ash_huihuiの下書き置き場
——控制电脑,收容数据,保护草稿

休 眠 期

关于基金会如何处理收容失效后续问题 (仮題: 財団における収容違反後の事後処理の問題について)※翻訳予約中

翻訳此処から。

評価: 0+x

私がドアをノックしたところ、戸を開けたのはうら若い女性だった。

「貴方たちは?」

「こんにちは、私は民生部1のものですが、貴方のご主人に関しまして…」私は口を開いた。

女性は困惑げに聞いてきた、「なにかあったのですか?」

「そうです、」私の助手が話を引き継いだ。「まず心の準備をなさってください、貴女は数日前発生した市場での火災をご存知ですか?」

女性はどうやら何が起きたか気づいたようで、ぼんやりと「私の夫は確かにここ数日帰ってきてません」と言った。

「申し訳ございません、お悔やみ申し上げます。」

女性は倒れそうになったが、助手がそれを支え助けた。彼女は慟哭し始めた、「ありえないわ、本当の事じゃない。」

この家庭はつい先日一家の大黒柱を失ったのだ、彼はSCP-CN-████の収容違反中の事故によって死亡した一名だった。

「私たちは貴女がたへの賞恤金しょうじゅつきん2に関する事務についてお知らせに参りました。」

この時、部屋から客間に出てきた老婦人は一人の子供を連れていた。老婦人の顔には涙の痕がきらめいていたが、その目つきは明らかに遺族が表すようなものではなかった。老婦人の頭髪はまるで久しく洗われていないようであり、老いて痩せ衰えているのが見て取れた。また、その子供も何が起きたのかわかっていないようであった。凡そ五、六歳くらいだと見受けられ、子供らしい天真爛漫さと無邪気さを湛えていた。私は思った、彼も何が起きたのか絶対に知りたくないだろうと。

「その方たちを入れてあげなさい。」老婦人はしわがれた声で言った。

私と助手は部屋を進み、この家の主人であるかのようにそのままソファーに座った。女性は疑わしそうに我々を見ていた。

「貴女のご主人は火災の中で、他の37名と共にお亡くなりになられました。」

女性の声は震え始めた、「なぜ彼なのでしょう?彼は明らかにミスを犯していないのに、災難の中で罪もなく死んでしまったのですか?どうして……」

「本当にお悔やみ申し上げます、誰も準備できるわけがないのです。ただ、他の37名と彼は一緒に埋葬されました。」私は重ねて言った。

「この賞恤金は我々が既に決めたものなのです、」助手は単刀直入に言った、「貴女がたの家庭状況から、我々は毎年5万元3を支給致します。」

女性は何か言いたげだったが、老婦人が「私たちはこの賞恤金を受け取りましょう。」と遮った。

女性は少し考えた後、「ただうちの子は学校に入学しないといけませんし、私たちは1年5万元の生活費では頼りになりませんわ。」と言った。

私はすぐさま答えた、「お子さんの教育については我々が然るべく段取りをつけます、貴女がたの労働収入についても解決に向け支援することができます。」

「でも私たちがどんな仕事をしても当初の生活には戻れませんわ、結局この子は父親を失ってしまったのですもの。」

私と助手は互いの目をちらりと見た、この問題に関しては全く準備していなかったのだ。

「その……貴女がお子さんのために探せば良いのでは、後の…」助手は言い終えた途端礼を失したと思い、すぐさま謝罪した。私は彼を睨みつけた。

「あなたはどうしてそんなことが言えるの!あなたたちは私をどうするつもりなの!?この子のために私は貞操を売らなければいけないとでも!?」女性の情緒は平静さを失っていき、我々に対して大声で叫んだ、「出ていって!二度と来ないで!」老婦人の情緒も不安定になり始めていた。

彼女はそう言うと、我々を引いて玄関に行こうとした。

「装着しろ。」私は助手に対し言った。

我々はマスクを装着し、Aクラス記憶処理スプレーを取り出し、彼女たちの顔に一回噴霧した後、玄関から出た。


「よし、では我々はこの問題について準備しよう」私は言った、「或いは我々はもう少し婉曲的に言えるはずだ。」

「忠告するような話し方でいきますか?」

「そうだな、彼女に対して『未来を見据えるべきです、過去に拘泥するのではなく』と言うのはどうだろう?」

「まあいいでしょう。」

「ではそうしてみよう……さて、これが何回目になるんだ?」

「えーと……6回目ですね、先生。まず最初は彼女たちをどうなだめるか明らかにし、次に賞恤金で老婦人を引き付け、その後は補償問題について、最後はあの子供の父親に関する問題についてですね。」

「よし、ではもう一回行ってみよう、成功できると良いんだが。ああそうだ、今回は来たことがあるかのような行動はとらないように。さきほどあの女性は、どうやら我々を少々疑っていたようだから」私は立ち止まって言った、「あとそれから、こんなみっともないこと、絶対に上に報告するなよ。」

「わかりました。」


私がドアをノックしたところ、戸を開けたのはうら若い女性だった。