SCP-1089-JP
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1089-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1089-JPは自身で移動せず、使用時以外は不活性状態の為、特別な収容手順は必要ありません。使用時以外はサイト-██内のレベル3耐火金庫内に保管して下さい。

SCP-1089-JPの使用にはレベル2以上の職員2名の許可を得た後、音響設備・監視カメラを設置し、鉄筋コンクリートで建設された実験室で使用してください。また、実験中は部屋の外から施錠をして下さい(この意味は実験記録1089-bを参照)

説明: SCP-1089-JPは、80cm×60cm×40cmの大きさで、両側面にそれぞれ1つずつ手を差し込む為の穴が空いた、段ボール製の黒い箱です。
19██年8月██日に、東京都武蔵野市の民家の押し入れから、その住人によって発見されました。住人は、この箱が自宅にあるのにも関わらず、この箱に関する一切の事柄について覚えていませんでした。
住人の友人であったエージェント・██が住人から相談を受け、その特性に気づきSCP-1089-JPを回収しました。

用途としては中に何か物を入れ、触ってその物が何かを当てる、といったゲームのようです。前面には白い色で大きく「?」の文字がプリントされており、裏面の隅にはタカラトミー社のロゴが入っています。しかし、過去にタカラトミー社がこの箱を商品として製造、販売した記録は存在しません。

SCP-1089-JPを置き、使用者が両手を中に差し込むと、瞬間的にあらゆる物体が生成されます。今までに生成されたものは、鉛筆、ゲーム機、電球、1発の7.62mmNATO弾、衣服などの無機物から、土から引き抜いたばかりに見えるプチトマトの苗、1匹のカエル、仔猫、生きているヒトの臓器、オオスズメバチなどの有機物も生成されました。

SCP-1089-JPが生成するものは、使用者の想像した事柄に近い物が生成されると考えられています。何も考えずに両手を差し込むと、一切ランダムに物が生成されるようです。

使用者はSCP-1089-JPを使用後、体調に変化が無いか検査を受けることが許可されます。(実験記録1089-c発生後から許可)

実験記録1089-a 19██/██/██

対象: D-60103

実施方法: 実験室内に被験者とSCP-1089-JPを配置、被験者にはスピーカーから「財産」を想像するよう指示、両手を差し込ませた。

結果: 被験者の手には100円硬貨が3枚生成された。しかし、製造年号が既存の年号とすべて一致しなかった。

分析: 被験者は湧き出た硬貨に喜んだが、ぬか喜びだったようだ。 -佐藤博士

実験記録1089-b 2000/01/██

対象: D-59857

実施方法: 実験室内に被験者とSCP-1089-JPを配置、被験者には「攻撃的」を想像させるよう指示、両手を差し込ませた。

結果: 箱の中には瞬時にオオスズメバチ8匹が生成され、箱を飛び出して被験者に襲いかかった。被験者は恐怖のあまりに実験室から飛び出し、蜂も被験者を追いかけた為に蜂に刺される被害が数件発生した。この被害で1名のレベル3職員が刺された事による急性アナフィラキシーショックで死亡、他職員も3名が蜂に刺され治療を受けた。

分析: なんてこった、死亡者が出てしまった。部屋を施錠するべきだったな。しかし箱の特性は少しずつ解明されているな。-██博士
備考: この実験後、実験室を外から施錠できるようドアを変更。

実験記録1089-c 2000/03/20

対象: D-57905

実施方法: 実験室内に被験者とSCP-1089-JPを配置。被験者には「死骸」を想像させるよう指示、両手を差し込ませた。

結果: 箱の中には20代後半~30代前半のイギリス人女性の頭部が生成され、被験者は両手を抜いた後、手に付着した大量の血液を見てその場に倒れ込みました。その後、精神鑑定で被験者はPTSD障害を発生した事が認められました。

分析: 何故頭部だけのヒトの"死骸"が生成されたのだろう、被験者がヒトだからだろうか。気の毒だったな。-████博士

実験記録1089-d 2001/07/10

対象: D-70565

実施方法: 実験室内に被験者とSCP-1089-JPを配置。被験者には「出来たてのハンバーガー」と想像させるよう指示、両手を差し込ませた。

結果: 箱の中には瞬時にマクドナルド社製の標準的なハンバーガー1個が生成された。被験者はこれを食し、何ら体調に変化が無く、美味であることを伝えました。

分析: //なんだあの箱は、非常時に食糧も出せるのか。しかし頻繁に使うものでは無いな、食材が何かも分からない。-ロバート・██博士

補遺1089-1: 実験記録1089-cを受け、被験者に対して希望する者は実験後に精神鑑定及び身体検査を受けられるようにしろ。何が出てくるか分からないからな。-Dr.██

補遺1089-2: SCP-1089-JPから出てくる食べ物はいかなる場合でも室外へ持ち出してはならん。偶然あった同じ食べ物と見分けがつかなくなるかもしれないからな。-ロバート・██博士