ブラッキーさんの砂場

SCP下書きとか

Macho vender is reality bender and really bends it.

評価: 0+x

[[include component:jstyles]]

アイテム番号: SCP-357-JP-J

オブジェクトクラス: Musclid1

特別収容プロテイン: SCP-357-JP-Jは標準人型オブジェクト収容房に収容することになっていますが、鍛え上げられた筋肉の前に収容室はもはや意味を成しません。SCP-357-JP-Jには筋肉を以って対抗し、SCP-357-JP-Jが脱走した時には筋力検査Sクラス判定以上の機動部隊員によるプロトコル"試合"を申し込み、SCP-357-JP-Jが応じない場合は同隊員20名によって強制的に鎮圧レスリングしてください。またスクラントン現実錨によるヒューム値の固定は意味を為さないことが判明しています。各収容担当者 全職員は筋力トレーニングに励み、来るべきMK2-クラス終焉シナリオに備えてください。セキュリティクリアランスレベル0以上の希望者には特殊調合したステロイド剤の配布を行います。

説明: SCP-357-JP-Jは周囲に現実歪曲を引き起こすマッチョです。外見的には同年代の少女と差異しかありません。肌は黒光りしており、身体は年齢に相応しくない異常発達した筋肉に覆われています。またSCP-357-JP-Jの初期収容時には現場から"And"、"ersen"という刻印がされた2つの金属片が回収されています。その形状から元は腕輪であった事と引張圧力に耐え切れず破断した事が判明しています。
SCP-357-JP-Jは自身が触れることのできる範囲内で現実歪曲を引き起こします。SCP-357-JP-Jはこれまでに仮収容房の鉄格子、自動小銃、弾丸、手錠、戦車、Dクラス職員などを歪曲させています。このときSCP-357-JP-Jは周囲のヒューム値・物体の硬度・分子間力または結合力を著しく低下させ現実歪曲を引き起こしているものと考えられていますが、カント計数機を用いたスキャナーセンサー、シュレーゲル分子観測計および電磁気観測機、その他の計測機器では未だこれらの現象を観測できていません。そのため「SCP-357-JP-Jは純粋な膂力によって物体を物理的に歪曲させているだけではないか」との見解もありますが、常識的に考えて生物の筋力ではこれらを達成することは不可能であるため、なんらかの力が働いているとの見方が有力です。
SCP-357-JP-Jによる現実歪曲の痕跡は特徴的で、金属は塑性変形を起こし、樹木や人体は細胞の破壊と共に屈折し、石材や陶器・ガラスは粉々に砕け散ります。またコンピュータや銃など内部機構が特に複雑でSCP-357-JP-Jが操作方法を理解していない物体に触れた場合、現実歪曲により大抵動作不能な状態に陥ります。SCP-357-JP-Jが歪曲能力を行使する際SCP-357-JP-Jとの接触時間が長いほど歪曲量は増大し、実験では最短180秒間の接触で高層建築物のあった場所を平地にしました。また活性化状態・非活性化状態を問わずSCP-357-JP-Jの筋肉は全ての衝撃と改変力を跳ね除け、7000Vの電圧3、158種類の毒素4、液体窒素での凍結、8万1300発の爆撃、2発の核、放射線照射、宇宙への追放、魔法、現実改変、次元分断5など、肉弾戦以外のSCP-357-JP-Jへの攻撃の試みは全て失敗に終わりました。

19██年12月に██県███町で通報があった不審者情報について財団エージェントが調査を行っていたところ、当時█歳6のSCP-357-JP-Jが公園の遊具でウエイトトレーニング7している所を発見しました。エージェントの通報によりすぐさま財団の機動部隊による収容作戦が実行されましたが、市街地に投入した小型戦車と戦闘機数台が抵抗を試みたSCP-357-JP-Jによって歪曲されました。確保されたSCP-357-JP-Jの外見には異常しか確認できないのにも関わらず、前述の通りヒューム値その他の力場の変動無しに現実歪曲能力を行使していたため、現在も更なる現実歪曲の原理を調査中です。

補遺: SCP-357-JP-Jは発見された当時身元不明で、SCP-357-JP-Jが両親であると証言した男女にインタビューを行いました。しかし男女はSCP-357-JP-Jのことを知らず「行方不明になった娘はいるが、こんな筋肉モリモリマッチョマンの変態は知らない」と証言しています。

  • and
  • ersen
  • joke
  • musclid
  • scp-jp
  • 人間型
  • 筋肉
  • Muscle-クラスシナリオ
  • コマンドー
  • 100%中の100%
  • 脳筋
  • 世紀末
  • グラップラー

