ccle


訳了:10%
メタタイトル:SCP-ℸp♡9 - or, KTE-6561-Black, or, dolphinslugchugger and scarhaver's GAW-1 proposal, or, 8008132, or, Our Friend Who Lives By The Lake, or, The Lake, or, A Very Important Question, or, The Reason We Did Something New This Time, or, Go Big or Go Home
SCP-ℸp♡9、あるいは、KTE-6561-Black、あるいは、dolphinslugchugger並びにscarhaverのGAW-1提言、あるいは、8008132、あるいは、湖畔に住む我らが友人、あるいは、湖、あるいは、極めて重要な問いかけ、あるいは、我々が今回新しいことをした理由、あるいは、やるからには思い切りやれ
ページタイトル:Project Kenowhere Central Volunteer Hub
ページタイトル:プロジェクト・ケノウェア セントラルボランティアハブ

評価: 0+x

I, Gamers Against Weed member bones, am the archivist and curator of this hub, selected through direct democracy by those involved with the project from among the willing candidates. Any complaints about the construction of this hub may be sent directly to me, and I will do my best to address them.
私、ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのbonesは、プロジェクトにかかわる人々によって積極的な志願者の中から直接民主主義で選ばれた、このハブの保管者にして館長だ。このハブの構造についてのあらゆる苦情は私に直接送られるだろうから、私はそれに誠意をもって対処するだろう。

Several other Gamers Against Weed members and one affiliate were invited to contribute to the initial structuring of this hub, through commentary on sections written by others, and in some cases, through sections written. Each contributor will be clearly indicated in the section in which their contributions appear, by their most commonly used username.
このハブを最初に組み上げるにあたって、いくらか他のゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのメンバーと1つの関係団体に頼み寄稿してもらった。彼らは他者が、場合によっては自信が書いたセクションに解説を加えている。それぞれの寄稿したセクションには、それぞれが最も常用するユーザーネームで寄稿者が明示されている。

Due to the seriousness of the project, Camp Kenowhere was chosen to be the first project to be given this treatment. If this hub is shown to be successful in helping to facilitate the Camp Kenowhere project, we may begin to maintain similar documents on other projects.
プロジェクトの重大性から、キャンプ・ケノウェアはこの処理が与えられる最初の計画に選ばれた。もしこのハブがキャンプ・ケノウェアを円滑に進める上で役立つことが示されれば、我々は他のプロジェクトにおいて同様のドキュメントを維持し始めるだろう。

Table of Contents / 目次

  1. Annotated SCP Foundation Documentation, Archival Copy: Ostensibly, the Foundation's own containment document for the Camp Kenowhere project or possibly the Fortune Redistribution Project (designated SCP-ℸp♡9). Its utility is limited, as we were only able to retrieve a corrupted fragment of the data. Contributors to this hub have provided annotations in the form of footnotes where deemed appropriate. Both this section and the one following it are included in this hub to stress the precariousness of the Kenowhere project.
  2. 注釈付きSCP財団報告書、記録文書の写し: 表向きは、財団所有の、キャンプ・ケノウェア計画か、あるいは運命再配分計画に備えた収容文書 (SCP-ℸp♡9に指定) 。我々は破損したデータ片しか回収できなかったために、その有用性には限りがある。このハブへの寄稿者は適切と思われるところに脚注の形で注釈を加えている。
  3. Annotated Global Occult Coalition Documentation, Archival Copy: Similarly, the Global Occult Coalition's threat log concerning both the Camp Kenowhere project (designated KTE-6561-Parallax Blackchild) and the Fortune Redistribution Project (designated KTE-6561-Black). Considered accurate for the time it was retrieved, 2017-11-4. Similarly annotated by hub contributors.
  4. 注釈付き世界オカルト連合文書、記録文書の写し: 同様に、世界オカルト連合の、キャンプ・ケノウェア計画 (KTE-6561-Parallax Blackchildに指定) か、あるいは運命再配分計画 (KTE-6561-Blackに指定) に関わる脅威存在事件簿。これが回収された2017年11月4日の時点では正確であると考えられている。同様にハブの寄稿者による注釈が加えられている。
  5. The greenmanwalking Reports: Excerpts from a series of never-filed reports from former Global Occult Coalition enlisted member Silas Ayers, also known as greenmanwalking, written over the course of his final assignment with that organization. Much of the content of the original reports, including entire entries, have been removed for irrelevance to our purposes or privacy reasons. The remainder provide a useful 'outside' perspective on both the Kenowhere project and the related Fortune Redistribution project, and it is the belief of this archivist that they serve as a useful introduction to the realities of those projects for the uninitiated.
  6. グリーンマンウォーキングの記録: グリーンマンウォーキングとしても知られる、元世界オカルト連合加入者であるシラス・エアーズの、連合との最後の任務の過程で作成された一連の未提出報告書の抜粋。全体の見出しを含む元の報告書の内容の多くは我々の目的に無関係か、プライバシーのために削除されている。残りは有益な「外部」からの視点をもたらし、詳しくない者へ向けたそれらのプロジェクトの実態を知るための有用な導入としての役割を果たすと保管者は信じている。
  7. Project Summary: An explanation of the Camp Kenowhere project and the related Fortune Redistribution project from the perspective of the people involved in them. Mostly history and interviews.
  8. プロジェクトの大要: キャンプ・ケノウェア計画および関連する運命再配分計画についての、それらの関係者の視点からの説明。大半は歴史と対談である。
  9. How You Can Help: The reason this hub exists. Here given are the logistical, scientific, magical, and social problems that still need to be addressed with the ongoing Camp Kenowhere project, introduced by the Gamers Against Weed members and affiliates currently taking charge of those situations, and what kind of assistance or support is required.
  10. 貴方が手伝う方法: このハブの存在理由。進行中のキャンプ・ケノウェア計画において未だ対処しなければならないロジスティックかつ科学的、魔法的、社会的な問題の現在それらの事態に対処しているゲーマーズ・アゲインスト・ウィードメンバー及び関係団体による紹介と、そしてどのような種類の援助や支援が求められているか。
  11. Final Note
  12. おわりに


書きたくなったら書きます


SCP-2125 - The Hanging Tree /首吊りの木
Technical Writing & You / 専門的な文書の書き方と、専門家のあなたへ
SCP-3010 - Causal-Absent Paranoia /無因性偏執病
SCP-2945 - USB ██.0