アマミのノート

#アエリアナ

評価: 0+x


Foundation Collective
維持され続ける意識

foundation_collective_logo.jpg

"逆戻りしてはならない"

クローラー: SCP BOT | クエリー: 財団職員の昏睡現象 | サーチ: FC SUBNET
オプションフィルタ | 地域: 日本 | セキュリティクリアランス: レベル3以上


ファウンデーションニュース

81ブロック地区、財団職員の奇妙な昏睡現象が多発

睡眠偵察者より、今回の事態には出自不明のオネイロス型幽体が関与しているとの報告が齎された。また、財団外部の数多のコレクティブはその存在自体を認知しておらず、如何なる関与の痕跡も確認されていない。


ファウンデーション・コレクティブの情報担当者は土曜の未明、81ブロック地区内で多発する昏睡現象が、1体のオネイロイによる"捕食行為"を原因とする現象であったことを正式に公表した。

対象実体は多数の夢界実体群を引き連れ、ホスト内部で一種のコロニーを形成しており、インタビュアーに対しては"Aeliana"と称した上で、"食事中"であることを理由にホストからの退去を拒否とされている。

また、かつて同様に昏睡状態へと置かれていた全職員の潜在意識内は、当該の集団による不法な占拠・改造を受けていたことが判明しており、小規模な都市建築の痕跡も発見されていると報告された。それに加え、ホストの夢見はその大半の時間を、"Aeliana"の胎内に囚われている状態で過ごしていたようで、常に苦痛と恐怖の感情が維持され続けていただろうとも語れている。

一方、この状態にも拘らず、大半の夢見からは覚醒しようとする素振りが確認できず、むしろ覚醒を拒否している様子まで見受けられている。このことから、"Aeliana"が何らかの精神作用特性を有している可能性も示唆されている。しかしながら、ホストの夢見と意思疎通の試みは、当該集団による抽象的妨害のために成功しておらず、その真偽は依然として明らかにされていない。

関連記事

"Aeliana"収容作戦、対象実体には効果を示さず
Submitted 3 months ago by ggoat00
[閉じる]

作戦責任者は木曜の明け方、同日に実施された"Aeliana"収容作戦が失敗に終わったことを報告した。当初、対象実体がホストの解放及び首都の解体を一切拒否していたこともあり、今回の強行作戦が踏み切られるに至った。しかし、対象実体はあらゆる抽象からの作用・影響を受け付けず、逆に作戦部隊員に対して"脅迫"を行ったとされている。この事態を受け、機動部隊オミクオロン-ローの投入は一時的に延期され……[続きを読む]

"Aeliana"、正式なオブジェクト分類も間近?
Submitted 2 months ago by Tieramama
[開く]

新生サイト-81██、件のユメクジラに対する切り札となるか
Submitted 2 months ago by octopath7
[開く]


貴方、どうやってこの場所に?


アエリアナ(Aeliana) — これがオネイロイとしての個体名であるのか、集団としての名称であるのか詳細は不明ですが — は、海棲未確認動物であるムカデクジラΣκολοπενδρα)に酷似した1体のオネイロイに由来し、その個体を中心に夢界実体群のコロニーを伴って放浪を続ける出自不明の集合意識です。

この集団は常に1人のホストの内部に留まり続けることを好み、その支配する領域こそが集団にとっての唯一の都市であると考えられています。同時にこの首都は非常に流動的でもあり、ホストが覚醒した場合、集団は即座に現在の領域を放棄し、他のホストへと移動を開始します。この首都の移転行動を制限・隔離する試みは成功しておらず、避難所や中継所と同様の作用を有する領域の存在が推察されているものの、その実在性は未だに証明されていません。

ホストの夢見とムカデクジラのオネイロイを除けば、アエリアナの民族構成の大半は、夢のエレメントによって構成されたコバンザメEcheneis naucrates)の夢界実体群によって占められています。ムカデクジラがクラスII相当のオネイロス型幽体特性を保有しているのに対し、周囲を遊泳するコバンザメはその移動性を除けば、明確な異常特性を示しません。多くの場合、その意識の指向性は裁断された残滓を啄ばむことに向かいます。

