SCP下書き「羞恥マグロ」
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在、廊下に囲われた標準的な透明大型水槽に収容されています。

説明: SCP-XXX-JPは█████洋で発見された中型の魚類です。
口先から尾まで1,2m、消化機関は通常の魚類と同一ですが、思考フロップは解析不能です。

補遺: SCP-XXX-JPに姿を見られると、対象が考える一番恥ずかしいものを着させられます。
しかし、対象は自身でその装備を着脱できません。
また、装備が変化した後、元々の装備は消滅しています。

実験記録 >
被験者: > > Dクラス職員

付記: > > 職員は男性

着用していたもの: > > Dクラスユニフォーム

新規に着用されたもの: > > 女性用水着

メモ: > > 私の写真をレポートに使わないでくれ。

被験者: > >エージェント S████

着用していたもの: > > コート

新規に着用されたもの: > > カビた服

メモ: > > 被験者はカビアレルギーと主張。

被験者: > >  ██████博士

付記: > > 身長が短いことがコンプレックスと主張。

着用していたもの: > > 白衣

新規に着用されたもの: > > ██████

メモ: > > あの音を忘れはしない。

補足: 発見は珊瑚礁付近、周囲にはサメの遺伝子を持つ小魚の死体を確認。

報告は以上です。