Anhatorijiの砂箱
評価: 0+x


[

アイテム番号: SCP-1383-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1383-JPは現在、サイト-81██の、6m×4m×3mの特別収容室内にある30㎝×30㎝×30㎝の透明なアクリルケースの中に収容されています。収容室内は常に喚起を行い、室温を22~24℃、湿度を45~55%に保持してください。天井の4隅及びアクリルケースの4隅に監視カメラを設置し、SCP-1383-JPに破損が発生しないか24時間体制で監視してください。通常時、収容室のドアは施錠し、実験以外の目的で職員が収容室に入ることは禁じられています。SCP-1383-JPに破損の兆候が確認された際は、速やかにDクラス職員を部屋内に配備した上で、収容室のドアを施錠し、室内のDクラス職員以外は速やかに部屋から離れて下さい。約30分経過したら収容室に入り、再びSCP-1383-JPをアクリルケース内に収容してください。

20██/08/16更新: 上記に加え、SCP-1383-JPよりSCP-1383-JP-A及びSCP-1383-JP-Bが発生しないか24時間体制で監視してください。SCP-1383-JP-A及びSCP-1383-JP-Bが発生した場合、テスト1383-JPを合格したDクラス職員1名を招集、SCP-1383-JPが破損しないように、専用の薬品を使用してSCP-1383-JP-Bを除去させてください。収容室のドアは施錠し、室内のDクラス職員以外は部屋から離れて下さい。SCP-1383-JP-Bが完全に除去された後は、再びSCP-1383-JPをアクリルケース内に収容してください。SCP-1383-JP-Bの除去中にSCP-1383-JPが破損した場合は、破損確認後、約30分経過したら収容室に入り、SCP-1383-JPをアクリルケース内に収容してください。

説明:SCP-1383-JPは高さ20cmのUV樹脂製の人形です。20██/4/██~20██/3/██に放映していた児童向けアニメ██████1に登場するキャラクター、████の姿を模っています。

SCP-1383-JPの異常な特性は、SCP-1383-JPの破損時に発現します。SCP-1383-JPは破損すると、10分で自動的消失します。それと同時にSCP-1383-JPに最も近い位置の人物(以下SCP-1383-JP-1)は新たなSCP-1383-JPへと変容します。SCP-1383-JP-1から変容したSCP-1383-JPはすべての部位がUV樹脂で構成されており、有機物は全く見られません。
SCP-1383-JPが破損してからの変容の様子を以下に示します。



経過時間(分:秒) SCP-1383-JP  SCP-1383-JP-1
0:00 破損する 頭痛の発症を訴える
1:00 変化なし 全身の痛みを訴える
(特にSCP-1383-JPが破損した部位の痛みを訴える)
1:30 変化なし 激しく痙攣する
3:00 発泡現象と共に溶解する 身体・骨格・頭髪等が溶解、集積し、粘度の高い物質に変容する
6:30 溶解と同時に乾燥していく 徐々に縮小しつつ、形を成型していく
10:00 完全に消失する 新しいSCP-1383-JPになる



また、SCP-1383-JP-1が変容する現場を直視した人物(以下SCP-1383-JP-2)は、24時間以内に嘔吐などの異常行動を示した後、[編集済]します。SCP-1383-JP-2の異常行動は前兆が無く、現在まで防止する手段は発見されていません。

SCP-1383-JPの異常な特性についての詳細な研究は実験記録1383-JP-1~5を参照してください。


実験記録1383-JP-1 - 日付20██/05/14
対象: SCP-1383-JP、D-42154

実施方法:SCP-1383-JPとD-42154を同じ部屋に配備する。D-42154がSCP-1383-JPを右脚をもぎ取る。

結果: SCP-1383-JPの分解後、D-42154の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42154は特に右脚の痛みを強く訴えていた。

実験記録1383-JP-2 - 日付20██/05/22
対象: SCP-1383-JP、D-42161

実施方法: SCP-1383-JPとD-42161を同じ部屋に配備する。D-42161がSCP-1383-JPを拳銃により破壊する。

結果: SCP-1383-JPの破壊後、 D-42161の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42161は、特に胸部の痛みを訴えていた。これはD-42161がSCP-1383-JPを狙撃した部分と一致する。

実験記録1383-JP-3 - 日付20██/05/30
対象: SCP-1383-JP、D-42173、D-42175

実施方法: SCP-1383-JPとD-42173、D-42175を同じ部屋に配備する。SCP-1383-JPに近い位置にD-42173を、遠い位置にD-42175を配置し、D-42173がSCP-1383-JPの右腕をもぎ取る。