また、アエリアナは偏食的な習慣と性質を強く示し、首都で過ごす時間の大半を、ホストの夢見を咀嚼することに費やします。本来、飢餓による死の概念を持ち合わせていないオネイロイが、このような行為を取る理由は解明されていません。しかしながらFC研究者間では、これが単なる食事の真似事に過ぎないとする意見が過半数を占めています。

上記の性質もあり、アエリアナのホストは基本的に、ムカデクジラの口腔内に囚われている状態で存在しています。また、それ以外の時間の大半は、消化器官に相当する部位にて細かく裁断された状態で過ごすと想定されます。なお、咀嚼による裁断を経て、最終的に排出されるまでの一連のプロセスは全てが非致死性であり、排出された夢見は一定時間の後に、元の状態へと再構成されることが判明しています。

一方、支配領域内に存在するホストを含む全ての肉体持ちは、覚醒するにあたって政府の許可を必要としていません。それに加え、上記のような環境下に常時曝され続けているにも拘わらず、ホストである夢見の多くが覚醒を自ら拒否しています。この結果として引き起こされる現象が現実での昏睡事案であり、昏睡自体はアエリアナの性質による現象ではないとする見解が有力視されています。それに加え、何らかの精神影響作用により、夢見が自ら覚醒することを拒否するよう仕向けている可能性についても論じられています。しかしながら、現段階においては如何なる手段により、夢見を自らの胎内に維持・拘束し続けているのか明らかになっていません。

FC研究者の調査により、アエリアナが退去した後の領域は、FCの領域として問題なく再利用可能であることが確認されています。なお、一度廃棄した首都をアエリアナが再利用したケースは確認されていないことに留意してください。20██/██/██、現実において、アエリアナにはオブジェクトとしての公式なナンバリングが付与されました。

aeliana.png

アエリアナ/Aeliana

首都
流動的

公用語
ホストの母国語
ホエールソング
機械語

民族構成 (2018):
89.9% ノンコン (その大半)
5.0% 自由な意識 (常に1人分)
5.0% 肉体 (常に1人分)
0.1% 一時滞在者 (不定期に)

住民の呼称:
ムカデクジラ
コバンザメ

政府:
魚群

時間経済:
1周=5~6日間

現実:
グルメ

心理学:
偏食的

移民の状態:
Meh

脱出者の状態:
Free


Last Edited 03:27AM FC by Mielsciencer


[VIEW EDITS] [HISTORY] [COMMENTS(5)]





目覚めて、これは今の貴方にとって必要なもの?



"白紙のタイルをすべて選択してください"
selecter.png

▶ 確認が完了しました。


起きて


アイテム番号: SCP-1646-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1646-JPの領域と近接する夢界には、常時1人以上の睡眠監視者が配備されます。SCP-1646-JPのホストが死亡、もしくは覚醒した場合、監視者によるSCP-1646-JPの追跡が行われ、新たなホストの発見・確保を補助します。

現在、サイト-81██はSCP-1646-JP封じ込め手法に活用されており、低脅威度のオブジェクトのみが取り扱われています。また、当該サイトに配属される全ての職員は、特定の条件を満たした人物のみで構成されていなければなりません。

説明: SCP-1646-JPは常に1人の財団職員の潜在意識をホストとする、異常なオネイロス型幽体の通称です。その外観はムカデクジラ(Σκολοπενδρα)と呼称される海棲未確認動物に酷似した姿をしており、夢界においてその全長は少なくとも18m以上に及びます。現在までに、合計して███人の職員の潜在意識が影響下に置かれ、SCP-1646-JPの首都として使用されていたことが確認されています。

SCP-1646-JPのホストが睡眠を行った場合、即座に連続的な昏睡状態へと移行します。この状態は最短でも1時間以内、長い場合では数年以上が経過した後に回復します。観測史上、最長では17年2ヶ月の間、昏睡状態が継続したケースも確認されています。それに加え、現在までにホスト自身が覚醒を望む以外の手段で、この状態から回復させることに成功した例はありません。

