ccle


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-4620

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 主要国の公衆衛生機関に潜伏するエージェントはSCP-4620実体を購入したあらゆる企業に訪問し、押収します。押収した実体はサイト-34のSafeクラス用収容ロッカーに保存します。

説明: SCP-4620は"With Your Full Belly"ベーカリーによって作られる全てのサンドイッチが共通して指定されています。SCP-4620はパンの表面の、購入者の地域の通貨記号に同一の奇跡論的な彫刻を除いて非異常のサンドイッチに類似しています。

SCP-4620を摂取すると、対象は一定期間空腹を感じなくなります。この期間は支払われた額とその国のインフレーションに依存します。しかし、対象の喉の渇きはそのままであり、対象は通常通り損害を被り、睡眠を必要とします。

影響の終了後、対象はSCP-4620の影響下にあった時間に正比例した通常の空腹を経験します。

インタビューログ:

前書: オルテガ博士はSCP-4620に関して元With Your Full Belly従業員のエステバン・マンリケにインタビューを行った。

<ログ開始>

オルテガ: こんにちは、マンリケさん。SCP-4620とは何か、説明していただけますか?

マンリケ: ああそうそう。パンです。私の上司は、いかに最高の方法があるか、それが決定的な現物支給であること、それが第三世界の飢餓問題の解決策になるだろうことについて沢山話すのが好きでした。

オルテガ: もし私が間違えていなければ、以前の勤め先は39人を雇っていて、売り場はありませんでしたね。

マンリケ: 私はどのようにパンが準備されているかの管理のみを担当していたので、あまりお話しできることはありません。ですが時々、私はマネー・ロンダリングに関わっていると思っていました。正直に言えば、私たちはむしろあらゆるトラックを扱うディーラーのようでした。

オルテガ: 分かりました。次に、あなたの部下がどのようにSCP-4620を準備していたかお話いただけますか?

マンリケ: ええ、最後まで普通のパンのようでした。その最後に、ボスは私たちに「ラッキーコイン」を使ってコインの記号が形作られるまでそれを少し埋め込むよう命じます。彼の言うには、それは「貿易と栄養の元素エネルギー」か何かのためだそうで。

オルテガ: 結構。ご協力ありがとうございました、マンリケさん。

マンリケ: 待ってください、私はまだどのように私が首になったかもどのように何も食べず1ヶ月生きているかも―

オルテガ: マンリケさん、私はインタビューは終了したと伝えたはずです、残念なことですが。もし貢献できる何かをあなたは持っていると判断すれば、その時は別の日にお呼びしますよ。良い一日を。

<ログ終了>



PMやDiscord、Twitter等で翻訳の査読を手伝うよう言われたら優先的に反応します。


  • SCP-2125 - The Hanging Tree /首吊りの木
  • Technical Writing & You / 専門的な文書の書き方と、専門家のあなたへ
  • SCP-3010 - Causal-Absent Paranoia /無因性偏執病
  • SCP-2945 - USB ██.0
  • SCP-ℸp♡9 - あるいは、KTE-6561-Black、あるいは、dolphinslugchugger並びにscarhaverのGAW-1提言、あるいは、8008132、あるいは、湖畔に住む我らの友人、あるいは、湖、あるいは、極めて重要な問いかけ、あるいは、我々が今回新しいことをした理由、あるいは、やるからには全力で
  • SCP-4620 - Bread for Today, Wage for Never / 今日のパン、未払の賃金