付録: 下記表はSCP-357-JP-Jがこれまでに歪曲させた事象の一例です。
対象 結果
知恵の輪 ルールを説明した直後に引きちぎった。
スマートフォン 画面をタップした瞬間に画面は粉々になりアルミフレームが屈折した。
大気 熱源や引力場が観測されないにも関わらず、収容プロトコル実行時にSCP-357-JP-Jおよび対峙した人間の周囲が歪んで見えたとの多数の報告。
石に刺さった剣 Anomalousアイテムの所謂"どうやっても抜くことのできない剣"を曲げることに成功。抜いてはいない。
██博士の息子の将来の夢 「ぼく、マッチョになる!」
サイト-81██直下を震源とする地震 SCP-357-JP-Jは振動が止む直前に地面を殴りつけ、この行動について「地震を止めた」と供述。
研究員の意見 上記地震の件をありえないと否定した狭間研究助手に対し「可能だ」と一蹴8し納得させた。
筆記具数種 記述を行わせようとしたがいずれも粉砕。筆記具と同形状の金属棒を持たせ筆圧を測定したところ瞬間最大32GPa9の圧力を記録。
絵本の結末 『マッチ売りの少女』を読了後、終わり数ページを破り捨て新たな物語の結末を作成。内容は少女が身体を鍛えたことにより数奇な運命に巻き込まれ、攫われたおばあさんを取り返すため秘密結社"Andersen"を肉体ひとつで壊滅させるに至る爽快アクションストーリー。サイト-81██の売店にて購入可能。2018年度デンマーク支部ベストセラー。
本物タグ
andersen joke Euclid scp-jp 精神影響 人間型 宗教

Joke記事


SCP下書き

Oo's Elfonomeck(エルフォノメック)

fripple.jpg

SCP-XXX-JP外観

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの周辺には進入防止用の防護柵を設け、周辺住民にはカバーストーリー"毒性化学物質の漏洩"を流布し一般人がエリア内に立ち入らないよう封鎖してください。もし部外者の進入が確認された場合、専属の警備員によって対象を確保し、異常性の目撃に関わらずクラスA記憶処理を施してから解放してください。

説明: SCP-XXX-JPは██県██市に建設された敷地面積20m2ほどのペットショップ店舗の廃屋です。SCP-XXX-JPの外部からは異常は見られず、正面扉からの進入が可能な他、周囲のガラス窓が破損しており内部の様子が観察できます。玄関前の看板と、扉の上に取り付けられた屋根にはイタリック体で"Oo's Elfonomeck Shop"と表記されています。部屋中央の机の上には黒電話39が1台埃を被った状態で放置されていますが、SCP-XXX-JP自体に電話線の供給が無いことから非活性時は動作不能であると考えられます。

SCP-XXX-JPは内部に人間が1名以上進入した際に活性化します。活性時には金属製の雨戸と扉が即座に閉じられ、それらを含む外壁が未知の外力により固定されることにより、後述のいずれかの条件を満たすまで室内から離脱することができなくなります。この状態のSCP-XXX-JPは財団の保有するあらゆる機材での内外からの破壊の試み、及び脱出の試みは現在まで全て失敗に終わっていますが、通信機器による映像・音声のやり取りは可能であることが確認されています。また活性化中のSCP-XXX-JP内部は雨戸が閉じられたことにより極度に暗く視界が悪くなります。照明を点灯することで視界は確保できますが、どのような種類・個数の照明を用いても光度が一定に制限され薄暗さを保ちます。

SCP-XXX-JP-Aは"エルフォノメック"と呼ばれる生命体です。SCP-XXX-JP-Aは活性化直後のSCP-XXX-JP内部に複数体出現しますが、発生する個体数に法則性は見られません。体長は50cm前後、平均体重は約7kgで、外見的特徴は個体ごとに大きく異なり、外見が同一である個体は現在まで確認されていません。SCP-XXX-JP-Aは既存の生物の特徴を混ぜ合わせたキメラ状の外見をしていますが、明るいグレーの表皮40と、赤い虹彩を持つ点は全てのSCP-XXX-JP-A個体で共通しています。またSCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの活性化が終了した時点で消失するため、生体や組織片を外部に持ち出し調査する試みは失敗に終わっています。
SCP-XXX-JP-Aは常にSCP-XXX-JP内に居る人間を凝視し続けています。SCP-XXX-JP-Aは呼吸と視線移動以外の自立行動をほとんど行わず、危害を加えられても抵抗する様子は見せません。被験者にSCP-XXX-JP-Aの解剖を行わせた際、生命活動が停止するまで被験者を視認し続けていたと報告されています。

SCP-XXX-JP-A:エルフォノメック
SCP-XXX-JP-B:不特定多数のSCP-XXX-JP-Aの要求をする声