C-Divesの砂場
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2279

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 民間人の入店を防ぐために、偽装用の建設工事現場がSCP-2279の周囲に展開されています。SCP-2279の内部は監視カメラを通して確認されます。

財団の工作員のみがSCP-2279への入店を許可されます。Dクラス職員を用いた実験は、SCP-2279活性化の必要条件を断定するため、注意深く監視する必要があります。

説明: SCP-2279はテネシー州███████にあるペット販売店です。“ピープルズ・ペットショップ”THE PEOPLE'S PET SHOPという看板が建造物のドアの上に掲げられています。建造物には窓が無く、入口は正面ドアのみです。SCP-2279の内部には様々な家畜動物 (以下、SCP-2279-A) とヒト型実体群 (以下、SCP-2279-B) が存在します。

人間がSCP-2279の店内にいない時1、SCP-2279-A個体群はほぼ常に四肢欠損、顔面負傷、全身各所の感染性創傷といった何らかの重傷を負っています。SCP-2279の店内にいる間、これらの実体群は傷のために絶えず苦痛を感じているようです。時折、新しいSCP-2279-A個体が店内に出現します。SCP-2279-A個体群は一般的な手段で殺すことができません。

SCP-2279-B個体群は人間が入店しない限り出現しません。この時点で、SCP-2279-A個体群の傷は顕著に、もしくは完全に治癒したように見えます。SCP-2279に入店すると、次の2種類の事象のどちらかが発生します — 対象者は退出するまでSCP-2279-A及びSCP-2279-B個体群からほぼ無視されるか、1体のSCP-2279-B個体が対象者に接近し、ある特定のSCP-2279-A個体を大金または非常に個人的価値のある物と引き換えに購入するように促します。奨められた個体以外の動物を購入しようとすると抵抗に直面します。前者の状況はSCP-2279の発見後に財団が調査を試みるとほぼ毎回発生しており2、後者は通常、事情を知らない民間人が入店する時に発生します。SCP-2279の異常性の知識を持たない人物は、入店したいという若干の衝動を感じるようです。現時点では、この基準は不明です。

対象者が奨めを拒否した場合、そのSCP-2279-A個体を家に連れ帰ると了承するまで、SCP-2279-B個体群は物理的に対象者の退店を妨害します。これらの事例において、SCP-2279-B個体群は著しい体力と耐久性を発揮しました3

SCP-2279-A個体が対象者の住居へ連れて行かれると、異常事象が発生します。この事象は全5段階から成り、平均して11週間かけて進行します。

段階 購入後の経過時間 説明
第1段階 2週間未満 まだ対象者とSCP-2279-Aのどちらにも変わった様子は見られません。しかしながら、対象者はSCP-2279を退出した時点で死ぬことが不可能になります。
第2段階 2~6週間 SCP-2279-Aの軽微な傷が、往々にしてそれと分かる理由もなく、急速に悪化し始めます。負傷に気付いているか否かに関係なく、飼い主はSCP-2279-Aの体調を不安視する傾向を強めていきます。
第3段階 6~8週間 SCP-2279-Aの身体を覆う傷が治癒し始め、代わりに対象者に表出し始めます。対象者は多くの場合、SCP-2279-Aの健康状態が改善しているように見えることや、自らの健康状態が悪化しつつあることを認識しません。この時点から、対象者はSCP-2279-Aの世話をするために飲食や睡眠を控えるようになります。この苦悩や傷の表出は、対象者がSCP-2279-Aの姿を実際に見ることができない、またはSCP-2279-Aに関する知識を全く持たない状態でも発生します。
第4段階 8~10週間 この段階において、飼い主の体調は — 通常、筋肉の衰えが原因となって — 身動きが不可能になるまで悪化します。この間、SCP-2279-A個体の体調は、最初にSCP-2279を離れた時の様子よりも良い状態になるまで回復します。
第5段階 10~11週間 SCP-2279-Aは動けなくなった対象者を消費し、消失します。

インタビュー-2279-イータ: 2012/05/12、SCP-2279の観察継続とデータ収集を目的として財団エージェントが入店しました。この時点で、SCP-2279-Bへのインタビューは既に幾度か実施されていました。

回答者: SCP-2279-B-17

質問者: エージェント フレドリックス、エージェント ティモンズ

序: 財団プロトコルに従い、エージェント フレドリックスは実地経験を積ませる予定の新入財団工作員を同伴していた。問題の工作員はエージェント █████・ティモンズだった。

<記録開始>

フレドリックス: こんにちは、SCP-2279-B-17。

SCP-2279-B-17: おお、またあんたか。俺をいい加減“サム”と呼ぶのは、これまでの3回よりも気が進まねぇかい?

