梟の砂遊び
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは強化ガラス製のショーケースに収容されています。実験等で使用する際にはレベル3以上の研究員の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは直径240mmのガラスシェードに覆われている直径140mmの球形のライトです。SCP-XXX-JPは可視光のない空間内で白く、可視光のある空間では黒く発光します。

黒く発光した状態のSCP-XXX-JPに触れると、接触した被験者の死亡時の姿が投影されます。映像の時間は平均的に30秒ほどであり、終了数秒前に『醜い最後の前に忘れし記憶を思い出す猶予を、貴方へ捧げる』といった文章が黒背景に白字で映し出されます。映像を見終わった被験者は3日から31日経った後、映像内の状態で死亡することが確認されています。

白く発光した状態のSCP-XXX-JPに接触すると近くの平面に映像を投影します。投影された映像はすべて接触した被験者の体験した出来事をスライドショー形式で映していることが分かってます。SCP-XXX-JPの投影する映像の時間は平均的に3分30秒ほどであり、終了数秒前に『思い出に包まれた幸せで美しい終わりを、貴方へ捧げる』といった文章が白背景に黒字で映し出されます。映像終了後から10秒から1分後に心臓発作によって死亡することが確認されています。映像を見た後に起こる死亡イベントを回避することは不可能です。

実験記録XXX-01 日付20██/██/██

対象: D-190873

実施方法: 黒く発光したSCP-XXX-JPに接触させた後、D-190873を安全な場所へ隔離する。

映像の内容: 下腹部が破裂して倒れているD-190873の姿が映し出された。

結果: 4日後の午前0時にD-190873の下腹部が突如膨らみ破裂した。死亡後の体勢は映像の姿と一致した。

分析: あの映像は予知ではなく予告なんだな。-馬渡博士

実験記録XXX-0 日付20██/██/██

対象: D-208596

実施方法: 黒く発光するSCP-XXX-JPに接触させた後、即座に白く発光するSCP-XXX-JPに接触させた。

映像の内容: 四肢がちぎれた状態で倒れているD-208596が映し出された。

結果: 通常通りの映像が流れた直後、「思い出に包まれた醜くとも幸せな終わりを、貴方に捧げる」という文章が映された直後、D-208596の四肢が未知の力により千切れた。

分析: 予告されてしまったらどうあがいても醜い死は避けられないようだ。-馬渡博士

実験記録XXX-03 日付20██/██/█

対象: D-224538

実施方法: 白く発光するSCP-XXX-JPに接触した後、即座に収容室の照明を点ける。

結果: 映像が投影されることはなく、消灯直後に発光が止まった。その後、D-224538の健康状態に異常はなかった。黒く発光するSCP-XXX-JPにも同じように実験を行った所、同様の結果を得ることができた。

分析: これがSCP-XXX-JPに対する唯一の対抗手段か。案外簡単な方法だな。-馬渡博士