_
  • こう、みんなも想像したことない?寝てる間に小さな虫とか菌が歯を内側から崩壊させていく感じの…。私はあるし、小学生のころ悪夢にも見た。

SCP-XXX-JP


評価: 0+x
Honeycomb-Blue.jpg

SCP-XXX-JPによって掘削された歯の顕微鏡写真(着色済み)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-478に感染させたDクラス職員を昏睡状態に置き、これにSCP-XXX-JPを寄生させることによって検体を確保します。日次の保守点検によって都度進行状態を確認し、最終段階に到達する兆候が見られた場合、新たなDクラス職員を用意してください。。

全国の歯科医院の診察記録を監視し、感染が疑われる人物が発見された場合、関係者に記憶処理を施し、対象には詳細な検査を行います。SCP-XXX-JPの感染が確実なものであると判断された場合、対象を最終段階到達まで拘束し、その後適切な治療と記憶処理を施し解放します。

説明: SCP-XXX-JPは人間の歯に寄生する、外見上、昆虫の幼体に類似した生命体です。全体的に黒色で、後胸部と腹部背面の斑紋のみ白色です。

SCP-XXX-JPは歯表面の傷や、齲蝕症およびその治療痕の隙間などから歯の内部へ侵入し、歯を摂食するとともに盛んに分裂を繰り返します。SCP-XXX-JPは、歯組織をハニカム構造状に掘削することにより、崩壊を防ぐとともに分裂の際の足場とします。また、SCP-XXX-JPは活動の際に、麻酔効果を持つ未知の化合物によって周囲の組織を補強します。これらによって、最終段階に到達するまで宿主が自力でこれに気付くことは非常に困難となっています。進入した歯の内部の大部分が失われた時点で、SCP-XXX-JPは歯の外壁を大きく崩壊させ、脱出します。これに伴い、寄生されていた歯の全体が崩壊します。崩壊には強い苦痛が伴います。その後、宿主の口腔外へと脱出したSCP-XXX-JPは後述の産卵行動のため、"歯磨き"に使用される器具の設置された水場を求めて移動しますが、人間の歯組織外部でのSCP-XXX-JPの生存期間は非常に短く、多くは数時間内に死亡します。

宿主が"歯磨き"を行った際、一部のSCP-XXX-JPが歯ブラシなどの器具内部に移動する場合があります。器具内部に移動したSCP-XXX-JPは一時的に休眠状態へ移行し、生存期間の延長を図ります。また、多くの場合夜間に活動を再開し、付近に存在する同様の器具内部への移動を試みます。SCP-XXX-JPの潜伏する器具が使用され、唾液が供給された時点でSCP-131-は完全に活動を再開し、周囲に存在する歯組織へと再び進入します。

治療と収容手段の模索の過程で、外科的処置によってSCP-XXX-JPを摘出する試みが行われました。SCP-XXX-JPの潜伏する歯組織が破壊された瞬間から、同宿主に寄生するSCP-XXX-JPの活動は非常に活発なものとなり、常に観察されていた歯組織保持の行動は放棄され、結果として事前に想定されていたよりも非常に早い段階でほぼすべての歯組織が崩壊する結果となりました。この際の「破壊」行為には、粉砕を伴わない抜歯なども含まれます。

  • euclid
  • scp-jp
  • 敵対的
  • 昆虫
  • 毒性
  • 種族