C-Divesの砂場

SCP-3986 - The Observatory of Genghis Khan / チンギス・ハーンの星見台
euclid geological golden-horde historical location scp spacetime

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3986

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 機動部隊チー-99 “戦見通す先つ祖の声” がSCP-3986発見のために設立されています。捜索範囲はモンゴル、新疆ウイグル自治区、カザフスタン、ロシア南部の一角まで絞り込まれています。チー-99はヒューム検出の広範な使用、ニュートリノ砲、地元民への大規模インタビューなど、数多くの慣例に囚われない検出手段を採用しています。

“金の書”Altan Debter“蒙古人に関する一記述”“アフシャール詩集”Divan-e Afshar“ラクシュミー・ラオの朗唱”“上都演义”“ロシア及びトルキスタン旅行”の現存するコピーが発見された場合は、直ちに財団が取得するものとします。

説明: SCP-3986は、インナーアジア1の何処か不明な場所に存在すると仮定されている山です。SCP-3986の実在は証明されておらず、13世紀から20世紀にかけて執筆された少数の文章記述から推測されたものです。若干の矛盾点があり、お互いの記述を参照し合ってはいないように思われるにも拘らず、これら全ての出典は極めて一貫性のある風景と、幾つかの異常と思しき特性を描写しています。

出典文書群は、SCP-3986が平坦な大草原ステップの中心にあり、周辺に起伏が無いため非常に目立っているという点で一致しています。山の大きさは断定し難いものの、コバルトのような色合いである、またはコバルトの階段があると一様に記述されています。この階段は山腹を切り込んで作られており、山の周囲を何度か回りつつ、地上から山頂までの通り道を提供しています。山頂には巨大な展望台があります — ここで出典文書群の記述は矛盾し、あたかも各文書が執筆された時代・文化に属するものであるかのように展望台を描写しています。

展望台に関して一貫している観測点は、多国籍な居住者が多数存在していること、構造物に広い中庭があること、その中庭の中心にモンゴル皇帝チンギス・ハーンの遺体が安置されていることのみです。遺体は墓の中にあり、一枚のガラスに覆われています — このガラスの種類や色は観察者ごとに様々です。遺体は完全な保存状態にあると報告されています。

その仮説的な状態にも拘らず、財団工作員ジョン・キャラハンの証言やそれ以前からの報告は、SCP-3986に財団データベース上の指定番号を割り振るのに十分なものと見做されています。1999年にニコラス・カートライト博士が死亡する以前、6回にわたって、SCP-3986を解明済アイテムに再分類する申請が為されました。これらの申請は全て却下されました。カートライト博士の死亡時に集められた証拠を基にExplained分類申請は一時停止されていますが、これは後日変更される可能性があります。

SCP-3986を記述している出典文書6点からの適切な抜粋は以下の通りです。

Addendum 1: On 09/12/1999, Dr. Nicholas Cartwright, project lead on SCP-3986 from 1969 to 1984, died in his sleep. A small note was left to the Foundation with contents pertaining to SCP-3986; a transcript is as follows.