Akki893
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1996-JP

オブジェクトクラス:Safe Keter

特別収容プロトコル: SCP-1996-JPは金でできた5*5*5の部屋に収容されています。SCP-1996-JPに対し一定間隔で職員と接触させてください。接触した職員は[削除済み]または隔離してください。SCP-1996-JPに対する暴力行為などSCP-1996-JPが興奮状態にさせる行為はいかなる職員でも禁止されています。

説明: SCP-1996-JPは約180cmの人型SCPで、背中に一対の翼が生えています。SCP-1996-JPと接触した職員には「洗礼」とする洗脳行為が行われます。この「洗礼」は記憶処理を行っても効果を無効にすることは不可能です。「洗礼」を受けた職員は全体的に能力が上昇します。「洗礼」が行われた直後の職員は「いい気分」や「楽しい」などといった感覚を持つようになります。

補遺1: SCP-1996-JPが「洗礼」を行う際に旧約聖書や新約聖書の文が使われていることがわかり、元々聖書に関する知識を持つものは「懐かしい」という感覚を持ちます

補遺2:SCP-1996-JPの洗礼を二回受けた者は狂い出し他国言語語を発しながらずっと走りつずけます。しかし、攻撃的ではないため被害は無く鎮静銃で眠らせて隔離してください。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1699-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: SCP-1699-JPは3*3*2.5の木製の部屋に収容してください。SCP-1669-JPの収容違反を防ぐためにSCP-1669-JPには、定期的にDクラス職員を殺害させてください。SCP-1669-JPの周囲では「アレックス」という単語を発しないでください。SCP-1669-JPの視野にSCP-1996-JP-1を入らせないようにしてください。

説明: SCP-1669-JPの容姿は30代のスウェーデン人で、常に黒色の布をかぶっています。対象オブジェクトは殺人欲求が高く彼に依頼という形でDクラス職員を定期に殺害させないと、未知の方法で瞬間移動し、多くの人を殺害します。依頼した対象はどのような手段を用いても殺害しようとします。


対象オブジェクトが依頼された対象を殺害して収容室に帰って来た際に「私に公平な審判を」と繰り返し小さな声で呟きます。
補遺-1: