Central_ECH

どうぞよろしくお願いします。


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-2160-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2160-JPはその性質から物理収容が不可能です。次善策として異常性の発生を抑止することで人類社会への影響を極小化するプロトコル-"柄杓握り"が採用されます。

プロトコル-"柄杓握り"に従って複数のフロント団体を通じて日本国内の歴史研究における既知の事実を更新するイベントを一定周期で発生させ、書籍1を出版する全ての団体、マスメディア、インターネット上のサイトやSNS等を通じて一般に流布します。このとき流布される新たな事実の内容は真偽を問いませんが、既知の情報から合理的に導出されるものが望ましく、インシデント回避の観点から証拠の捏造を排することが要求されます。
SCP-2160-JP-Aのうち収容が可能な物品についてはサイト-8181内の通常物品格納倉庫に収容されます。収容が困難である場合は適宜カバーストーリーを適用して一般への露見を回避して下さい。

プロトコル-"柄杓握り"の詳細は別添資料を参照して下さい。

説明: SCP-2160-JPは一定の条件を満たすことで発生する現実改変現象です。これまで確認された事例に共通する条件として、単位空間あたりに存在する人間のうち一定以上が共通の認識を持つ歴史的事実が対象となることが判明しています。対象となる歴史的事実の真偽は発生条件と無関係であることに注意して下さい。
SCP-2160-JPは対象とする歴史的事実を覆すのに十分な物的証拠(以後、SCP-2160-JP-Aと呼称)を不定の地域に生成します。SCP-2160-JP-Aの量や形質等は対象となった歴史的事実の内容に完全に依存しており、最小のもので直径約1cmの装飾品、最大のもので推定20平方kmの城下町跡が確認されており、確認済みの全事例で人工物のみが生成されています。SCP-2160-JP-A自体には異常性は見られず、常識的手段により損傷ないし破壊が可能です。放射性炭素年代測定に代表される物体に対する通常の調査によってSCP-2160-JP-Aを同時代に製造された同種の物体と区別することには成功していません。

2017/12/██: SCP-2160-JP-Aの疑いがある物品に対して、統計的手法を用いることで判定する技術が考案されました。2018年7月までの試験期間中に221件の検査を行い、このうち17件についてSCP-2160-JP-Aであると判別することに成功しました。
この成果を受けて2018/08/██にSCP-2160-JPの特別収容プロトコルが大規模改定され、プロトコル-"柄杓握り"が制定されました。

SCP-2160-JP-Aが一般に露見した場合、従来の歴史を覆す新事実として公表・流布されて本来の歴史研究が汚染される副次的影響が考えられます。これを避けるため、現在財団ではSCP-2160-JPの発生防止とSCP-2160-JP-Aの収容を継続しています。

収容済みSCP-2160-JP-Aリスト(一部抜粋)

Case 形状 推定年代 発見時の状況 備考
02 約170平方mの古墳跡 4世紀後半 1998年
北海道中川郡
工事で採掘中に発見
日本最北の古墳として一時期注目を集めたが由来不明のまま通常の調査は2006年に終了。
2018年1月、昭和期の模造物であるとするカバーストーリー"不発の町興し"を流布し収容。
08 武田太郎2から上杉朝興3への書状 1535年 2019年
山梨県██市
古民家の蔵より発見
テレビ番組スタッフとして潜伏中の財団職員が視聴者からの投稿を受け発見。
1534年に死去したとされるはずの妻子の近況について言及あり。
カバーストーリー"江戸期の創作"を適用した後、学芸員に偽装した職員が回収。
11 木簡 798年 1994年
京都府██市
市内の博物館に所蔵した状態で発見
『平城京、長岡京、洛長京と遷都が続いたが騒乱が絶えず、愛宕のあたりを選んで改めて遷都すべき』との主張が記されている。
館内の整理中に発見されたものの収蔵時の記録が無く経緯不明。警察に潜入中の財団職員が通報を受けて回収後、Anomalousアイテムとして保管。
"洛長京"に関する情報は本品以外存在せず詳細不明。
緊急 サイト-81A94の職員証 2014年 2019年
香川県██市
近接する収容サイト-81A5で発見
発行年月日は2014/03/██。2014年時点の財団規格に適合するため正規品と見られる。
レベル3セキュリティクリアランスが認められるが該当の職員は存在しない。
SCP-████-JPの発見は2018年であり、サイト-81A5への収容後はカバーストーリー"歴史資料館"を適用。
2020年現在も収容状態を維持している。