結果: SCP-1383-JPの破壊後、 D-42173の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42173は、特に右腕の痛みを訴えていた。D-42175はおよそ8時間後、サイト内を移動中に突然奇声を上げた後、[編集済]。

メモ: 監視カメラより観察していた、実験の記録者に異常は発生しませんでした。

実験記録1383-JP-4 - 日付20██/06/08
対象: SCP-1383-JP、D-42196、D-42200

実施方法: SCP-1383-JPとD-42196、D-42200を同じ部屋に配備する。SCP-1383-JPに近い位置にD-42196を、遠い位置にD-42200を配置し、D-42200がSCP-1383-JPを拳銃により破壊する。

結果: SCP-1383-JPの破壊後、 D-42196の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42196は、特に頭部の痛みを訴えていた。これはD-42200がSCP-1383-JPを狙撃した部分と一致する。D-42200はおよそ3時間後、独房にて嘔吐、[編集済]。

実験記録1383-JP-5 - 日付20██/06/11
対象: SCP-1383-JP、D-42235

実施方法: SCP-1383-JPの収容室の隣室にD-42235を配備する。SCP-1383-JPの下部に火薬を仕掛け、遠隔操作にて爆破・破壊する。

結果: SCP-1383-JPの破壊後、 D-42235の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42235は、特に下半身全体の痛みを訴えていた。



20██/08/16更新: SCP-1383-JPの2つ目の異常な特性は、2~3週程度の周期で、SCP-1383-JP-Aを分泌し、それに伴ってSCP-1383-JP-Bを発生させることです。SCP-1383-JP-A、-Bは以下の特徴を備えています。


発生箇所 成分 特性
SCP-1383-JP
-A
SCP-1383-JPの「目」の部位 濃度約4%の
リン酸塩水溶液
3~10分間、継続的に
分泌を続ける
SCP-1383-JP
-B
SCP-1383-JPがSCP-1383-JP-Aに触れた箇所 錆色に変色した
UV樹脂
SCP-1383-JPの表面上で
自動的に広がる


SCP-1383-JP以外がSCP-1383-JP-A、-Bに触れても異常性は発現されません。SCP-1383-JPの表面積約80%がSCP-1383-JP-Bに覆われると、1つ目の異常性と同様の現象が発生します。SCP-1383-JP-Bはステロイド、プロスタンディンを含ませた特殊な薬品を使用することで除去することが可能です。この異常性の発見により、SCP-1383-JPはEucridクラスオブジェクトとして再分類され、特別収容プロトコルが更新されました。

SCP-1383-JPの2つ目の異常な特性についての詳細な研究は実験記録1383-JP-6~7を参照してください。


実験記録1383-JP-6 - 日付20██/07/15
対象: SCP-1383-JP、D-42431

実施方法: 表面積の約80%がSCP-1383-JP-Bに覆われた状態のSCP-1383-JPとD-42231を同じ部屋に配備する。

結果: D-42205の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-42173は、全身を掻きむしっていた。

実験記録1383-JP-7 - 日付20██/8/01
対象: SCP-1383-JP、D-43152、D-43155

実施方法: 表面積の約80%がSCP-1383-JP-Bに覆われた状態のSCP-1383-JPとD-43152、D-43155を同じ部屋に配備する。SCP-1383-JPに近い位置にD-43152を、遠い位置にD-43155を配置する。

結果: D-43152の身体は収縮・変形、SCP-1383-JPに変容し、元のSCP-1383-JPは消失した。変容中のD-43152は、全身を掻きむしっていた。D-43155はおよそ11時間後、食堂で笑い声をあげ、[編集済]。


補遺:SCP-1383-JPが発見された切欠は、20██/04、██県内の██市で発生した行方不明事件でした。最初に行方不明になったのは██美也子みやこという当時13歳の女性です。市内の███総合病院にて、皮膚病の治療のために入院していましたが、20██/04/03に行方不明になりました。目撃情報によると、行方不明になった後の彼女に使用していたベッドの枕元にSCP-1383-JPが存在していた模様です。その後、20██/04/04~05/07にかけて██美也子の父親██のぼる2をはじめ、██市の住民計█人が連続して行方不明・変死したため、事件の異常性から財団のエージェントが調査を開始しました。20██/05/08、██市住民の高木氏宅にて、SCP-1383-JPを回収しました。回収時に、SCP-1383-JPを目撃した者達や事件の関係者に対してBクラス記憶処理を施しました。