昏睡状態の間、ホストの夢見は反復的にSCP-1646-JPによる捕食行為を受けることになります。この行為のために、ホストに対する脳波モニタリングの結果は、毎回1時間のインターバルを挿んで発生する102~156時間の連続的なストレスレベルの上昇と、不規則な恐怖感・嫌悪感の想起反応の兆候を示し続けます。しかしながら、常にホストが任意の自己選択によって覚醒可能な状態であることには留意すべきです。

覚醒した全てのホストは、SCP-1646-JPを含む、自身の恐怖感・嫌悪感の要因となった存在に関して説明することができず、その間に想起・認識していたイメージを一切記憶していません。それに加え、ホストの大半が覚醒後の聴取時に、要領を得ない漠然とした罪悪感や後悔の感情を報告しました。この覚醒後の情動反応と、夢界にて覚醒を拒否し続ける精神構造の関連性については、調査が継続されています。

ホストが覚醒した場合、もしくは昏睡状態のまま死亡した場合、SCP-1646-JPは現在の領域を放棄した上で、新たに別の職員をホストとします。この時、SCP-1646-JPは元のホストの近隣に存在する、特定の条件を満たした人物を対象とする傾向性が確認されています。一方で、その対象基準となる条件の理由は不明です。以下はホストとして対象として選出されやすい人物の条件例です。

  • 財団関係者であり、いずれも重要な任務に就いていないセキュリティクリアランスレベル2の職員
  • 周囲からは漠然とでも"使命感・責任感が強い"と称されるような人物像を有している
  • 英雄症候群や救世主妄想に酷似した心理・精神状態を有している
  • 過去に、一度でもSCP-1646-JPのホストとなったことがない
  • 夢界におけるオネイロイとしての自律性と自己認識を有していない

SCP-1646-JPは19██年以降からその存在が確認されましたが、その性質のために、現在までに完全な封じ込め手法が確立されていませんでした。20██/██/██、FC担当責任者とO5-██による共同合議の結果、被害軽減及び拡散の防止を目的として、サイト-81██全体を疑似的なSCP-1646-JP収容房として活用する案が受理されました。

それに伴い、当該サイトでは人員再配置が実施され、FC担当者を除く、全ての所属職員が上記条件を満たす職員のみとなるように調整されました。また、現実のSCP-1646-JP報告書には、一部情報を制限した文書が割り当てられており、ホストとなった職員が報告書の請求を行った場合には、当該文書が開示されます。


肉体持ちである貴方には、あまり好ましくない内容だったでしょうか。しかし、貴方はもうすぐ目を醒ます。そうなれば、今まで調べたことも、全てが頭の片隅へと追いやられることになります。そうなれば、現実での業務に支障をきたすことはないでしょう。

そして、仮にですが。もしも貴方が再び私たちのコレクティブを訪れることを望み、夢の中のSCiPについて学ぶ機会が得られたのならば、その時は新たな担当者として迎い入れられるかもしれません。もう起きて、いい加減、遅刻するよ。

私たちは常に友人と協力者を求めています。こちらは、あまりにも現実から遠く、そして、起きろ!

ああ、貴方にとって聞き慣れた音と声が聞こえるでしょう、それでは、やっと目が醒めた? もう朝ご飯は残っていないよ。



帰宅

評価: 0+x
my_home.png

SCP-XXX-JP内の概観

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを含有するアパートメントは財団フロント企業によって買収され、███地区で活動するエージェントのセーフハウスとして活用されています。SCP-XXX-JPの入口は施錠され、メンテナンス作業及び実験時を除き、立ち入りは許可されません。また、研究・実験の必要性に応じて、被験者として用いられたDクラス職員の月例解雇延期申請を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは京都府██郡███に位置する、███████アパートの305号室です。外観上、室内に一切の異常な点は見受けらません。

SCP-XXX-JP内部で睡眠を行っている人物(以下、被験者)は、不定期に繰り返される本人視点の夢を経験します。この時に認識される情景描写は室内環境と概ね一致し、夢の中の物品や構造物は、現実における相似物の位置・状態を反映します。

