SCP-XXX-JP 「軍隊植物」
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
SCP-XXX-JP.jpg

最初に発見されたSCP-XXX-JPと同型のAH-1S対戦車ヘリコプター

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-81XXの厚さ1.5センチメートル一辺が12.5メートルの強化アクリル製の部屋に収容されています。SCP-XXX-JPが散布する花粉が漏出しない様に部屋には空気濾過器を取り付け、月に1度メンテナンスを行って下さい。確保したSCP-XXX-JP-1は大型収容格納庫に保管してください。格納庫内ではSCP-XXX-JP-1をワイヤーで固定し、異常が発生した際には直ちに機動部隊ゑ-6 ("芝刈り機")を出動させ、100度以上の加熱による無力化を実行してください。SCP-XXX-JP-1に対する実験は現在中止されています。

説明: SCP-XXX-JPは軍事兵器に受粉するスギ属の植物です。SCP-XXX-JPの特異性は、本体から散布された花粉が兵器のエンジンなどから吸入される事で発揮されます。花粉を吸入した兵器は2日程でSCP-XXX-JP-1となり、外見上は原型となった兵器と区別がつきませんが、耐久力の大幅な増加や高熱に対して通常の兵器よりも脆弱という点が異なります。

SCP-XXX-JP-1は搭乗した人間の脳を使って思考及び行動してるとみられ、その行動は内部の人間の搭乗する機体に対する知識によって左右される事が確認されています1。Dクラス職員を用いた実験では被験者が操縦席に乗り込み、シートベルトをしめるとキャノピーが閉じ外部から開けることが不可能になります。操縦者はキャノピーが閉じた瞬間から意識を失い、シートベルトによって座席に固定されます。(これは、SCP-XXX-JP-1の根にあたる部分だとされます。)これ以降の動作はSCP-XXX-JPの意思によるものだと考えられ、内部の人間はおよそ5時間ほどで水分と脂肪分を吸収され死亡します。これはSCP-XXX-JP-1が活動する際の燃料として人間が使用されたと推測されています。

SCP-XXX-JP-1の排気ガスはSCP-XXX-JPが散布する花粉と同様のものとなり、これを他の兵器が吸入した場合新たにSCP-XXX-JP-1が生成されます。また、SCP-XXX-JP-1が使用する弾薬類は全てSCP-XXX-JPの種子となり、着弾した地点から数日程でSCP-XXX-JPが発芽します。

SCP-XXX-JPは2〜4月2の間、ランダムに無人にもかかわらず起動します。しかし、有人のときの状態とは違い、攻撃対象が兵器だけでなく周囲に存在する全ての物体となっています。これは有人時に搭乗者の脳を使って複雑な思考をしている為と考えられ、無人状態では単純な行動しか出来ず、このような行動となると考えられます。

SCP-XXX-JPは20██年█月に実施された陸上自衛隊の演習中に発見されました。当時、陸上自衛隊███駐屯地所属のAH-1Sに受粉していたことによって、搭乗していた██1尉と███2尉を含む█名の自衛隊関係者が死亡、花粉を吸入しSCP-XXX-JP-1となった車両が█両確認されています。この出来事が財団の関心を引き、陸自内に潜入していた財団職員がカバーストーリー「動作不良のための解体」を用い、擬態していた個体と攻撃に被弾した74式戦車1両を回収し、他の被弾した個体は全て焼却処分されました。

補遺: アメリカ軍とロシア軍に所属していたSCP-XXX-JPは中東でのテロ組織掃討作戦に参加していました。