逃げた重力電磁波
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid Keter(一時的)

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXXX-JPを再収容する方法は審議中です。審議中に如何なる場合でもSCP-XXXX-JPを地球上に連れ戻す事はXK-クラスに繋がる可能性があるため、全面的に禁じられています。23██年までに再収容プロトコルが確定され次第、早急に地球上に連れ戻します。

SCP-XXXX-JPを常時監視・交信を行えるよう███島の████████に位置する研究ユニット-█において、SCP-XXXX-JPの担当職員によって行われます。24時間監視することを可能にするため、現在3基の小規模電波望遠鏡が使用されています。SCP-XXXX-JPからの電波を研究ユニット-█で受信した際には、交信が終わるまでの記録をサイト-81██のSCP-XXXX-JPデータベースへ送信してください。

SCP-XXXX-JP再収容が成功した場合、以前の特別収容プロトコルで収容されます。

説明: SCP-XXXX-JPは人口心臓に酷似した[削除済み]で構成された小型発電機です。SCP-XXXX-JPは器官部分であるところに電気機器の其々のプラグがついています。SCP-XXXX-JPには電源装置が無く、普段は非活性化状態になっています。SCP-XXXX-JP は非活性化状態では特に異常性はありませんが、活性化状態になった場合はSCP-XXXX-JPの異常性が見られます。活性化状態になると、SCP-XXXX-JP-1が出現します。SCP-XXXX-JP-1が出現するとSCP-XXXX-JP-2が対象の半径10mの間から生成されます。

補遺-01: SCP-XXXX-JPは201█年█月█日に起きた███県███市の██町大規模停電が発生した時に████電圧場で███電工の作業員として当時潜入していたエージェント███によって発見されました。 

 

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]