Azalea-000のサンドボックス

予定タグ:

評価: 0+x


[

{$name}

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは日本全土の不特定な住居において発生する異常現象です。発生の明確なプロセスや詳細な条件は未だ特定に至っておらず、調査が続行されています。

SCP-XXX-JPの発生する住居には以下の共通点が見られます。

1: 築5年以上が経過している
2: 人間が在住しており、その人間が1.0以上の視力を有している
3: SCP-XXX-JPの発生時、住居には人間が一人のみ存在している

SCP-XXX-JPは不定期かつ不定のタイミングで発生し、その住居に存在する人間のみが異常性の対象となります。外部からの異常性の観察は不可能です。以下にSCP-XXX-JPの異常現象を記述しますが、これらは全て異常性の対象者となった人間(以下、単に対象者と記述します)からの証言に基づく報告の為、更なる調査が求められている事に留意して下さい。

SCP-XXX-JPが発生した場合、対象者は住居の床の一部分にクロゴキブリ(Periplaneta fuliginosa)を1~6匹視認します1。視認されるクロゴキブリの数はランダムです。一度クロゴキブリを視認した後、視線を逸らす、瞬きをするなどを行う事により、出現したクロゴキブリは瞬時に消失します。これに対して大抵の場合、対象者はクロゴキブリを見失った事による恐怖感、不安感などから捜索および排除を試みますが、全ての事例において発見には至らず、捜索が断念される形で異常イベントは終了します。

補遺: ゴキブリの代わりにゲジゲジが発生、国取り

テキスト