147-Pm

テセウスの脳
書きかけメモ、単語羅列

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPを保持した検体(SCP-XXX-JP-1)が発見された場合、説得や交渉によりセクター-81■■への収容を促してください。SCP-XXX-JP-1への記憶処理は、それを施すのに正当な理由が存在する場合を除き適応しないでください。SCP-XXX-JP-1が死亡した場合は、速やかにSCP-XXX-JPを保護、回収して次の保管用検体へ移動させ、SCP-XXX-JP-1が精神的身体的健全さを維持する環境を保つよう配慮してください。

説明: SCP-XXX-JPの構造は循環器官や呼吸器官を有さない扁形動物と類似しており、摂食は宿主であるSCP-XXX-JP-1からの収奪であると思われ、いずれも大脳新皮質への寄生が認められます。SCP-XXX-JPの組織は半透明で、レントゲン写真では脳表面の凹凸を再現しこれに擬態しているのが観察されますが、大脳組織との癒着なく隔絶された異物として映るため診断は容易です。SCP-XXX-JPが寄生した領域の脳はその体積分が欠損しており、脳脊髄液に浮かぶような形で収まっています。
先天的に大脳皮質の形成障害を持つ被験者に対しSCP-XXX-JPを装入した結果、聴覚の回復や認識能力の向上が見られました。また、対照区としてSCP-XXX-JPが移植された例(1)では、それが持つ体積分の脳の欠損は後天的も発生する事が確認されました。しかし、脳の欠損に起因する精神的、身体的影響は統計的なサンプル数が少なく不明です。少なくとも対照区となった検体(n=3)について、装入前後で行われた認知機能等のテスト結果に差異は認められませんでした。
SCP-XXX-JPが聴覚野及びウェルニッケ言語野を含む範囲に寄生していた検体から[編集済み]の事由によりこれを摘出した例では、摘出後に重度の認知障害を発症し[編集済み]。
いずれの結果も、SCP-XXX-JP自体に脳の機能異常を生む直接的な原因はなく、むしろ脳の欠損部の機能を代行している可能性が示唆されました。しかし、発見されたSCP-XXX-JP-1の数がきわめて少なく、人為的な装入を除きSCP-XXX-JPが寄生する経路は不明です。

(1)対照区としてSCP-XXX-JPが移植された例
[編集済み]装入後のDクラス職員は摘出元の該当箇所に相当する脳部位を喪失していたが、痛みや不快感の訴えは無く、その後1■年に渡る追跡調査で人格への顕著な影響は見られないが、[編集済み]の犯罪歴を持つDクラス職員の攻撃的姿勢の軟化がみらた程度に留まった。
【遺補】移植元のSCP-XXX-JP-1はロシア語圏に住む男性で、Dクラス職員とは事前の文化的交流が無かったにも関わらず、男性が常識的に知っているであろう単語をDクラス職員が無意識的に知覚していた事実が示された。Dクラス職員が過去にそれらの単語を知り得た可能性を指摘されたが、経歴や交友関係を調査しその可能性は低いと思われる。この事からSCP-XXX-JPが宿主の記憶を何らかの形で保持し、移動先の宿主へ記憶を移植する機能を有することが判明した。

SCP-XXX-JPの自発運動について、断続的に身じろぎに酷似した自発運動をする

■■博士の手記
ガリバー旅行記の頭を半分に割ってくっつけられた二人の政治家が一人になった時、彼の「私としての自我」はだれのものなのか

意識 寄生 魂の在り処
アンドロイドは電気羊の夢を見るか
神託の御子
神経細胞単体には意志はなく、集積体となった車の後部座席から眺めて観察しているに過ぎないものが意識
遊星からの物体X
自身の独自性何を以て己とするのか、中身が変わって行こうとも魂は変容しないのか
動的平衡のなかで体の有機物質を少しずつ入れ替えて数十年まえの私はすっかりなくなってしまうのに、魂は不変の無機物としたい理由、己が希釈されていくことへの本能的恐れ

少し不思議(SF)な能力としてSCP-XXX-JPは、寄生した人物の記憶の一部を引き継ぐ
摘出施術後、Dクラス職員への再移植(勝手に入って行った)され、記憶が復元された
SCP-XXX-JPのライフサイクルは不明、しかし外観の模様が指紋のように複雑で個体識別が可能であると予測、SCP-XXX-JP-■■(通称blue bit)がこれを有した別のロシア語圏に住む男性の検体1の記憶を、これを全く文化に交流のないアジア人女性検体2が断片的に引き継いでいた、これは予知や霊能者といった特殊能力者が見えるという妄言、偶発的確率を上回る、

ゆっくり変化するものは見えないが、比較的早く変化する者に対しては敏感である、SCP-XXX-JPの寄生による大脳皮質のすり替えと経年による入れ替えの違いは?

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象:

実施方法:

結果:

分析: