SCP-XXX-JP
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは愛知県██市に存在する、株式会社ペットショップ████が運営していた建築物です。ペットショップ████は20年に倒産しており、現在オブジェクトが存在する土地は財団が所有しています。
このオブジェクトの異常性はヒト(以下被験者と呼称)がオブジェクト内部から正面入口を通じてオブジェクト外部へ出ることで発現します。またオブジェクトに存在する窓、裏口から外部へ出ることでは異常性は発現しません。
被験者は外部へ出たと同時にその場から消失しますがその後即座に同じ地点で再出現します。また被験者が再出現すると同時にゴールデン・レトリバー、ブルドック、ラブラドール・レトリバー(Canis lupus familiaris)と見られる犬種から不規則に一匹(以下SCP-XXX-JP-Aと呼称)、被験者と共に出現します。SCP-XXX-JP-Aに異常性は見られませんが、被験者に対し非常に攻撃的であり、吠える、唸る、噛みつくなどの行為が確認されています。SCP-XXX-JP-Aを保護する試みは行われてきましたがその多くは