 
 

 
 

 
 
補遺1: サイト-81A9に関する調査と研究の結果、SCP-2160-JPによる現実改変は現在における物体発生現象ではなく、負の時間方向に作用する過去改変事象であると推測されています。現代において発生したSCP-2160-JPは認識圧力の発生源となった歴史的事象Aに反する特定の歴史的事象¬Aを過去に遡って消去していると考えられます。
SCP-2160-JP-Aは過去改変事象により消去された特定の歴史的事象¬Aに関する史料の残存物であり、現代において発見(もしくは"再発見")されることで改変の影響を受けていない本来の歴史を明らかにできる可能性がある一方、SCP-2160-JP-Aを根拠とする歴史史観は現実からは既に消去されたものであり、一般に流布された場合不測の事態を引き起こす可能性があります。財団では本来存在していたであろう歴史の保護を目的としてSCP-2160-JP-Aの確保を継続することを決定しました。
 
 

 
 
補遺2: 2019年から少なくとも2519年まで継続する実験の結果、現在適用中の任意のアノマリーに関するカバーストーリーが一般に流布されたまま遠未来まで残存し、かつ財団の収容活動が歴史的事実として一般に認知されなかった場合、SCP-2160-JPの発生によって過去に遡って財団の存在が消去される危険性が指摘されました。想定される最悪のシナリオでは、財団が過去から現在、未来に至るまでに収容する全てのアノマリーの収容違反が発生するものと思われます。

2020年時点で財団が保有する抗現実改変設備を使用していてもSCP-2160-JPによる現実改変を逃れることは極めて困難であると考えられるため、影響回避のために財団の管理下にあるカバーストーリーについてもプロトコル-"柄杓握り"の対象とすることが求められます。一方で特別収容プロトコルとして定期的な変更が不可能であるカバーストーリーが複数存在するため、画一的な対応は現実的ではないと判断されています。
いずれにせよ何らかの手段によって財団そのものがSCP-2160-JPの影響を受ける事態を回避する必要があり、現在O5評議会の指揮によって対応策の検討が進められています。


■低評価削除対象の改稿中

アイテム番号: SCP-1461-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1461-JPは施錠固定が可能な専用アイマスクを装着した状態でサイト-81██の標準人型オブジェクト収容室に収容します。
実験を除き専用アイマスクの取り外しは認められず、これを必要とする場合は事前と事後にAICによるクリアランステストを受診する必要があります。クリアランステストで異常が検知された場合はSCP-1461-JP及び対象の職員を拘束して精密診断を行ってください。SCP-1461-JPは財団による収容に比較的協力的ですが、収容違反の原因となり得る為SCP-1461-JPからの提案や申し出は全て却下して下さい。これらに違反した職員は即時解雇の対象となります。

SCP-1461-JP-A群は能動的な異常性を発揮しないため全個体の収容は見送られています。カバーストーリー"新種の精神病"を適用すると共に、これらの症状の緩和のために開発した『"クォータ"1461-B錠剤』を日本政府の協力を得て一般に流通させ、専門医の診断によって処方されるよう指導します。

説明: SCP-1461-JPは身長150cm程度、10代後半から20代前半の一般的な日系女性である元・エージェント木本のように認識される人型オブジェクトです。SCP-1461-JPの異常性は視界内で進行する事象Xで何らかの”偶発的な事故”によって1名以上の欠員5が発生し、かつ「自身が欠員の代理となる」というSCP-1461-JPの申し出が受け入れられることで起動します。申し出が受け入れられた場合、無差別的に発生する精神影響と記憶改竄によってSCP-1461-JPと対象の欠員1名の氏名や性別、職業に代表される社会的地位等、個人を識別しうる全ての情報が入れ替わって認識されるようになります。SCP-1461-JPの異常性は事象Xが終了するまでの間は再度起動することはありませんが、事象Xの終了後は待機状態に移行し、別の事象X'を目撃した場合に改めて起動することが判明しています。

