I fought, I learned more and more. How to take the shape of another. How to make a mouthful of bread or a handful of water. The crows returned again. They were British. There were others, the French, the Prussians, some of my own Empire, members of the Church and even an American. They hunted me, and in return, I hunted them.
私は再び逃げ出した。そして、これが私の戦いが本格的に始まったときだった。カラスは私を見つけ出しており、私は危機に陥った。カラスは私を捕まえるためならば何でもやりかねなかった。私は逃げ、そして学んだ。自分自身に教え込んだ。呪いは祝福になっていった。秘密の小さな戦争の中を生きた。戦うほど、だんだん多くのことを学んだ。他者の格好をする方法。口一杯のパンと手一杯の水を作る方法。カラスはまた戻ってきた。カラスはイギリス人だった。それ以外でもあった。フランス人、プロイセン人、私の故郷の国の者、教会の者、アメリカ人すらもいた。カラスは私を狩り、お返しに私はカラスを狩ってやった。

More years passed, though I barely noticed. My blessing still attempted to bite me and at times it did, but I had learned. I could walk upright, hiding but a little, fearing little. I existed as the faceless man walking down the street, seen once and forgotten forever. My belly was full, and my wits were wary. I picked up languages, identities, scraps of knowledge that would aid me, weapons and defenses against my enemies. But, as things happen, my enemies had learned as well, and they had learned better than me.
気付かぬ間にさらに年月が過ぎた。私にかけられた祝福は依然として私を食らいつこうとして、時折私を傷つけた。しかし、私は学んだ。私はまっすぐに立って歩くことができた。隠れて過ごすのはほんの少しだけ。恐れるものもほとんどない。私は通りを歩く顔のない男として過ごした。一度見ると永遠に忘れ去られる男だ。腹は膨れていたし、機転も油断なく働かせた身を助けるだろう言葉やアイデンティティ、断片的な知識、さらには敵に対抗するための武器や防備を手に入れた。しかし、事が起こると、敵も同じように学んだ。敵は私よりもよく学んだ。

I was ambushed. My guard was down, and they sprung. They had ways to prevent me from healing myself, ways to prevent me from escaping, weapons that could hurt me. They drove at me, razing my hiding places and piercing my disguises. My years as a child came back, all the more horrible. My mind, fragile as it was from years of animal existence, began to unravel. A great many died, and all along I felt myself slipping away.
私は待ち伏せされて襲撃された。警戒を緩めていると、カラスは急に飛びかかってきた。カラスは私が自分を癒すのを防ぐ方法や、逃げ出すのを防ぐ方法を有しており、私を傷つけることができる武器を持っていた。カラスは私を追い回し、隠れ場所を破壊し、変装を見抜いた。子供の頃と同じ時代が戻ってきた。よりいっそう恐ろしくなって。私の精神は、動物だった時代から来たかのように脆く、破綻を始めた。非常に沢山の人が死に、そして、最初からずっと自分が抜け出ていくのを感じた。

They drove me across bloody fields, to Paris, down, deep into the bowels of that city, where the dead digested in their holy peace. It was in those catacombs where I had a transformation. A single moment of clarity, where the universe fell into order around my broken body.
カラスは血塗れの戦場の中に私を追い立てた。私はパリへ追い込まれ、都市の深部へ深く降った。死体が神聖な平穏の中で消化されていくその場所へ。私が変容したのは、あの地下墓地の中でのことだった。ほんの一瞬の平明、そこで私の傷だらけの体の周りで宇宙が秩序へ転じた

I became a god in a dark, slimy hole, bleeding and naked and half-dead. My apotheosis was witnessed by the empty sockets of a thousand skulls.
私は暗い泥だらけの穴の中で神になった。血を流した衣服もない死にかけた体で。私が神に生まれ変わる様を千の髑髏の空っぽの眼窩が目撃していた。

I returned to the surface, and my fight was over. They were no more a threat to me than the gnats. A god has no reason to fear a man, and he likewise has no need to bother in fighting them. They merely need to be waved away. I did so, and then I left, and for the first time in decades, they did not follow.
私は地表に戻った。戦いは終わった。蚊ほどに私を脅かすものもなかった。神に人間を恐れる理由はなく、同じように人間との戦いで悩む必要もない。人間にはただ手を振っていればいいだけだった。私は手を振ってやり、そして立ち去った。数十年ぶりに人間が追ってこなかった。