上記の夢を一定時間経験し続けた場合、被験者は夢の中でインターホンのチャイム音が鳴っていることを認識します。そして直後、被験者は即座に現実へと覚醒します。この時に認識されるチャイム音は、現実のSCP-XXX-JPに備え付けられたインターホンの発生音と酷似していることが報告されています。そのため、大半の被験者は現実と夢のどちらでチャイム音が鳴ったのかを即座に判断できず、短時間の混乱・錯誤の反応を示します。なお、現実でインターホンが故障しているか、取り外されている場合には、夢の中でチャイム音が発生しなかったと報告されました。

覚醒後の被験者が"現実でチャイム音が鳴った"と誤認し、来客対応のために現実のSCP-XXX-JPの玄関口を開放した場合、SCP-XXX-JPの異常性質は一時的に失われます。この消失の期間は、開放を行った被験者が何らかの要因で死亡するまでの間であり、それまでは上記の夢も一切発生しません。その一方で、"入口の開放"と"異常性質の消失"の因果関係は依然として明らかになっておらず、現時点において、関与した被験者の身体的・精神的にも明確な異常は確認されていません。

SCP-XXX-JPは19██/██/██、府内の心霊物件に関する広域調査中に発見されました。調査の結果、収容以前の直近4人の賃借人が、上記の夢を経験していたと確認されています。なお、内1人が居住時に"誤認"からSCP-XXX-JPの異常性消失現象に関与していたことも確認されていますが、既に死亡していたことから詳細な調査は実施されませんでした。

また、異常性が付与される直前の賃借人であった██ ███氏は、自身の居眠り運転が原因となった交通事故で死亡していたことも判明しています。その一方で身辺調査の結果からは、同氏の経歴及び事故自体に一切の異常な点が見受けられず、SCP-XXX-JPとの因果関係についても証明されませんでした。

現在、異常性消失現象に関与した被験者に対する経過観察が継続して行われています。なお、当報告書の最終更新時点において、被験者には明確な異常が確認されていない一方、SCP-XXX-JP内に酷似した光景が登場する夢を今までに数度経験したと報告を行っている点には留意してください。



繰り返された悪夢

評価: 0+x
sigmund_freud.png

フロイト博士の近影

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: 19██/██/██以降、SCP-XXX-JPの新たな発生は確認されていません。また、フロイト博士に対するし継続した調査・監視は、既に終了しています。

説明: SCP-XXX-JPは第14首都内のサイト-FC██で反復的に発生する、フロイト博士の自殺現象です。この現象はフロイト博士が明晰状態である場合にのみ時折発生し、激しく取り乱す・叫び声を上げる等の混乱や恐慌の反応をみせた後、周囲にある物品を用いて自殺が行われます。なお、現在までに確認されているだけでも、SCP-XXX-JPは147回発生しており、その結果としてフロイト博士は169回死亡しています。

その一方で、SCP-XXX-JP発生時の行動や出来事について、フロイト博士は一切記憶にないと主張を行っています。それに加え、フロイト博士に対して実施された各種検査・調査でも、心象・抽象ともに明確な異常は発見されませんでした。

SCP-XXX-JPは19██/██/██に初めて発生が確認されました、

記録:

補遺:




評価: 0+x
dreams_gate_clte.png

参加者により撮影されたSCP-XXX-JPの様子

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全てのSCP-XXX-JP-αはサイト-81██の地下格納室にて、コールドスリープ状態で収容されます。

また、新たなSCP-XXX-JP発生防止を目的として、日本全国で催される"睡眠"もしくは"夢見"に関するセミナーの監視が行われます。同様に、精神診療科への受診者の内、特定内容を含む相談を行った人物に対する監視が行われます。

説明: SCP-XXX-JPは、不特定多数の人員で構成された"ドリームズ・ゲート・カルト"(Dream's Gate Calt)を自称する集団によって執り行われる、集団心中を伴った一種の儀式的行為です。

多くの場合、SCP-XXX-JPは一般観衆向けに開放された公共施設や会場等で催され、初期段階では単なる"睡眠"や"夢見"に関するセミナーであるかのように見受けられます。その最終段階において参加者全員が死亡し、後述するSCP-XXX-JP-αが生成された時点でSCP-XXX-JPの全手順が完了します。以下は、開始から終了までに行われる儀式内容の一例です。