文章等の記録や写真等の画像は異常性による改竄の影響は受けませんが、異常性の影響下にある人間が「入れ替わった人物」と「記録内の人物」が異なるような不自然な情報に接触したとしても両者が同一であるかのように認識します。機械を用いた判定は異常性の影響外にあることからSCP-1461-JPの収容にAICを用いることは有効であり、SCP-1461-JP実体はAICからの報告によれば40代前半の日系男性であると推定されています。目視等で認識される形状は収容前に発生した最後の入れ替わり6による精神影響の効果と推測されていますが、AICがエージェント・木本と判定する人物は2002年3月に自己終了していることが確認されました。

2000年7月頃、財団がアノマリーの早期発見のために市街に設置した監視カメラの画像自動解析結果と監視員による目視確認に異常な差異が発生していることから異常性が察知されました。2002年1月には追跡専用AIC"イルヴァ"の開発・投入によりSCP-1461-JP実体を確保、収容に成功しています。
SCP-1461-JPの異常性は生来のものと推測され、2000年までは数年から十数年に1回の頻度でのみ入れ替わりを行っていたものの、1999年から2001年までの期間で『終末論を信じ、悔い改めて善行を積むために社会貢献する』ことを目的として積極的な代理の申し出と入れ替わりを行っていたと証言、追跡調査によって事実確認されました。期間及び規模から発生・拡散した異常性の全容を正確に掌握することは困難であり、財団の現在の方針は異常性のこれ以上の発生・拡散防止に重点が置かれています。

SCP-1461-JPによる入れ替わりは基本的に非可逆的であり、異常性の完全な除去の試みは現在まで成功していません。このため事象Xの欠員と入れ替わったSCP-1461-JPが次に事象X’の欠員と入れ替わった場合、事象X’の欠員はこれ以降事象Xの欠員として認識され続けます。一連の異常性の影響は低い確率で時間経過によって逓減しますが、同時に「自分や知人がいつの間にか別の人間と入れ替わっていた」という妄想性障害に似た症状を発症します。この時主張される"入れ替わり"は事実であるものの異常性の影響によって周囲からは精神疾患の一種として識別され、専門医を受診することで異常性の影響が発覚するケースが増加しています。財団ではこれらの"症状"が顕在化した群をSCP-1461-JP-Aと定義し、異常性の隠蔽及び症状の緩和を目的としてクラスB記憶処理に含まれる薬品を元に限定的な記憶影響を発生させる『"クォータ"1461-B錠剤』を開発、SCP-1461-JP-Aの自覚症状を抑制する処方薬としてフロント企業から一般に流通させています。
SCP-1461-JP-Aは本人のものと人間が認識する血液型やDNA等の生体情報が実際のものと異なるケースが多く、輸血ミスによる死亡事故や指紋登録ミス、DNA鑑定の誤認による悪影響が懸念されることからカバーストーリー"新種の精神病"によってSCP-1461-JP-Aの早期発見・早期治療と『"クォータ"1461-B錠剤』服用以後の献血等の禁止を啓蒙しています。

2018年8月現在、SCP-1461-JP-Aは30万人程度存在すると推測されています。


 
 
 
■作成中、またはネタがイマイチなので塩漬け中

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの特異性は1999年以降確認されておらず、何らかの要因によって無力化されたものと推測されています。過去の特別収容プロトコル-”バースデーケーキ”は2001年以降適用されません。

説明: SCP-XXX-JPは現在の太陽暦における██/██に相当する一日に関する異常性です。SCP-XXX-JPは財団フロント企業の表面上の業務として196█年に高知県[編集済み]にて実施された調査の過程で発見され、Anomalousアイテム「██/██生まれがいない都市」として保管されましたが、その後の調査において特異性が人間の出生に限定されない可能性が浮上し、オブジェクトとしての収容が決定されました。
発見時の状況からSCP-XXX-JPの特異性は「特定地域において該当の一日の間で人間が生まれない事象」と推定され、日本国管理下にある出生証明書において他の地域との比較による同定が試みられた結果██/██を出生日とする届け出の件数が統計的に作為が疑われる規模で少なかったことが判明し、1969年に暫定Safeクラスオブジェクトとして登録されています。その後2年をかけて行われた全世界的な調査の結果、厳密な戸籍管理が行われている国家の全てにおいて██/██が出生日となった人間が統計的に極めて有意に少なく、かつその全てが誤認や誤記、サボタージュ、偽造等の不正行為、書類不備等による不正確な登録であり、正しい情報ではなかったことが判明しました。1970年以降も継続して観測が行われていますが、1999年までの間に状況の変化は確認されていません。

