ガチャBON!
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

カプセル.jpg

SCP-XXX-JPから排出されたカプセル

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在、半径10kmの核シェルターの中心に位置する収容室に収容されています。このシェルターは内部からの爆発にも耐えられるように特別な設計がされています。担当の職員がSCP-XXX-JPの消失を確認した場合、直ちに常駐している特殊捜索部隊によるシェルター内の捜索が開始されます。SCP-XXX-JPを発見した場合、移送用の車に収容し、慎重に収容室内に移動させてください。

説明: SCP-XXX-JPは一般的にカプセルトイとして知られている、意志を持った小型自動販売機です。████で連続して発生した原因不明の爆発事故を財団が調査した結果、爆発事故の現場に不自然に置かれているSCP-XXX-JPを財団の調査員が発見し、回収されました。

百円硬貨が長時間投入されていない場合、SCP-XXX-JPは瞬間的に消失し、半径5km圏内のランダムな位置に完全な状態1で再出現します。SCP-XXX-JPが消失するまでの時間に規則性や法則などは確認されていません。

SCP-XXX-JPに百円硬貨2を1枚投入すると、中央のレバーが自動的に回転を始めます。レバーが完全に回りきると、玩具のような見た目をした小型の爆発物(以下SCP-XXX-JP-A)が入った、不透明な直径75mmの白いカプセルが一つ排出されます。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aの爆発によるダメージを受けません3。SCP-XXX-JPの内部にあるカプセルは常に一定の量を保持しており、減少しないことが確認されています。

SCP-XXX-JP-Aの爆破実験は現在禁止されています。詳細は「事件記録SCP-XXX-JP」を参照してください。

補遺: SCP-XXX-JPを分解して内部構造を調べる実験が検討されていましたが、SCP-XXX-JP-Aが爆発を起こす危険性などが懸念され、却下されました。