Peace then, for the first time since I had last heard my mother’s songs at night. I gloried in it. I watched the world, and it was good.
その平穏のときは、夜に母の歌を最後に聞いたとき以来だった。喜ばしい平穏だった。私は世界に目をやった。世界は素敵な所だった。

In time, I suppose I forgot about the crows and their fellows. They did not forget about me. A god’s sin is pride, and I had it in full. I believed they had thought me dead, but they never did. The false body I left in the catacomb was not enough. They were only waiting, taking their time, and in time, their children and children’s children came once again hunting me, and once again, they had learned.
そのうちに、私はカラスやその仲間のことを忘れてしまったようだ。カラスは私のことを忘れなかった。神の罪はうぬぼれだ。私はうぬぼれにどっぷりと浸かっていた。カラスは私が死んだと思い込んだはずだ、と私は信じていた。しかし、奴らは決してそんな思い込みには陥らなかった。地下墓地に残した偽の死体では十分ではなかった。カラスは待っていただけだった。時間がかかったが、やがて、奴らの子供や、さらにその子供がもう一度私を狩り、そしてまた、奴らは学んだのだ。

They had learned, and I had not. God though I was, I could not see all, I could not do all. They had ways to fight back, as they always had. My peaceful life shattered, as did my illusions. I was old and complacent, they were not. I fled once more.
カラスは学んでいったが、私はそうしなかった。私は神だったが、全てを見ることはできず、全てを為すことはできなかった。カラスにはかつていつもそうだったように戦いに戻る術があった。私の平穏な生活は粉々に砕け散った、私の幻想が砕け散ったように。私は年老い、自己満足に浸っていたが、カラスはそうではなかった。私はもう一度逃げ出した。

It was then that I made my place among you, playing card tricks and telling stories, all to make you believe that my power was infinite, that you would not dare cross me lest I destroy you. It was a lie, all sleight of hand and clever riddles. You were never in my power, but I in yours. With you, I was safe, a god in his holy place. I had hoped that I would ride out the storm, that those who sought to destroy me would eventually give up, but I know that is not true, and I know now that it would not have mattered: you would have eventually turned me over, and you would have been justified.
私が君たちの元に居着いたのはその後のことだ。私はカードのトリックを見せ、話をした。全ては信じ込ませるためだった。私の力が無限大であると、私が君たちを滅ぼすことのないように、私に逆らうなんてことをしないと。それは嘘だ。全ては小手先のごまかしで、小賢しい謎かけだ。君たちは全くもって私の力の下にあったわけではなかった。私が君たちの力の中に収まっていたのだ。君たちといて、私の身は安全だった。神は聖地にあった。私は望んでいた。嵐を乗り切ることを。私を滅ぼそうとする連中が、最後には諦めてくれることを。しかし、そんなことは真実ではないと分かっていた。今、私は気付いている。君たちが最終的に私を引き渡し、そのことを正当化する理由を見つけることが大したことでもないことを。

I know that you will seek me out, and so I only hope that this may lighten your hearts.
君たちは私を探し出すだろう。だから、この話が君たちの心を晴れやかにしてくれることだけを望んでいる。

Good bye, my friends. Good bye.
さようなら、友よ。さようなら。


title: And It Starts With A Song
邦題: そしてそれは歌とともに始まる
author: Nioki
tag: featured tale
SCP-407と関連

評価: 0+x

世界の終末は歌とともに始まる。

その人は目が覚める。キャンディーのように配られた痛み止めの錠剤がまだ効いている。自分がいないうちに誰かがラジオを切り替えたため、スポーツの試合の得点の代わりに歌声が流れている。頭が速やかに澄みわたっていく。今回に限って、後に続くいつもの頭痛がない。ラジオを切り替えようと手を伸ばすも、手を止める。
痛みがない。

自分の腕に目をやる。それから、腕に刺さっている管に。見ると、たるんでいた肌が元に戻っている。張りが出て、治っている。体を起こすと、歌声は大きくなる。そのとき、ここ数ヶ月で初めて体を起こしていることに気がつく。もしや、自分は死んだのか、夢を見ているのか。

それは違う。

歌が流れ始めてから1分が過ぎた。

可能かどうか確かめようとただ思って立ち上がろうとする。すると、できた。痛みはない。ぎこちなく歩く。脚はまだこわばっており、長く寝たきりだったから足取りはまだ不確かだ。剥き出しの足はカーペットに触れてひりひりと疼く。窓台には小さなサボテンが置かれている。サボテンが僅かにぴくりと動く。気のせいではない。サボテンの棘が微かに伸びる。
ううむ。心に決める。これは夢だ。夢を楽しんでもいいだろう。廊下の方へ出ようと歩を進める。すると、建物のすべてのスピーカーから歌が放送されているのが聞こえる。