1984年から1987年にかけてDクラス職員34名を使用して行われた実験では、1985年██月に30名のDクラス職員に対して受精卵14を移植した後に██/██の出産状況を観察しました。30名のうち12名については下記事由により期間中に実験対象から除外されています。
事由 人数 補足
着床が確認されなかった 4名 実験終了の旨を通達後、転属
早期流産 3名 カウンセリング後、転属
後期流産 2名 本人の希望があり、承認を受けて記憶処理を実施
実験途中で終了 1名 妊娠中毒症による
██/██より前に出産 2名 早産の可能性があり抑制剤を投与していたが、副作用が懸念され実験中止

1986/██/██の前日まで妊娠状態を維持した18名のDクラス職員に対して同日23:30より陣痛促進剤を投与、8時間以内に全員が陣痛を訴えたものの██/██ 20:00時点で娩出が完了したDクラス職員は0人でした。このため20:15より3名に対して緊急帝王切開手術を行ったところ全員の胎児が心肺停止状態で娩出され、管理体制上の問題から追加の緊急帝王切開は見送られました。翌日00:11に最初のDクラス職員が自然分娩による娩出に成功し、23:40までに残り14名全員の娩出が終了しています。
██/██に緊急帝王切開により心肺停止状態で娩出された3体を含む5体の新生児が出生後5時間~24時間で死亡しました。他の新生児のうち6体で低出生体重及び何らかの身体機能の未発達が認められ、さらに3体は主要臓器の未発達が原因で出生後72時間以内に死亡しました。出産を行った18名のDクラス職員のうち2名が娩出後72時間以内に死亡していますが、いずれのケースにおいても医学的根拠を疑うに足る状況を捉えることはできず、異常性は認定されませんでした15。実験後72時間以上生存した新生児10体は出生後3ヵ月間と設定された研究観察期間においても異常性は確認されなかったため、事前に用意されたパーソナルデータを適用し財団管理下の養護施設に収容しました。3年間隔で行われている状況確認においても特異性は認められていません。実験後生存した16名のDクラス職員については全員が反抗的な態度を示したものの想定された範囲を超える反応を示す職員はおらず、異常性も認められなかったことから記憶処置の後に通常の転属処理が行われました。

1987/01/██に行われた報告において、実験中の██/██に正常に娩出された胎児がいなかった事に留まらず、同日中に死亡した胎児およびDクラス職員が存在しないことからSCP-XXX-JPの異常性が「誕生しない」のみならず「死亡しない」を含有する可能性が示唆されたため、精子提供者として使用された4名のDクラス職員を再利用した追加実験が行われました。実験は下記の通り、いずれも1987/██/██ 00:01に開始されています。
職員名 実験内容 結果
D-19478 頸部を切断 D-19478の頸部は問題なく切断されたが、脳波の反応は微弱ながらも24時間継続した。脳波の停止を確認後、終了判定された
D-79962 致死量の筋弛緩剤を投与 心肺停止を確認。18時間後に心拍および自律呼吸が自然回復したが翌日0:32に再度停止。その後終了判定された
D-82155 20kgの拘束具を付けて水深5mのプールに投下 約12分後に脳波が停止。腕部及び脚部において筋線維に不自然な収縮が観測され、24時間継続後に消失。その後終了判定された
D-83361 実験中止 十分に加熱した溶鉱炉への投下が予定されたが、センサー機器の耐熱性の問題で状態を正確に観測することが困難であることが判明し、中止

以上の状況からSCP-XXX-JPの特異性は人間の生き死にに関わらず、「██/██を何らかの意味を持つ一日にしない」というものであると推測されています。

補遺: 1999/██/██、過去の観察結果を覆す事象として全世界において統計的に不自然ではない数の出生が報告され、同時にインシデント-"33QW‐5612A-S"の解消が確認されたことからSCP-XXX-JPの異常性が喪失した疑いが浮上しました。1999年を含めた3年間を経過観察期間と設定したところ2000年及び2001年も同様の状況であったことから、現在はSCP-XXX-JPの異常性は失われたと考えられています。


 
 
 
 
 
 
 
■お蔵入り。そのうちやります

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1は事案XXX-JP-Cで発生した収容違反事件の際に実体と異常性を喪失したため現在は収容されていません。SCP-XXX-JP-1の代理としてSCP-XXX-JP-2が収容されていますが、その特別収容プロトコルはSCP-XXX-JP-1に準拠することに注意してください。

