ブラッキーさんの砂場
yamaitomoe.jpg

エージェント・病居巴

通称: 病居 巴 (やまい ともえ)

セキュリティクリアランス: レベル2/クラスE

職務: 異常性物体の発見・初期収容、フィールドエンジニア、職員を驚かせる

専門: 光学分野(量子光学)、音響工学、生体補助機能開発(人工臓器・エピテーゼ)

所在: サイト-81██周辺、ベッドの下、階段の下の暗がり、押入れの隙間、アナタの後ろ

人物: 身長15█cm 体重██kg(装備含む)、全身を特殊な黒1で覆っている女性です。暗所や隙間に潜み、奇襲や潜入を得意としていますが、現場での仮収容が主な任務です。しばしば手足が武器に変形していたり人間が入れないような隙間にいるのを職員に目撃されていますが、機械仕掛けの義手義足によるものと判明しています。また、摂取カロリーの燃費が悪いためか甘いものを好み、しばしば低体温を補うためにひなたぼっこをしているなどの行動が見られます。
なお"暗闇の中の異次元空間に自在に出入り出来る"、"NINJAの末裔である"、"新手のモン娘である"という事実はありません。

見た目や性質から"黒い子"、"影女""怪人""お化け""妖怪""亡霊""スレンダーウーマン""オートマタ""収容対象""収容違反""人型オブジェクト""トモえもん""山田 友子""まっくろくろこ""ダークマター""ニャルラトホテプ""ニャル子さん""這い寄る混沌"、"████"などの愛称で呼ばれています。また希望すればマスクを外してもらえます。本人の性格は到って温厚で、財団職員やその関係者には友好的です。

経歴: 2020年に「ヤマトモが女体化している」との通報があり、調査に当たったエージェントにより発見されました。この現象について「SCP-113 - "ジェンダースイッチャー"に触れてしまった」「女性っぽいパーツに変えただけ」「ヤマトモはガワのロボットで、中で操縦していた美少女が出てきただけ」などとまことしやかに噂されていますが、真相は闇の中です。
平時は要請を受ければ収容スペシャリストの代わりに災害現場で一時収容から各種サイトまでの移送任務を行い、災害発生時には機動部隊とともにオブジェクトの沈静化に従事します。

職員によるコメント:

わたしの名を言ってみろ! — 病居巴

  • ヤマトモちゃん!— 狭間研究助手
  • 研究対象。 — 黒瀬博士

追記: 彼女は特殊な電波を受信すると証言しており、ごく稀に たまに ときどき 頻繁に発作的に"ひとりごと"を叫ぶ 呟くことがあります2。彼女はひとりごとの内容についての記憶が失われるため、原因調査のため可能であれば記録し一覧にまとめてください。

トモエのひとりごとリスト:

  • 記憶にございません。 — 病居巴

新たなひとりごとを発し次第、適宜リストに追加してください。

病居 巴 (女体化ヤマトモ)
 画像出典/撮影:* 様 (Twitter ID: @YS92011102)
         写真の使用・掲載にあたり許可をいただいております。
 CC BY-SA 3.0
 https://twitter.com/YS92011102/status/1242819293470834689?s=20 に基づきます。


+ エージェント・ヤマトモの人事ファイル

このファイルは壊れています。


SCP-JP:

SCP-JP-J:

Tale-JP:


Anomalousアイテム:


サンドボックス:


黒瀬博士の人事ファイル ()

kurose2.jpg

黒瀬博士の研究室内の様子

名前: 黒瀬 智映(くろせ ちえ)

セキュリティレベル: レベル3 / クラスB

職務: オブジェクトの調査と技術転用、オブジェクト被害者の治療研究、植物系オブジェクトの管理、異常性除去手術、延命施術

専門: 植物学全般(特に植物生理学、遺伝学)、犯罪心理学、生体解剖学(天才的技術を持ち”ブラック・ジャック”と称される)