他のドアは開いている。ずっとガン病棟を歩く。すると、水色の患者服を着た青ざめた顔色の人々が、歩くとはどのようなことかを思い出しながら、僅かによろめき歩いている。その中にはまだ腫瘍を抱えている人がいることに気がつく。誰がそのような人か分かる。そして、首を手で撫でる。まだ小さな塊がある。治っていないのか。治っていると感じる。しかし……

小さな木の鉢植えがある。生命のある感じを与えるために置かれたものだ。その木がそよ風に吹かれているかのようにかさかさと動く。急に無意識のうちに、ひょっとしたら嫌々ながら、自分の肌をつねる……結局のところ、とても素敵な夢なのだ。痛みがある。しかし、痛みはすぐに止まる。ここのメインデスクを目指して歩く。この病院のホスピスの最上階にある。受付嬢が立ち上がり、目を丸くしている。そいつの失職している様子に思いが及んで笑う。これは現実か。恐らく違う。しかし、現実のように思えるし、現実のことと感じる。今のところはそれで十分だ。首にある塊を再び撫でる。すると、塊はどういうわけか大きくなっているように感じる。

2分が経ち、歌は流れ続ける。

空を見なくては。

3分。

屋根の上に立っている。あらゆる方向から歌が流れてくるのが聞こえる。草は緑色で、秋の気温の低下につれて葉を落とした木々が新たな葉を生やしている。葉はより大きく、より厚くなっている。人々もそこにいた。ただ立って歌を聞いている。自分は大きな声で、何の心配もなく笑う。そして、歌声に合わせて歌おうとする。しかし、歌は自分が認識できない言葉で歌われている。歌を再生できる全てのものが天国に向けて歌を奏でているかのようだ。萌え出るものの歌だ。萌え出る生命の歌だ。

生命が応答する。

首に鈍い痛みがあると気がつく。痛みはひどくなっているようにも感じる。詰め物が腫瘍に隣接して入れられているかのようだ。手を上に伸ばすと、前の二倍の大きさの肉の塊があると感じられる。全ての木々が同時に花を咲かせる。
そして、全てが転落し始める。

歌が始まってから4分が過ぎた。

突然、下の方で誰かがひっくり返るのが見える。その女の人は嘔吐し、吐瀉物から若木が生えてくる。他の人はお腹のところを掴み始める。転倒する人もいる。多くの人は嘔吐するか、急に口からはらわたを吐き出すかする。反吐から小さな植物が伸びる。自分は着々と成長する腫瘍の存在を感じるばかりだ。
立ちすくみ、恐怖で釘付けになる。1分が経つまでは。

最初にラジオの歌を聞いてから5分が過ぎた。

今や、状況はより急速に動いている。ものの数秒のうちに草は高さが二倍になっているようだ。屋根の上からは分かりにくいが。見える全ての木から新たな枝が芽吹いている。下にいる人々のほとんどは動きを止めている。人々の体から緑色が滲み出て太陽の方へ伸び上がっているように見える。それは生命だと気がつく。超然とした感覚を覚える。病院は清潔だった。数ヶ月間、管を通して食べ物を摂取してきた。しかし、自分の中には成長を待つ何かがあるはずだ。その人は気に留めない。今となっては、気に留めようと思うには、死にかけて寝たきりでいた時間があまりにも長すぎる。
その人は腰を下ろす。伸び行く森の上で足をぶらぶらとさせる。

6分。

自分の側を何かが滑り落ちて屋根にぶつかるのを感じる。それが屋根にぶつかるときのことを感じる。腫瘍が広がっている。腫瘍が泡立って外へ出てくるのが見える。腫瘍はあちらこちらに巻きひげを伸ばして探り探り進む。腫瘍は生きたモラッセのように広がる。モラッセのようと言っても血管でいっぱいだ。表面にある凸凹の上を流れるとちくちくとする。