説明: SCP-XXX-JP-2は身長170cm、体重66kgの日本人男性らしき外見的特徴を持った人間型オブジェクトです。SCP-XXX-JP-2は事案XXX-JP-Cの際に負傷したエージェント・三橋の代理としてSCP-XXX-JP-1を再収容しましたが、その後の[データ削除]でSCP-XXX-JP-1の実体と異常性が恒久的に失われたため、その代わりに収容されることになりました。SCP-XXX-JP-2は事案XXX-JP-Cの時点で山本██と名乗りましたが、その証言通り██県██市に全ての特徴がSCP-XXX-JP-2と一致する3█歳の男性が居住していたことを確認しています。

SCP-XXX-JP-2の異常性は現実改変能力と認識災害の2つに分類され、それにより次の4つの段階を順に発生させます。

段階1 偶発的な事故により、SCP-XXX-JP-2の視界内で進行している事象Xに1名の欠員が発生します。この“欠員”は必ずしも対象者の死亡を意味せず、負傷や装備品の故障により事象の継続が困難となるケースも含みます。発生する偶発的な事故は現実改変による確率操作が原因と考えられますが、SCP-XXX-JP-2が事象Xを任意に選択することは出来ないと推測されます。
段階2 認識災害が発生し、欠員の補充人員としてSCP-XXX-JP-2が指名されます。SCP-XXX-JP-2が欠員の代行をする事について周囲の関係者が疑問を抱くことはありません。
段階3 SCP-XXX-JP-2が事象Xに加わり欠員の代行を行ないます。発生した欠員が何らかのサービスを受ける立場だった場合、その全てをSCP-XXX-JP-2が代わりに享受します。 段階3は基本的に事象Xの当初の予定に準じた日程で進行します。
段階4 事象Xが終了条件(これは課題の達成や期間の満了など個々の事象に依存します)を満たします。SCP-XXX-JP-2による代行が完了し、その異常性が非活性状態へと移行します。この非活性状態は最低1時間から最大167時間継続すると推測され、一定時間経過後に別の事象Xに対して新たに段階1を発生させます。

現在の収容状態は段階3に相当します。これまでのところ段階1~4の進行中に更に段階1が発生した事例は確認されていませんが、新たに段階1が発生していないかの監視を怠らないようにして下さい。

インタビュー記録XXX-1 - 日付19██/██/██

対象: エージェント・三橋

インタビュアー: 小林博士

付記: 事案XXX-JP-Cで負傷した際、SCP-XXX-JP-2を代理に指名した事についての聞き取り調査が行われました。

<録音開始>

小林博士: [会話]

エージェント・三橋: [会話]

<録音終了>

終了報告書: 事案XXX-JP-Cの直前の検査ではエージェント・三橋の判断力に異常はありませんでした。未知のオブジェクトの影響下にある危険性があり、無関係の民間人を巻き込んだことについての処罰は慎重に行うべきです。

インタビュー記録XXX-2 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXX-JP管理責任者

インタビュアー: 小林博士

付記: 事案XXX-JP-Cとその再収用後でSCP-XXX-JP-1が失われた際にSCP-XXX-JP-2を代わりに収容した事について聞き取り調査が行われました。

<録音開始>

小林博士: [会話]

管理責任者: [会話]

<録音終了>

終了報告書: 過去の定例検査ではこの管理責任者に異常は見受けられませんでした。エージェント・三橋同様、未知のオブジェクトの影響下にある可能性が考えられます。民間人をオブジェクトの代理として収容してしまうという行動に対する処罰は慎重に検討されるべきと進言します。

インタビュー記録XXX-3 - 日付19██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-2

インタビュアー: 小林博士

付記: 山田██氏がSCP-XXX-JP-1の代理として収容された後、聞き取り調査が行われました。

<録音開始>

小林博士: [会話]

SCP-XXX-JP-2: [会話]

<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JP-2は、偶然にも財団に収容されるべき異常性を保有するオブジェクトです。現在の収容プロトコルを継続し、保護する必要があると判断します。

補遺1: 20██/██/██現在、SCP-XXX-JP-2の体温が35℃を下回る事例は発生していません。SCP-XXX-JP-2が“忠実な代役”の遂行のためにSCP-XXX-JP-1の異常性を獲得することは無いようです。このためSCP-XXX-JP-2に適した特別収容プロトコルへの更新が提案されましたが、却下されました。