バズれ!個性的な私!
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1390-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: サイト-80██の担当職員は各種SNSを監視し、SCP-1390-JPの暴露者が発見された場合、身元を特定しBクラス記憶処理を行ってください。SCP-1390-JPに関する投稿は全て削除して下さい。また、業界内で有力な財団フロント企業のアパレルメーカーや広告会社などで流行を必要に応じて操作し、SCP-1390-JPが自然発生しないようにしてください。SCP-1390-JPの実験はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可を取り、各種SNSの環境を再現した専用ローカルサーバーで行って下さい。

説明: SCP-1390-JPは「uNiQue」と題された書籍1に掲載されているファッションの総称です。それぞれSCP-XXX-JP-1~██に指定されています。SCP-1390-JPを構成する衣服は全て一般に販売されているものです。「uNiQue」に掲載されている衣服と同一の型番でないとSCP-1390-JPにはなりません。収容違反のリスクを下げるため、該当の衣服の一部を販売停止させました。「uNiQue」の裏表紙には以下の文が掲載されています。

『オシャレして人気になりたいけど、自分のセンスじゃ全然ダメ。でも、流行りに流されるだけなんてつまんない!!』
そんなあなたのためのファッション雑誌。Entertainment & Enterprise社2が総力を挙げて選び抜いた、他では見られない個性的なファッションの数々。uNiQueファッションなら、すぐに注目の的。奇抜な服装だと笑われる心配も無い。さあ、明日の話題をさらうのはあなただ。

SCP-1390-JPの異常性は大きく2つに分類されています。

1つ目の異常性は人間がSCP-1390-JPを着用することによって発現します。着用した人物(以下、暴露者)は自身を撮影し、そのデータ3を最もよく利用するSNSに投稿したいという強い衝動を感じ、その通りに行動します。この異常性はSCP-1390-JPを着用している限り不定期的に何度も発生します。暴露者がSNSを利用していない場合、1つ目の異常性が発現することはありません。しかし、暴露者が前述のような行動をとることで2つ目の異常性は発現します。このような1つ目の異常性によらない行動で、一般的にSNSに分類されない動画共有サイトやブログにデータをアップロードしても2つ目の異常性は発現しません。

SCP-1390-JP-5,13,15,26の4つには2つ目の異常性が確認されています。これら以外のSCP-1390-JPが2つ目の異常性を保有しているかは現在調査中です。2つ目の異常性は、1つ目の異常性による投稿が高評価を得ることをきっかけに異常現象が発生することです。発生する異常現象は各SCP-1390-JPによって違い、どのような異常現象が発生するかは、「uNiQue」でそれぞれのSCP-1390-JPを説明する際に使われている文章から、ある程度推測することができます。また、対象は発生した異常現象を知覚しますが違和感を覚えません。そのため、異常現象に対処せず、対象の周囲を大きく混乱させる場合がほとんどです。この認識はBクラス記憶処理で消失させることができます。以下はそれぞれのSCP-1390-JPの「uNiQue」に掲載されている文章と発生する異常現象です。

SCP-1390-JP-5

掲載文: 1人でも双子コーデがしたい

異常現象: 一定の高評価を得ると暴露者の付近に蛋白質で構成され、SCP-1390-JP-5を着用したマネキン(以下、SCP-1390-JP-5-A)が出現します。それ以降は高評価を得る度にSCP-1390-JP-5-Aの形状が変化し、最終的に体内構造や外見が暴露者と同一のものになり、自我を持って行動するようになります。

メモ: SCP-1390-JP-5-Aは自身がマネキンであると自覚している。もし、自身の正体を偽る個体が現れれば……。

SCP-1390-JP-13

掲載文: 他人と同じは嫌

異常現象: 高評価を得る度にSCP-1390-JP-13の形状が変化します。変化にかかるスピードは高評価の量が多いほど速くなります。変化した衣服が元の形状に戻ることはありません。変化の内容は毎回大きく異なり、予測できません。

メモ: スカートの上に着用されている褌がきしめんになったのに最も驚いた。それより驚いたのは、「スカートの上に褌」なんてものを好んで着る奴がいたことだが。

SCP-1390-JP-15

掲載文: まだ靴を1足だけ履いているの?

異常現象: 高評価を一定量得る毎に暴露者の毛髪100本前後がまとまり、脚に変化します。 形成された脚はSCP-1390-JP-15の構成要素であるハイヒールか下駄をランダムで履いています。この脚は引き抜くことができ、その後は通常の毛髪が生えます。

メモ: SCP-1390-JP-15の暴露者のツイートを見たが、これを気持ち悪がっているようなリプライが少ない。SCP-1390-JPにはマイナスイメージを抑えるような特性もあるのかもしれないな。

SCP-1390-JP-26

掲載文: [編集済]

異常現象: [編集済]。SCP-1390-JP-26の実験は禁止します。

メモ: 天変地異じゃないのが救いだ。

SCP-1390-JPは「見分けのつかない双子が双子コーデを投稿する」として話題になっていたアカウントが小規模な騒動を起こしていたことで財団に発見されました。アカウントの持ち主である佐藤萌氏は双子と認識されていることへの疑問や恐怖を述べた投稿を何度も行っていました。以下はSCP-1390-JP発見時の佐藤氏とのインタビュー記録です。

対象: 佐藤氏
インタビュアー: エージェント・██
付記: インタビュー前に佐藤氏と思われる人物が2人存在しており、片方がマネキンを自称した。

<インタビュー開始, >
エージェント・██: 別室で待機している佐藤さんはマネキンとのことですが、どういうことでしょう?

佐藤氏: どういうことも何も……。ただの私のマネキンですよ?まあ、最初はのっぺらぼうなマネキンでしたけどね。

エージェント・██: ええっと……。あのマネキンは通常のマネキンとは思えないのですが、どうやって入手したのですか?

佐藤氏: この服装をインスタに載せたら隣にいただけですけど……。あの、何が聞きたいんですか?

エージェント・██: では、その服はどこで購入したものですか?

佐藤氏: 服?今着てるのは「uNiQue」って雑誌に書いてあるサイト4から買いました。

エージェント・██: その雑誌を見せてもらえますか?

佐藤氏: いいですよ。

佐藤氏は本棚から「uNiQue」を取ってきてエージェント・██に渡す。

エージェント・██: ありがとうございます。(「uNiQue」を読みながら)これを見てその服装をしようと思ったのですね。

佐藤氏: そうですよ。これいいですよね!完璧双子コーデって感じで!

エージェント・██: え?ああ、そうですね。

佐藤氏: でも、「双子で双子コーデって良いね」って言われるんですよ。まあ、セールスマンの言う通り悪口は言われないからいいですけど。

エージェント・██: セールスマン?その方についてお聞かせください。

佐藤氏: エンターなんとかって長い名前の会社の人だって言ってました。それ以外の見た目の特徴とかはあんまり覚えてないですね……。1ヶ月以上前のことなので……。

エージェント・██: 分かりました。これでインタビューを終了します。ありがとうございました。

<インタビュー終了,>

暴露者として財団が接触した全員が「uNiQue」を所持しており、その入手経路について佐藤氏とほぼ同様の内容の証言をしています。

補遺: 投稿に低評価をした場合の実験を行っていたところ、暴露者を中傷する文章を送信した██研究員が突如苦しみだし直後に死亡しました。また、その際送信した投稿が死亡と同時に削除されました。検死の結果、██研究員の心臓が材質や形状が不揃いな生地で非常にきつく締めつけられていました。これにより、SCP-1390-JPの新たな異常性が発覚しました。調査の結果この異常性が原因と考えられる事件が[編集済]件発見されました。