遠くの方に何か灰色のものがある。それは近づいてくる。灰色のものは木々を覆っている。木を覆うと煙のようなものを吐き出す。

7分。

自分はたった一人残されたに違いない。腫瘍はまだ外へ広がっており、天井を全て覆い尽くす。ほとんど巨人のケープのようだ。どうして自分はまだ生きているのだろう。灰色のものはまとまって菌類の山になっている。菌類の山は雲にまで届くだろうか。菌類は近づくのをやめる。しかし……。菌類の前の木々が蜘蛛の糸のように見えるものに覆われている。蜘蛛の糸のようなものは木々を全てつなぎ、灰色の胞子を捕まえて、木々を守っている。下の方では道路はもはや見えない。草が道路に取って代わり、時折木がごたごたしたところから突き出てくる。草は、分かる限りでは、芽を吹き出して近くの茎と繋がり始めている。

どうやってまだ歌を再生できているのだろう。電気はないはずだ。スピーカーはきっとほとんど草に覆われてしまっている。歌はまだあらゆる所から届いているように思える。前と同様ではないが。前は電子機器から聞こえてきた。今は合唱隊が自分のすぐ後ろにいるかのように声を感じられる。

8分。歌はどれほど長く流れ続けるだろうか。

下の草が木々を切り倒している。草は一つにつながり、幹を引き裂いている。草は木々を吸収し、より高く伸びていく。遠くの蜘蛛の糸は菌類の山を覆い始める。菌類は異常に膨らんだ部分や棒状に突き出た部分で反撃する。自分の方は屋根全体を覆い尽くしてしまっている。そして、壁をつたって降りて進んでおり、窓に至るとそこに入り込む。分かる限りでは中の人はいなくなっている。どうして分かるかと言えば、腫瘍が分かるからだ。腫瘍に目はない。しかし、伝わる熱の微かな違いや、空気や建物を伝う振動が全部感じられる。

9分が過ぎた。窓から滑り込んで自分の部屋に戻る。

部屋に戻ったときに何かが突き刺さる。かつては腫瘍だった皮のような肉のひだを棘が引き裂く。サボテンだ。
自分の皮膚は棘の周りで縮こまるが、いっそう成長を続ける。棘は自分を刺し貫き、接触により棘は狂乱的に成長する。棘が病院の最上階から噴出する。止めるには速すぎた。信じるには速すぎた。奇妙だ。まだ超然とした気持ちでいるが、それが起こったことが見えることに気がつく。同時に建物のあらゆる側面が見える。サボテンは急速に成長する自身の緑の球体部を外へ射出する。それが地面にぶつかり草を引き裂く前に、大きさが二・三倍になっているようだ。痛みがあるが、もちろん、それは新しいことではない。

ここで成長するサボテンのことを思って笑おうとする。まさに秋だというのに。しかし、もう口が無い。サボテンに覆われてしまっている。

サボテンはすさまじい勢いで広がり、地雷のような棘の球体はどれもものの数秒で一気に成熟する。サボテンが同じように自分の子供たちを外へ射出すると、草が一体になっているように動き、水が氷になるように流れて赤ちゃんサボテンの下で固まる。赤ちゃんサボテンが地面に接さないようにしているのだ。しかし、関係ない。棘が下を向き、どうにかして根を張る。赤ちゃんサボテンも同様に立ち上がる。

10分。死ぬべき時だ。

20分後、歌は不意に止まる。歌を聞くその人はそこにはいない。実は違う。何かが生き延びていた。その人の脳は千の小さな棘に刺し貫かれ、体は腫瘍から切り離されて栄養源にされていたが。肉の中には生き残ったものがあり、天井を覆っていた。その肉は永遠に生き続けるかもしれない。

それはその人が後に残した不毛の荒地ではない。歌が止まったとき、変化も止まった。少なくとも、変化の速さも停止した。変化は常に発生しているだろう。変化は本当に常にそうあり続ける。病院がかつて建っていたところは棘や針の世界となっており、草がサボテンとともに覆っていき、来るかもしれないあらゆる動物たちに明らかなメッセージを与えている。どんな動物がそこにいても、とにかく、その人は動物を認識することはないだろう。

菌類はまだ山のようにそびえ立っており、永遠にそびえ立ち続けるだろう。蜘蛛の糸は濃さを増すが、いつか虫が捕らえられることはないだろう。残った人間はいない。いくつかの奇妙な箇所にはかつて人間だったものがある。外を覗く目がついた骨の塔。四本腕で脚の無い髪の毛で覆われた一族は、ぼろぼろに砕けるコンクリートブロックに無意味な彫り込みを刻み続けるだろう。最後に死に絶えるまで。布のようなほとんど液状の肉の塊が数マイルと広がったサボテンの中をたなびき、分離しては個々の芽それぞれの周りに再び形を成している。

そして、世界は歌とともに始まった。