Akki893
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル:


SCP-XXX-JPは現在財団の管理下にあり、特別サイト-001に収容されています。SCP-XXX-JPと特別サイト-001を一般人に認知されないように、カバーストーリー「岩陰」を流してください。SCP-XXX-JP-Aは確認されておらず、死骸と思われる物しか確認できていませんが、SCP-XXX-JP-Aが生息している可能性があるので、常に特別サイト-001を監視してください。

説明:
SCP-XXX-JPは月に確認された生命体が活動していた痕跡です。SCP-XXX-JPは1652年に確認されました。SCP-XXX-JPを収容している特別サイト-001ではSCP-XXX-JPの研究が進められており、SCP-XXX-JPはもっとも古いもので、紀元前976年に建設されていると考えれます。最も最近のものは1926年です。SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPに生息していたと考えられる生命体のことです。SCP-XXX-JP-Aの死骸は今までに42体確認されております。SCP-XXX-JP-Aの体の構造は、人間と37%一致しており、外見は顔が92%、手が13 %、脚部が51%、その他が[削除済み]一致しています。
補遺1:
SCP-XXX-JPで確認されている建造物は中世ヨーロッパの住居と似ていることが確認されています。しかし、紀元前976年に建設されたものも中世ヨーロッパのものと似ているため、SCP-XXX-JPからヨーロッパにこの技術が渡った可能性もあります。

補遺2:
SCP-XXX-JPで確認された建造物は劣化による破損は確認できました1が、物理的な破壊は不可能だと思われます。SCP-XXX-JPの最も最近に建設された建造物が建設された後にもSCP-XXX-JP-Aが生息した可能性がこのことにより考えられました。
補遺3:
1952年に不明な電波が確認できました。SCP-XXX-JPから発信された可能性が高いです。以下は通信内容です。

こちら[解明不能]す[解明不能]の星が近ず[解明不能]います。この[解明不能]破壊しよう。
もし我[解明不能]波が届いているなら[解明不能]しよう。

推定される内容

こちら[SCP-XXX-JP-Aの自称]です。[不明]の星が近づいています。この[危険な]2星を破壊しよう。
もし我々の電波が届いているなら[不明]しよう。

危険な星はSCP-1548の可能性が高いです。

補遺4:
1961年にも不明な電波が届いており、この電波もSCP-XXX-JPからのだと思われます。

推定される内容

我々はもう終わりだ。この電波が届いていれば良いが。
我々はもう全滅する。これが最後かもしれない。

この時にSCP-XXX-JP-Aの死骸が発生したと考えられます。