フレドリックス: B-17、その答えはもう君も分かっているはずだ。

SCP-2279-B-17: [大きな溜め息を吐き、エージェント ティモンズに気付く] おおーぅ、こいつは新顔じゃないか、えぇ? 第二のチャンスが巡り来る場所、ピープルズ・ペットショップへようこそ。どうやらお友達が欲しそうだな? 特にあんたのアパートは [長々と息を吐く] 近頃随分と静かになったろ、んん?

ティモンズ: え—

フレドリックス: [遮る] B-17、今話しているのは私のはずだ。だから—

SCP-2279-B-17: [遮る] うるせぇな、おい、新しく訊きてぇ事ができた訳でもあるめぇしよ。 [ティモンズに話しかける] さぁーて、良かったら… この子を連れて行かないか? [エージェント ティモンズに1匹の三毛猫、以下SCP-2279-A-042を提示する。4]

Timmons: [stares at SCP-2279-A-042] I… I can't…

SCP-2279-B-17: Oh, I assure you, miss, you can. Don't you want her? She seems to really want you.

Timmons: Please… I don't… I didn't mean to…

Fredricks: Agent, I… [clears his throat] I believe at this time that it would be our best option to take it. We will study this more back at the site.

Timmons: …Yes, sir.

SCP-2279-B-17: [looking directly at Agent Timmons one eyebrow raised, smiling] Have a nice day, now.

<End Log>

Closing Statement: Agent Fredricks and Agent Timmons escorted SCP-2279-A-042 to Site 23. The entity was placed into Temporary Containment Chamber #242 while Agent Fredricks escorted Agent Timmons to be interviewed in order to more fully investigate the anomaly. See Interview-2279-Theta.

Interview-2279-Theta:

Interviewed: Agent Timmons

Interviewer: Agent Harmon

Foreword: This interview took place immediately following the events of Interview-2279-Eta.

<Begin Log>

Harmon: Agent Timmons. For the sake of this log, please summarize the events leading up to this interview.

Timmons: [silence for several seconds before speaking. When she does, she speaks softly and slowly] I was investigating SCP-2279 with Agent Fredricks. I came along to get experience working as an operative of the Foundation. I was addressed by one of the entities associated with the anomaly, who offered me Eil— [stops herself, gulps] SCP-2279-A-042. Given that all noted previous attempts by other persons to exit SCP-2279 without accepting the offer before this point had been met with harsh physical resistance, it was determined that the best course of action would be to comply with the entity. SCP-2279-A-042 is currently contained in a temporary holding cell.

Harmon: Excellent. Now, Timmons, you seem to recognize this entity.

Timmons: Yes.

Harmon: Can you tell me how?

Timmons: [pauses for approximately five (5) seconds] The entity looks identical to my old pet, Eileen, who died a few months ago.

Harmon: I see. How did she die?

Timmons: [pauses for approximately ten (10) seconds] I… I made a mistake. I was trying this new thing, something fun for myself, making a pizza. I got everything out: the dough, the cheese, the pepperoni, everything, when my friend called, said it was an emergency. I rushed over only to find it was a surprise party for… well, me. She noticed I had been a little down at the time and thought it could cheer me up. And it did. But I was there for so long that I lost track of time and ended up staying overnight. When I got home I… I… [gulps] Did you know that raw bread dough is poisonous to cats? I didn't. I sure didn't. I… found her, curled up in my closet and… and… [trails off]

Harmon: I believe that's enough about that incident. Was this pet treated well prior to this?

Timmons: I tried, certainly. But I was struggling at the time, just trying to get by and… some days it was hard to remember to find time for her. To take care of her. To… [long inhale] to feed her. I… wanted to give her a good home but I guess… [trails off]

Harmon: I see. Thank you, Agent Timmons. Now, I'm sure you're aware that, due to the nature of this anomaly, we unfortunately cannot let you go. You will be escorted to a temporary holding cell until we can find a way to take care of this.

Timmons: I understand. Thank you.

<End Log>

Closing Statement: Agent Timmons was escorted to Temporary Humanoid Holding Chamber #422 immediately after this interview.