acris
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト8181のレベル2職員用休憩室に設置されています。同室への入場許可があれば自由にSCP-XXX-JPを使用出来ますが、牛乳の保存は禁止されています。担当職員は1日2回SCP-XXX-JPの内容を確認して、無記名の物や牛乳が存在した場合その場で処理してください。

説明: SCP-XXX-JPは2ドア冷蔵庫です、本体に██社のロゴマークが刻印されていますが市販品に該当品は存在しません。
SCP-XXX-JPの内部に牛乳(以下SCP-XXX-JP-a)が存在する場合に異常性が発生します。
SCP-XXX-JP-aは通常の牛乳との差異はありませんが、数日から数週間経過すると爆発します。
未開封状態ではパッケージに記載された賞味期限から数日後、開封状態では開封から数日後に爆発します。
この爆発力は同重量のプラスチック爆弾相当ですがSCP-XXX-JP自体に損傷はありませんでした。