下書き_5×5
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは財団のウェブクローラー及び画像認識プログラムによって、発見され次第削除が行われています。SCP-XXX-JP及びそれに類似する性質を有した画像を発見した職員は、即座に財団へ報告を行ってください。
SCP-XXX-JPの画像改変を伴う実験は現在凍結されており、許可なくSCP-XXX-JPを作成、改変する事は禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは5×5に配色されたモザイク状の画像です。

05.gif

SCP-XXX-JP(影響を避けるため黒塗りの画像と交互に表示)

一定以上のサイズのSCP-XXX-JPの全体図を5秒間以上連続して視認し続けた人間特定の人物(SCP-XXX-JP-a)は、SCP-XXX-JPからSafeクラスオブジェクトSCP-███-JPの外見を連想し、SCP-XXX-JPがSCP-███-JPのように見えるという認識を植え付けられます。この現象は、SCP-XXX-JPの一部あるいは全部が隠れる、SCP-XXX-JPを視界から外すなどで、連続した視認時間が5秒未満だった場合は、累計視認時間にかかわらず発生しません。この時、SCP-XXX-JP-aにSCP-███-JPについての情報が無い、または少ない場合、SCP-XXX-JP-aはSCP-███-JPについての情報(SCP-XXX-JP-b)を得ます。SCP-XXX-JP-bはAクラス記憶処理によって除去可能です。

SCP-XXX-JPは、その配色と形状を正確に再現すれば、誰にでも作成可能です。このため、意図せず偶然にSCP-XXX-JPが作成されることを防ぐことが出来ず、完全な収容は達成されていません。SCP-XXX-JPの正確なカラーコードについては資料-XXX-JP-いを参照してください。

SCP-XXX-JPの細部については、現在実験計画-XXX-JPが承認され、その詳細な性質を検証中です。
SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JPから1メートル離れた距離において、SCP-XXX-JPのサイズが█センチ未満の場合は影響を及ぼさない事、また、距離とサイズは正比例の関係にある事、SCP-XXX-JPの影響を受ける人間は財団関係者(Dクラス職員、財団フロント企業に勤務する職員、財団退職者を含む)に限られる事、SCP-XXX-JP-bは財団のデータベース上に登録されたSCP-███-JPの報告書の内容(報告書-XXX-JP-A)と同一である事などが、SCP-XXX-JPの性質を解明するための実験群-XXX-JP-α、実験群-XXX-JP-β、実験群-XXX-JP-δ、実験群-XXX-JP-εによって判明しました。

事案-XXX-JP-1及び事案-XXX-JP-2の発生により、重大なセキュリティクリアランス違反、並びにKeterクラスのオブジェクトの収容違反の危険性が発覚したため、SCP-XXX-JPに対する実験は、実験群-XXX-JP-εを持って終了とし、以後の実験は凍結され、新たな実験計画の立案は行われていません。

実験記録-XXX-JP

補遺: 20██/██/██、██研究員がSCP-XXX-JPと類似した性質を示す13×13サイズのモザイク状の画像を偶然発見し、その画像をもとに、7×7、9×9、11×11サイズのSCP-XXX-JPと類似した性質を示すモザイク状の画像を作成しました。これらの画像の形状については、資料-XXX-JP-ろを参照してください。この発見によって、財団がまだ把握していないSCP-XXX-JPと類似した性質を示す画像が存在する可能性が浮上し、現在、調査が行われています。尚、██研究員は降格処分となりました。

██研究助手の発見は、SCP-XXX-JPの性質の解明に大きく役立つものだった。だが、SCP-XXX-JPに類似する性質を有した画像を発見した後の報告の遅延、無許可でのSCP-XXX-JPの作成、改変は規定違反だ。5×5サイズではなかったからといって、許されるものではない。発見に対する功績から、降格処分は1段階とするが、より重大な処分が下される可能性もあったことを肝に銘じるように。███博士