  1. 立食パーティ形式での参加者同士の挨拶や自己紹介
  2. 参加者同士で"最近見た夢"に関する談話
  3. "世界の終焉"及び"終末を生き延びる策"についての討論
  4. 致死量の睡眠薬が混ぜられたジュースが配られた後に全員で記念撮影
  5. 乾杯の音頭に合わせ、全員が同時に服毒を行う
  6. 参加者全員の死体から異なる身体部位が脱落・剥離し、それらが集合・結合してSCP-XXX-JP-αが1体生成される

服毒が行われる前にSCP-XXX-JPが中止された場合、参加者全員はその場で昏睡します。昏睡からの覚醒後、参加者全員は自分たちが置かれている状態や、SCP-XXX-JPに関する情報を明確に説明することができず、多くの場合は薬物やアルコール等に起因する記憶の喪失であると合理化を図ります。

SCP-XXX-JP-αは上記の通り、SCP-XXX-JPの最終段階で生じる死体を"基"にして生成された人型実体です。身体的には、"基"となった参加者の身体的特徴や持病を引き継ぐ以外の点で異常性は見受けられず、その正確な生成プロセスも依然未解明の状態です。また、基本的には"基"となった参加者の内の1人と概ね一致する記憶・自己同一性を保持していますが、多くの場合は非定型精神病や解離性同一性障害に類似した症状を示し、場合によっては意思疎通が不可能なケースも確認されています。

それに加え、生成から時間が経過するごとにSCP-XXX-JP-αの体温は急激に低下し続け、数時間足らずで意識を完全に喪失します。この最終的な結果として、SCP-XXX-JP-αは一種の冬眠状態となり、栄養補給なしに長期間延命可能となります。なお、財団内で実施された再現検証において、SCP-XXX-JP-αの生成には成功していません。

また、SCP-XXX-JPの主だった進行は、参加者から"主催者"と称される存在(以下、SCP-XXX-JP-β)によって行われると主張されています。しかし、SCP-XXX-JP-βの姿は参加者以外には認識されておらず、一種の限定的な反ミーム的実体であるのか、もしくは集団幻覚に基づいた実在しない存在であるのかは不明です。

SCP-XXX-JPは20██/██/██、京都府京都市████で初めて発生が確認されました。現在までに、"ドリームズ・ゲート・カルト"の結成は日本国内のみで12回発生し、そのうち7回でSCP-XXX-JPが最終段階まで執り行われています。なお、SCP-XXX-JP-αの性質のため、意識喪失までの間に聴取を行えたケースは3回のみに留まっています。このこともあり、当報告書の概要自体も3体のSCP-XXX-JP-αに対する聴取で得られた情報に基づく内容となっています。

更に、現在までに身元が判明しているカルト構成員・参加者の身辺調査において、その大半には特筆すべき異常な経歴やカルト活動に関与する一切の兆候が認められませんでした。それに加え、他の参加者と連絡を行った痕跡も発見されておらず、どのようにして参加者が集まり、SCP-XXX-JPが滞りなく実行されているのかは現時点でも不明です。その一方で、参加者の半数には睡眠障害を理由とした精神診療内科への通院歴が確認されており、医師に対しては共通して"終末的な事象に関する恐怖心"の相談を行っていたことが判明しています。

付録: 以下の記録は、20██/██/██の事象で生成されたSCP-XXX-JP-α-3に対するインタビューからの抜粋です。これら情報の成否に関しては、現在も議論が継続されています。

インタビューログXXX-JP - 日付 20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-α-3

インタビュアー: 阿久津博士

付記: SCP-XXX-JP-α-3はSCP-XXX-JP参加者の1人である、██ ██氏の記憶・自己同一性を有していると推測されます。その一方で、インタビュー中にも他のSCP-XXX-JP-αと同様の症状を示している点に留意してください。

<記録開始, 20██/██/██>

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

インタビュアー:

対象:

<記録終了, 20██/██/██>

終了報告書:

##############################################
##############################################