主な所在: サイト-81██、植物管理サイト-81██、自身の実験室

人物: 198█/10/31生まれ、身長173cm 体重62kg、後天性アルビノ症の女性です。赤い目は常に輝きが無く、真っ白な髪を肩下まで伸ばしています。オブジェクト被害者の治療と植物系のオブジェクトに高い関心を持ち、平時は植物園もとい樹海と化した自身の研究室で実験を行っています。物腰柔らかで常にはにかんでおり人当たりの良い、優しい性格の研究者です。

経歴: 20██年より財団のフロント企業に非財団職員として2年間勤めていましたが、その最中に調査が入り彼女の高い能力が明らかになりました。
彼女は20██年に発生した████市 集団失踪事件を解決し、現在SCP-███-JPとして収容されているオブジェクトの収容のために自らを犠牲にして数多くの住民たちを救い出しました。非現実的かつ勇敢な行いと評されていますが、SCP-███-JPの危険性を鑑みても犠牲者は最小限に抑えられていた評価されています。この他にも学生時代から、異常性オブジェクトや被害者の"治療手術"を行なっていたことが明らかになっており、数点の人型オブジェクトの無力化や被害者を治療したことについて関与を認めています。
これらの事実は財団の専門調査員によって明るみに出たものであり、彼女の公式の活躍は知られていません。彼女は重要人物として財団に保護されましたが、オブジェクトの解析能力は財団にとって有益になるものとし、財団の研究員として改めて雇用されました。

追記

  • 彼女に「異常性治療」等の話題を持ちかければ嬉々としてあなたの身体手術に協力してくれます。
  • オブジェクト被害者の無断の治療は研究の観点から禁止されており、手術に関わった場合、両名を謹慎処分に処します。
  • 異常性を持ったことで孤独となった財団職員にも、彼女は親身に対応してくれます。
  • カオスインサージェンシーの襲撃時に、両陣営の怪我人を治療し感謝状を贈られたという匿名の報告がありましたが、彼女は一切ひけらかしたり自慢したりすることをしないため、真偽は不明とされています。
  • 収容違反の警報が鳴った際に現場へ向かおうとするなど自己犠牲的な行動をします。
  • 上記のような緊急時には、もはや黒瀬博士を閉じ込めておくことはできません。彼女が犠牲になっても人を救おうとするでしょう。
  • 万物に愛されており、特に猫科・花粉・遷移金属への接触に対し深い愛情を持っているほか、甲殻類・瓜科植物・サバ類・柑橘類・真鍮・蕎麦・有機溶剤・ハウスダスト・蜂毒に対し重度な愛情を示します。
  • "医者が見放した瀕死のDクラス職員を救った"という噂がまことしやかに流れていますが、正確には"死んだDクラス職員を奇跡の施術で蘇生させた"が正しい情報です。

職員によるコメント:

  • あの時、黒瀬博士が近くにいなければ私はどうなっていたかわかりません。黒瀬さんには本当に感謝しています。 — ██博士
  • SCP-███-JP事件以降、黒瀬博士からのDクラス職員の使用願いは無制限に許可されるようになりました。なぜなら博士の下ではDクラス職員が死ぬことは絶対に無いからです。 — 倫理委員会
  • 以前はお世話になりました。命の恩人である貴方様に絶対の忠誠を誓います。 — エージェント・██
  • うそをつくな — 狭間研究助手

あらあらうふふ。 — 黒瀬博士


狭間 (元)研究員の人事ファイル ()

名前: 狭間 狛人(はざま はくと)

セキュリティレベル: レベル1/クラスE (※archive)

職務: 次元系SCiP研究 (※archive)

専門: 量子力学(他世界解釈、次元跳躍論)

所在: 並行世界

人物: 199█/02/16生まれ、身長172cm 体重61kg、短めの髪をワックスで軽いオールバックにしている男性でした。2020/04/01に自身の出身である第216番世界へ帰還されました。