SCPー(未定)ーJP
評価: 0+x

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
imagesD6YXXS2P.jpg

一時的に箱から取り出されたSCP‐XXX‐JP‐1

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、各辺10cmの遮光性の極めて高い箱の中に収容され、5m×5mの部屋の中心で保管されてなければなりません。部屋の四隅には監視カメラを設置し、高光度のハロゲンを常に3台は稼働状態にしてください。
この部屋は、セキュリティレベル3以上の職員のみが入室可能です。箱の蓋は常に閉ざされた状態にしておかなければなりません。蓋が開いている事が確認された場合、職員は直ちに機動部隊を-6"盲いた梟"に報告後、Cクラスの記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは紅色の未知の鉱物で構成されている1つの義眼です。一般的な大人の眼と同じ大きさに見えますが、装着する人の眼窩のサイズに合わせて、ある程度変化します。SCP‐XXX‐JPは弾力と常に湿り気を帯びており、オブジェクトに直接触れた者は、「これは人間の眼だ」という印象をオブジェクトを視認している・していないに関わらず、強く抱くようになります。

SCP‐XXX‐JPは対象がこのオブジェクトを眼窩に嵌めこみ始めた時から完全にオブジェクトを装着するまで、対象がどのような負傷をしようともすぐさま再生するようになります。1

オブジェクトを装着し終えた対象は硬直状態になり、周囲の呼びかけに答えることが一切不可能になります。そして対象がオブジェクトを装着しておよそ10分後、対象の装着したオブジェクトを中心に、赤い光線が発せられます。
この光線に被曝した対象は、ハンドガン等の攻撃性のある物にランダムに変化します。
また、変化した対象は、その形状、個数に関わらず、被爆者の意識を残し続けますが、理路整然とした会話は不可能になります。また、SCP‐XXX‐JP‐2が変化した対象を使用していた場合、周囲の人々はSCP‐XXX‐JP‐1の異常性によってSCP‐XXX‐JP‐2が見ている「白昼夢」のようなものを現実世界で体験することになります。この「白昼夢」を見ている間SCP‐XXX-JP‐2は強い全能感を感じ、SCP‐XXX‐JPを外す事を強く拒否するようになります。

また、SCP‐XXX-JPは時に周囲を見渡すように動く事や、職員を睨み付ける様な挙動をとる事があります。現段階では異常性は確認できていませんが、無闇に近づかないように注意してください。動く原因、周期は現段階では不明です。

SCP‐XXX‐JP‐1を外したSCP‐XXX‐JP‐2は極稀に「あの人にこの眼を届けなければならない」という強迫概念を持つようになり、装着前と比べ、放心状態になることが増え、支離滅裂な言動を繰り返すようになり、最終的にはSCP‐XXX‐JP‐1と[編集済]の接触を図ろうとします。その状態になったSCP‐XXX‐JP‐2が発見された場合、即刻終了処分が下されます。

追記:


補遺: