blue_in

密室の中で

「初めは皆、アレのことをかわいいクマさんだと思っていたんだ。だがある時、あのかわいいクマさんはイカれちまった。いや、最初からイカれていたのかもな。とにかくクソッタレの殺人兵器になっちまったんだ。だからお前さんはどんなオブジェクトにも心を許すな。やつらは変わり続けるんだ。」

目が覚めるとそこはベッドの上だった。思い出した。私は374jpに誘拐されたのだ。しかし、何処か様子がおかしい。話に聞いていたものとは違う。部屋は薄暗く何やら空気は生暖かった。

少しだけ頭痛がした。両手両足、全てが縄が括り付けてありそれぞれがベッドの足に結んである。

額から汗が垂れてくる。急速に喉が乾いていった。私は冷静になろうと深呼吸をした。そして少し落ち着いた後、頭を無理に上げ、部屋の内部を詳しく調べようとした。

部屋の奥には拷問道具が置いてある。鉄の処女、何に使うか分からない牛のようなもの。私から見て左の壁に沿って机が並んでいる。その上にはペンチ、ノコギリ、ハンマー、ハサミ、千枚通し。床には赤褐色の物質が大量に付着していた。

私はこれから起こるであろう出来事を想像した。ハンマーで手足を潰され、ペンチで歯を抜かれる。そして生きたまま体を切り裂かれる。

混乱した。友好的なオブジェクトだった筈だ。目的は何だ。その時私は本部に勤務している同僚の話を思い出した。


恐怖に支配されかけた頭を一時的に現実に戻したのは隣の部屋から聞こえてくる音だった。石を擦るような音。ズルズルと気味の悪い音が聞こえてくる。咄嗟に173 が頭をよぎった。まさか。だが、一度そう考えてしまうとそうとしか思えなくなってしまう。

何が起きている。

扉に視線をやった。すると思いも寄らない人物が立っていたのだ。それは私の友人だった。

どうしてここに。そもそもここに来れるはずがない。

よく見ると何処か不自然だ。まず第一に、左目の下にあるはずのほくろがない。それは黒い背広を着てガラス玉のような目で瞬きせずこちらを凝視している。生気がまるで感じられない。

「おい!誰だお前は!」

次の瞬間、やつらが現れた。黒い背広に身を包んだ魚の頭を持つ2匹の生き物。374 jp、間違いない。

すると突然、あいつの姿をしたそれがこちらに近づいて来た。こちらが身構えるとそれは胸のポケットから何か丸いものを取り出した。人間の眼球。肌が粟立った。別の犠牲者の物なのだろうか。

するとあろうことかそれは眼球を口にしたのだ。見ていて吐きそうになった。それは無表情で口の中にある眼球を舐め続けている。そして今度はもう一方の眼球を私の目の前に差し出したのだ。

「何故そんなことをする!お前らの目的は何だ!どうしてあいつの姿をしているのだ!」

私は絶叫した。しかしそれはその凶行をやめようとしない。私は口を閉じ精一杯拒否してみせた。

一瞬悲しそうな表情した気がした。そしてそれはそのまま去っていったのだった。大きなため息が出た。しかし、よく考えるとまだ危機は去っていない。すると今度は魚頭の方が近づいて来た。

私は覚悟を決めた。大事なものを手放さないよう口を真一文字に結び、つばを飲んだ。奪われることはあっても差し出すような真似はしない。我々は甘く見ていたのだ。何がどうあれ、例のサイトには近づくべきではなかったのだ。どうか犠牲者は私で最後にしてくれ。374jpは変わってしまった。

視界が歪み暗転した。