breseize

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容場所はサイト-8149の低脅威度物品ロッカーです。SCP-XXX-JPの実験をする際にはセキュリティクリアランス3以上の職員一人の許可が必要です。

説明: SCP-XXXに類似した形状のボールペンが██社から販売されています。

SCP-XXX-JPの特異性は二種類存在します。

一つはSCP-XXX-JPを主語とした場合「これはペンです」としか伝達できないことです。これはSCP-XXX-JPを目的語など、主語以外のものにした場合回避可能です。なお、日本語以外の言語用いた場合でもその言語における「これはペンです」となることが判明しています。

もう一つはSCP-XXX-JPを説明した際に何らかの不備1が存在した場合に発生します。その際説明した者は強制的にその不備を取り除かされます2。ですが変化は「これはペンです」という文に対してのみ発揮されます。

SCP-XXX-JPの発見場所は██博士のデスクです。彼はSCP-XXX-JPを一般的なボールペン同様に使用していましたが同僚から購入場所を聞かれた際に「これはペンです」としか説明できなかったため異常性が発見されました。現在まで同社の製品において同様の異常性を持った物質は発見されていません。

補遺: 現在SCP-XXX-JPのSCP指定解除およびAnomoulasアイテム保管庫への移動が計画されています。