SCP-1539-JP
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1539-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid Keter(暫定)

特別収容プロトコル: SCP-1539-JPは、サイト-81██の標準 厚さ1m以上の鋼鉄で覆われた標準人型収容室に収容してください。収容室の前には警備員2名以上を配置してください。警備員は事前に入室する旨を通達された職員以外が入室しようとした際に、その職員を確保し、戦術対策担当職員に引き渡してください。また、警備員はSCP-1539-JPが収容違反の兆候を見せた際、レベル4以上の職員に報告し、その場を離れてください。SCP-1539-JPの収容違反を抑制する手段は、現在見つかっていません。

説明: SCP-1539-JPは人型のオブジェクトで、大脳を未知の動力で動く人工知能に換装させられています。対象は1輪のラベンダー(Lavandula属)と思われる花を所持しています。これは枯れることがありません。SCP-1539-JPからのDNA採集、および所持する花の品種同定は成功していません。対象は現在収容に協力的で、保護している財団に感謝の意を表しています。

SCP-1539-JPは時折、ラベンダーから発生する花弁のようなもの1を身にまとって、SCP-1539-JP-1へ変身する場合があります。SCP-1539-JP-1は、紫がかった一般的な道化師の格好を模しています。SCP-1539-JP-1の性格は、SCP-1539-JPと何ら変わりありません。SCP-1539-JP-1からSCP-1539-JPへ変身する際、ラベンダーの花弁は対象の所持するラベンダーに格納されます。

SCP-1539-JPは当初、サイト-81██に侵入し、財団に保護を要求してきました。一時的に勾留中、SCP-1539-JPはSCP-1539-JP-1へ変身しました。調査によって、SCP-1539-JPは未知の動力によって動く人工物であることが確認され、SCPオブジェクトとして正式に収容しました。以下の情報が発覚するまで、対象はSCP-1539-JP-1への変身能力によって人々を驚かす存在だと考えられていました。


警告: 以下の文書の閲覧には、セキュリティクリアランスレベル3以上が必要です。