C-Divesの砂場

SCP-3306 - The Murder-Go-Round / マーダー・ゴー・ラウンド
autonomous equine euclid game jam-con2018 loop mechanical _murder-mystery recording scp structure transfiguration

rating: 0+x
warning2.png

この文書には超時間的データ破損のフラグが付いています。
技術的な問題が発生した場合は、60秒後にページをリロードしてください。
問題が解決しない場合は、サイトのデータベース技術者に連絡してください。

fairground-2299214_640.jpg

3306-POI-09の遺体。

fairground-2299214_640.jpg

3306-POI-09の遺体。

アイテム番号: SCP-3306

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 通行人や衛星観測による発見を防止するために、サイト-3306と指定される目立たない木造建築が、SCP-3306の周辺領域を囲うように建造されています。また、研究員が3306-POI対象者と意思疎通する際の負担を軽減するために、二次的な電動式プラットフォームがSCP-3306の外周部に設置されています。

模範的行動を推奨するために、テレビやその他の娯楽物を二次プラットフォームに配置することが認められる場合があります。3306-POIに娯楽目的の物品を提供する際は、レベル3研究員1名の承認が必要です。精神的苦痛を引き起こし得る物品の提供は避けるべきです。

イリオンズ・イベントの間、財団職員は3306-POI対象者たちの意思決定への干渉を控えるものとします。

説明: SCP-3306はカナディアン・ロッキー山脈の大陸山間部に存在する回転木馬です。未知の手段で動力を供給され、定常的に回転しています。SCP-3306の中央ハブを囲む木製のパネルには、ダンテ・アリギエーリの“神曲”の様々な場面らしき情景が描かれています。本稿執筆現在、SCP-3306のプラットフォームには44頭のファイバーグラス製の馬が設置されています。それぞれの木馬には、かつての3306-POI対象者たちを戯画化したような特徴があります。

発見当時、SCP-3306には木馬が設置されておらず、50人の要注意人物(3306-POI、下位指定01~50)が回転プラットフォームの上に存在しました。3306-POIはプラットフォームを降りることが不可能です。同様に、部外者がプラットフォームに上がる、または3306-POIと物理的に交流する全ての試みは失敗します。飲食物を入手できないにも拘らず、3306-POIは完全な健康状態を維持しており、老化しないようです。

3306-POI対象者たちは、SCP-3306のプラットフォーム上で目覚めるまでは、異常現象との繋がりを持たない一般人だったと主張しています。財団の捜査官はこれを反証できる証拠をまだ発見していません。

毎年2月17日、SCP-3306は著しく歪んだ声の録音を再生し、3306-POI対象者たちに“詐欺師”だと信じる人物への投票を指示します。深夜0時までに最も多くの票を集めた人物は即座に消失し、同時に新しい木馬がSCP-3306のプラットフォームに出現します。これに続いて、対象者たちの選択が誤っていた旨を告げるメッセージが流れます。財団職員はこの日を“イリオンズ・イベント”と呼称します。

現在、生き残っている3306-POI対象者は6名のみです。これらの人物たちが自称する身分は以下の通りです。

  • 3306-POI-04: ルーク・ヒューズ、25歳時点でSCP-3306上に出現。旧職業はオクラホマ州税制調査会のコールセンター従業員。他の対象者たちとは滅多に会話しないが、頻繁に財団職員との交流を求める。
  • 3306-POI-11: ロネル・アッシュコーム、73歳時点でSCP-3306上に出現。アメリカ合衆国海兵隊の退役軍人であり、故 リディア・アッシュコーム(夫の失踪から数年後に死去)の寡夫。“詐欺師”の実在に対する疑念を公言しており、通常は同点時の最終票が必要な場合を除いて毎年の投票を棄権する。
  • 3306-POI-17: ロリー=メイ・シモンズ、11歳時点でSCP-3306上に出現。テキサス州アマリロにて、シェリル・ハイザー及びビリー・シモンズ(失踪当時は夫婦だった)の娘として誕生。両親が生きているうちにSCP-3306から解放されることを望み、“詐欺師”の正体を突き止める試みにかなりの時間を割いている。過去7回のイリオンズ・イベントで3306-POI-28と意見を共にしている。
  • 3306-POI-28: ジニー・カークウッド、43歳時点でSCP-3306上に出現。旧職業はカリフォルニア州を拠点とする広告会社のクリエイティブ・ディレクター。“詐欺師”の正体を知っていると主張するが、3306-POI-17以外の誰に対してもその根拠を説明しようとしない。
  • 3306-POI-30: クレイグ・ダルトン、28歳時点でSCP-3306上に出現。旧職業無し。頻繁に財団職員を支援して3306-POI対象者たちの士気を保とうと試みるが、その成功度合いは様々である。
  • 3306-POI-33: シェリー・ロング、32歳時点でSCP-3306上に出現。ブリティッシュコロンビア州アボッツフォード出身のシングルマザー。SCP-3306に囚われた初期の数年間、3306-POI-17に強い母性愛を向けていた。両者は現在も友好的だが、お互いに疑いの目を向けている。

3306-POI対象者たちの中に詐欺師がいるという主張は、確証も反証もされていません。


補遺: 以下のファイルには、生き残りの3306-POI対象者たちへの直近のインタビューが記録されています。