ブルネティッチ博士のメモ帳

Item #: SCP-3890

Object Class: Keter

Special Containment Procedures: Due to the nature of SCP-3890, and my current situation, I am unable to enact containment procedures. For the time being, I will focus my efforts on exploring SCP-3890 and the anomalous phenomena it displays.

アイテム番号: SCP-3890

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3890の性質のために、そして現在の状況のために、私は収容プロトコルを制定することが出来ない。当分の間は、SCP-3890及びSCP-3890が生じさせる異常現象の調査に集中して取り組むつもりである。

Description: SCP-3890 is a potentially extradimensional or extraterrestrial space which I, Doctor Elizabeth Graham, was somehow transported to from Site-22 on 02/17/16. At the time, I was transporting template documentation for the containment of several other SCP items, but I do not believe that they are related to this anomaly. Similarly, I am uncertain as to whether I was transported here due to my involvement with the Foundation.

説明: SCP-3809は私、エリザベス・グラハム博士が何らかの理由により、2016/2/17にサイト-22から転移させられた異次元、ないしは地球外に存在する空間である。その時、私は幾つかのSCPアイテムの収容のための定型書類を運んでいたが、私はそれらがこの異常に関係しているとは思わない。同様に、私がここへと転移させられたことが、財団の関与によるものであるかどうかということに関しても確証はない。

In terms of geography, SCP-3890 takes the form of a seemingly infinite desert plain, with ruins of differing architectural design poking out through the sand. I have noted the presence of buildings of modern design, along with what appear to be ruins of Ancient Roman and Erikeshan structures. Exploration of these structures has shown that they are mostly empty - I am unsure whether this is by design or if they were looted at some point in the past, perhaps by a specimen of SCP-3890-1.

地理的観点から言うと、私の見る限りではSCP-3890は、砂中から様々な建築様式の廃墟が突き出ている、極めて広大な砂漠である。私は古代ローマやErikeshanの建造物であるように見える廃墟と共に、現代的様式の建造物が存在していることに気が付いた。これらを調査してみたところ、そのような設計であったためなのか、それとも過去のある時点で、(ひょっとしたらSCP-3890-1の実例による)略奪に遭ったためなのかは分からないが、その内部には殆ど何もなかった。

SCP-3890, from what I can tell, goes through a solar cycle identical to that of Earth. Perhaps this location is not extradimensional or extraterrestrial, but some location on the Earth that remains hidden, perhaps through some form of antimemetic camouflage? It's warm during the day and cold during the night nonetheless, but never to an uncomfortable degree. In that way it is very much unlike an actual desert.

私の知る限りでは、SCP-3890における太陽活動周期は地球のそれと同一のものだ。もしかしたらこの場所は余剰次元や地球外ではなく、地球上のどこかの(ひょっとしたら反ミーム的カモフラージュによって)隠されている場所なのだろうか?しかしながらここは日中は暖かく夜間は寒いものの、それが不快なほどになることは決してない。このように実際の砂漠とは大きく異なっている。

SCP-3890-1 is my collective designation for the humanoid entities that wander through SCP-3890. They do not respond to any stimuli and, as far as I have been able to tell, simply walk around without a specific destination. I have observed several of them simply walking in circles around buildings. Is there meaning to this behaviour, or are they simply unintelligent? At this point, I cannot be sure. Like the buildings, specimens of SCP-3890-1 appear to originate from a range of locations and times — some modern, some ancient. I have recovered a knife from the pocket of an SCP-3890-1 specimen, so I can defend myself to a limited degree if necessary.

SCP-3890-1はSCP-3890を徘徊するヒト型実体たちに、私が与えた総称である。SCP-3890-1はどんな刺激にも反応せず、私が知る限りでは特定の目的地を持たずに歩き回っているだけだ。私はSCP-3890-1の内の幾体かが建造物の周囲を輪になって、ただひたすらに歩いているのを見た。この行動には意味があるのか、それともただ単にSCP-3890-1が知性を有していないというだけのことなのか?現時点では確信が持てない。建造物群と同様に、SCP-3890-1の実例たちは、幾体かは現代、また幾体かは古代、というように、様々な場所や時間に起源を持つように見える。私は1体のSCP-3890-1の実例のポケットからナイフを回収した。これで必要があれば最低限ではあるが自分の身を守ることが出来る。

Additionally, specimens of SCP-3890-1 do not defend themselves when attacked. Autopsy of one specimen has shown no differences between the anatomy of SCP-3890-1 and normal human beings. To my mind, there are two possibilities here:

付け加えておくと、SCP-3890-1の実例たちは、攻撃を受けた時に自分の身を守らない。1体のSCP-3890-1の実例を解剖してみたところ、SCP-3890-1と一般的な人間との間に解剖学的な差異は発見されなかった。私の考えでは、可能性は以下の2つである。

 1. Specimens of SCP-3890-1 are entities which have been created to resemble humans. Their mindless nature is the result of an imperfect creation.

 2. Specimens of SCP-3890-1 are humans which have been mentally altered in some way to rob them of their faculties.

 1. SCP-3890-1の実例たちは人間に似せて創造された存在である。実例たちの知性を欠いた性質は、不完全な創造の結果である。

 2. SCP-3890-1の実例たちは、彼らの能力を奪う何らかの方法によって、精神的に変貌させられた人間である。

So far, it appears that individuals within SCP-3890 do not experience hunger or thirst. I have been here for three days thus far, and feel pretty much the same as I did when I first arrived. I cannot be certain, however, whether I no longer need food and water or simply believe I do not. As I've come by no food here except SCP-3890-1, I very much hope the former is the case.

ひとまず、SCP-3890の内部の人物は飢えや喉の渇きを経験しないようだ。私がここに来てから3日になるが、調子はここに初めて来た時とほぼ同様である。私にはもはや食料と水が必要ないのか、それともただ単にそう考えているだけなのか、確信が持てない。私はここでSCP-3809-1以外に食料となるものを手に入れていないので、前者の場合であることを強く願う。